いろいろと試してみた、毎日。

趣味のクルマ・バイク中心ですが、他にもなんだかんだやってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あけましておめでとうございます。(RG50 お漏らし修理)

2017年01月04日 | 日記
年も明けました(笑)
しかしまあ、ジムニー君のお化粧直しが一段落したところで、今度は以前タンクを交換したRG50(3型)がお漏らし。



交換前は3型の、譲って頂いた時にはタンク内が荒れたまま、事前処理せずにコーティングをしていた為に浮いてしまって使い物にならなくなったんですね。
まあ、これは以前の記事でご紹介済みなのでそちらを(笑)




で、新たに中古のRG50Eのタンクを購入しまして、洗浄処理後に塗装、取付が違うのでステーを製作して取り付けたんですが・・。



保管中にバイクカバーの周りがガソリン臭いので、確認したらお漏らし(笑)
塗装前に灯油を突っ込んでリークチェックはしてたんですが、やっぱり走行の振動か脆いサビの剥離で穴が開いて漏れちゃったみたいで。

中古に耐久性を期待しちゃいけない(笑)
折角キレイに仕上げたタンクですが、もう一回塗装を剥離してリークポイントを確認です。

剥離作業が終わったタンクがこちら。



剥離して内部を再洗浄、穴が確認できた場所には耐ガソリンシール剤を塗布します。

だいたい、タンクの上側あたりはサビは大したことないんですが。



やっぱりヤラれてるのはタンクの下側、特に溶接合わせ付近とフレームに覆いかぶさる部分が水分の影響を受けやすいので、このタンクもサビだらけです。



サビが進行しない様に外側に錆止めは塗布していますが、内側の浮きサビには効きませんからね。
結局、ワイヤーブラシで更にサビの酷いところをケレン、確認してみたら小さい1mm前後のサビ穴が3か所も(笑)

前に同じ作業やってるのに今更開いちゃいますからね~、困ったものです。
この手間こそが「旧車」(笑)

で、穴の開いたヶ所にシール剤をまんべんなく塗布して放置。




この乾燥後はサビ変換塗料を塗布、乾燥後にプラサフ吹きですね。
塗料なんかは余ったのでやってますから、修理してもせいぜい1,500円程度の出費なんで安いもんです(笑)

では、また。
ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も終わり。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。