いろいろと試してみた、毎日。

趣味のクルマ・バイク中心ですが、他にもなんだかんだやってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スズキ コレダ50のぼやき。

2016年09月18日 | 日記
いつも用事で使っているコレダ君は今日も快調(笑)
2万kmを超え、もう15年は経過した車体ですが安定した調子で使いやすく、さすが元は熟成されたビジネスバイクと感心します。



私のはあちこち着せ変えたりしていますが、前記事にあるように同系外装パーツの組み合わせですから、適当そのもの(笑)

まあ長く乗っていると、具合の悪いところだとか、必ず交換なんて消耗品が出てきます。

灯火類で交換が多いのがヘッドライトとテール球。
この年代前あたりの原付からエンジンがかかってる間は点きっぱなしですから、いつの間にか切れていて、薄暗くなってからそれが分かったりなんて(笑)

ちなみにヘッドライトは12V30/30W、テールは12V18/5Wです。




パイロットボックスのニュートラルランプとオイル残量警告ランプは、滅多に切れないんですが、キーを挿して「C」位置にすると点灯確認できます。



車体関係は、2ストですのでオイルタンクが車体右側にありますが、蓋がプラスチックですので経年で割れてる場合があるんですね。
これは純正品でまだ出ますので、交換になります。



それとサイドカバー、このフチにゴムモールが付いてるんですが、いつの間にか脱落して無くなってる場合がありまして(笑)
純正品でも出るんですが、私はこれっぽっちで発注するのも面倒なので、ホームセンターで切り売りしているゴムモールで代用です。



私のコレダ君は元はスクランブラーですので、フロントフォークカバーはラバーブーツなんですが、これが経年で谷の折り目の部分で裂けてる場合があります。
これも純正品に交換ですが、片側で4,000円近いお値段です(笑)



2ストですので、クランクケースとエキゾーストパイプに前輪が跳ね上げた雨水がかかるとカブり気味になります。
アップもダウンマフラーも同様の現象が起きますので、私の場合はフェンダーにホームセンターで見つけたラバーシートを適当に切って装着。

私のフロントフェンダーはAS80のものに交換しているので、もともと固定用にボルト穴が開いているんですが、純正フェンダーは装着が想定されていない形状から付けにくいかもしれません。



エキゾーストパイプには冷え対策のラッピング。



ダウンマフラーは頻繁には分解しませんが、長く乗っていると2スト特有のカーボンが内部に付着・堆積して排気の阻害になりますので、マフラー本体とバッフルを抜き、縦にした状態でハンマーで軽く叩いて清掃しています。



では、また。
ジャンル:
維持
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RG50、タンクご臨終。 | トップ | ダックス(ST50)、修理完了。 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モグワイ)
2016-10-06 10:52:22
先ほど別の記事にコメントさせていただきました。
こちらもとはスクランブラーなのですね。
こんな感じにマフラーをダウンのものにしたいのですが、やり方など教えていただけるとうれしいです。
補足です。 (monogokorotodekigokoro)
2016-10-08 19:44:08
おまたせしました。先の記事のコメント欄にお答えしましたので、ご参考にどうぞ(笑)
いじれるって楽しそうですね (はが)
2016-12-03 05:44:11
近所の中古屋にコレダが売ってて、欲しいんですが、バイクいじれないので見てるだけでつまらないです。自分でいじれたら乗りたいなあ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。