monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

「恋衣(こいごろも)」用例

2017年08月05日 | 日本国語大辞典-か行

 恋衣という語の「恋する人の衣服。」という語釈は、日本国語大辞典・第二版では風雅和歌集(1346-49年頃)の用例が早い用例として挙げられていますが、もっとさかのぼる用例があります。

恋衣重(かさ)ぬるつまもなき物を別れを告(つ)ぐる鳥の声かな
(藤原季経、恋、980)
『和歌文学大系49 正治二年院初度百首』明治書院、2016年、171ページ

かさねしもむかしになりぬ恋衣いまは涙にすみぞめの袖
(問はず語り、巻四、岩波文庫、1968年、222ページ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「二筋(ふたすじ)」用例 | トップ | 古典の季節表現 秋 八月十日頃 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。