monoろぐ

古典和歌をメインにブログを書いてます。歌題ごとに和歌を四季に分類。

古典の季節表現 冬 十二月 内侍所の御神楽

2016年12月13日 | 日本古典文学-冬

文治六年女御入内の屏風に、十二月内侍所御神楽所 皇太后宮大夫俊成
ことはりや天の岩戸もあけぬらん雲ゐの庭のあさくらのこゑ
(風雅和歌集~国文学研究資料館HPより)

十五日、内侍所御(み)神樂、雪宮中(みやのうち)におびたゞしく降りたるに、和琴に、冷泉侍從よりなり、本(もと)拍子、二條中將すけかた、末(すゑの)拍子、綾小路少將信有、篳篥、山本中將かね行、笛、伯新少將やすなか。月は更け行くまゝに冴えたるに、日數へて降り積みたる雪に、かつ降りそふ景色、池の中島、松の梢、木々の梢かゞやきたるも、庭火のかげに、束帶のきが上に降りかゝる雪は、うちはらふも折から殊にすみ、神さびたる景色かぎりなし。雪おびたゞしく、所作の人堪ゆべくもなければ、はしをとりて、中門の下にてあり。
(中務内侍日記~有朋堂文庫「平安朝日記集」)

となりに、庭火の笛音(おと)するにも、としどし内侍所の御神楽に、維盛の少将、泰通の中将などのおもしろかりし音(ね)どもまづ思ひいでらる。
きくからにいとゞ昔のこひしくて庭火の笛のねにぞなくなる
(建礼門院右京大夫集~岩波文庫)

後山本左大臣参議に侍ける比、内侍所御神楽の夜はしめて物申て、又いつかはと申けれは、此たひの御神楽に琴の音をしるへにとたのめけるに、まいりてかくとはしられすなから、物にかきて石の帯にむすひつけ侍ける 平親清女妹
かひなしや庭火の影にみし人のわすれぬ事のしるへはかりは 
(新続古今和歌集~国文学研究資料館HPより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「つがい(番)」用例 | トップ | 「柴間」という単語 »

コメントを投稿

日本古典文学-冬」カテゴリの最新記事