ものづくり寄席News

日本のものづくり現場を東京大学ものづくり経営研究センターの専門家が熱く語った『ものづくり寄席』のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下足番日誌その2、次回のお知らせ

2007年10月30日 | ものづくり寄席News
◆◇◆◇━ものづくり寄席News━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

 下足番日誌、次回のお知らせ

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/10/30配信━━◇◆◇◆

●下足番日誌

<ものづくり寄席第2回> 10月25日(木)

高井 紘一朗
ものづくり経営研究センター特任研究員
元 アサヒビール㈱専務取締役
「食品の品質保証とトレーサビリティ
~国産牛肉とビール・生協の例~」

品質保証の目的は製品不良の補償から顧客満足の獲得に変わった。顧客満足を得るには品質情報を顧客・消費者に証拠を示して保証するのが現在の品質保証である。証拠を示すのにトレーサビリティの概念が重要で、国産牛肉などを好例として説明する。


 第2回も多数ものづくり寄席にお運びいただき、有り難うございました。

 今回は、演者の高井師匠が急にお身体の不調から病院で検査をされるということで、中止にするの、中止するのを中止するのとあたふたして、大変混乱、ご迷惑、ご心配をおかけしました。検査の結果、大事はないとのことでお越しの皆様ご覧の通り、元気に一席語られました。

 今回の演目は、原材料偽装や賞味期限書き換えなどで揺れる食品業界のお話で、最近こうした問題の発覚が相次いでいる背景に食の安全に対する消費者の意識の高まりがあります。そうした中で品質保証やトレーサビリティを積極的に取り入れ、情報を消費者に開示していくことは、差別化、マーケティングにも効果的な手法であるという観点から国産牛肉、アサヒビール、生協の事例を挙げわかりやすく語っていただきました。社内での原材料購入から生産工程の「見える化」と消費者への「見せる化」のお話はご参考になったのではないでしょうか。

 お話はさらに、これからの品質保証として「トレースバック」のみならず「トレースフォワード」の必要性ということで自動車、家電などの耐久消費財まで普遍、食品産業以外の方にも大いに示唆に富む一席だったと思います。

 尚、今回の演目の参考資料として、ものづくり経営研究センターのサイトにございます下記ディスカッションペーパーをご参考にご紹介致します。

http://www.ut-mmrc.jp/dp/PDF/MMRC59_2005.pdf
http://www.ut-mmrc.jp/dp/PDF/MMRC154_2007.pdf

さて、月が変わって11月1日の第3回は、話も変わって韓国のものづくりを取り上げます。今、韓国の製造業がかつての日本を彷彿させる勢いで世界的な発展をしつつあります。三星、現代、LGなど世界的なブランドに育ってまいりました。こうした韓国のものづくりは日本とどう違うのか、韓国を見ることによって日本が見えてくることもあります。演者は元サムソン電子の常務をされていた吉川良三ものづくり経営研究センター特任研究員です。内側から見た韓国メーカーの実態と日韓文化論まで含めた演目は、電機・電子業界にとどまらず、韓国ビジネスに携わる皆様、さらには韓流ドラマのファンの方にも興味深いものと思われます。

 どうぞご期待の上、次回もものづくり寄席に多数のお運びをおすすめ申し上げます。

●次回11月1日(木)
吉川 良三
ものづくり経営研究センター特任研究員
元 韓国三星電子常務
「サムソン電子成功の秘密とそのビジネスモデル
~イノベーションを追求することは競争優位の源泉につながるのか?~」
近年韓国サムソン電子の飛躍的な発展には目覚しいものがある。
日本の電子電気産業は韓国や台湾強いては中国にさえ技術的にキャッチアップされ日本の「ものづくり」に対して悲観的な報道さえある。しかし果たして本当にそうであろうか???

==========================================================================
  ◆会場 三菱ビルコンファレンススクエア エムプラス
  ◇   1階・10階(当日掲示):東京駅丸の内南口より徒歩3分
  ◆期間 2007年10月18日(木)~2008年2月28日(木)
  ◇   ほぼ毎週木曜 19:00-20:30 (受付開始 18:30)
  ◆木戸銭 1,000円(税込み・フリードリンク付き)
  ◇主催 東京大学21世紀COEプログラムものづくり経営研究センター(MMRC)
  ◆共催 NPO法人グローバルビジネスリサーチセンターGBRC
  ◇後援 三菱地所株式会社
==========================================================================


◆◇◆◇━ものづくり寄席事務局━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
  〒113-0033
  東京都文京区本郷3-34-3 本郷第一ビル8F
  東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)内
  TEL:(03)5842-5501
  FAX:(03)5842-5536
  HP:http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------
 ※本メールは不定期でお送りしております。
  今後のものづくり寄席Newsをご希望の方は
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jpまでご連絡くださいませ。
-----------------------------------------------------------------------

@は半角に打ち変えてください。

この記事をはてなブックマークに追加

下足番日誌その1、次回のお知らせ

2007年10月23日 | ものづくり寄席News
◆◇◆◇━ものづくり寄席News━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

 下足番日誌、次回のお知らせ

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/10/23配信━━◇◆◇◆

●下足番日誌
<ものづくり寄席第1回> 10月18日(木)

藤本 隆宏
東京大学経済学研究科教授
「製造業を超えるものづくり」
「開かれたものづくり」の概念は、製造業を超えて、サービス業など、非製造業にも応用可能だろうか。答えは「然り」である。顧客の立場から見れば、ものづくりの本質において製造業とサービス業の間に差はないのである。非製造業における「ものづくり」の取り組みから今後の可能性を探ってみよう。


 10月18日の第1回は、予想を上回る多数のお客様にお運びいただき、立ち見まで出る大盛況でした。「お席がございません」と申し上げても「立ち見でも構わない」と仰ってご入場いただけた熱心な皆様、本当に有り難うございました。また、申し訳ございませんでした。

 藤本師匠の話は、例によって時間を全く意識しない熱演で、予定終了時間を大幅に延長して、終わったのは9時を回っておりました。後のご予定のある方にはご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。でもほとんどのお客様が最後までご熱心にお聴きいただき、感謝感激しております。

 藤本師匠のお話は、製造業、サービス業といった業界の枠を越えて、その共通点や相互に学び合うことの重要性を世界トップクラスにある日本の自動車産業から究極のサービス業「芸者さん」まで例に挙げて、わかりやすく解説し、楽しく、面白くご理解いただけたと存じます。

 とくにアーキテクチャ(設計思想)という考え方、ものの見方は、初めてお聴きになった方から「目から鱗が落ちた」とのお言葉も頂戴して、主催者冥利に尽きます。皆様の今後のお仕事、ご研究に多少なりともお役に立ててれば幸いです。

 さて、10月25日の第2回は、元アサヒビール専務の高井紘一朗師匠に「食品の品質保証とトレーサビリティ」を一席語っていただきます。

 賞味期限偽装問題など食品業界の不祥事が相次いでおりますが、消費者が製品の品質により一層厳しい目を向けるようになった今、食品業界のみならず、顧客満足の観点からもお役に立つお話と存じます。

 どうぞ、次回も多数のお運びのほど、お願い申し上げます。

●次回10月25日(木)
高井紘一朗
東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員
元 アサヒビール(株)専務取締役
「食品の品質保証とトレーサビリティ~国産牛肉とビール・生協の例~」
品質保証の目的は製品不良の補償から顧客満足の獲得に変わった。顧客満足を得るには品質情報を顧客・消費者に証拠を示して保証するのが現在の品質保証である。証拠を示すのにトレーサビリティの概念が重要で、国産牛肉などを好例として説明する。

●演目・出演者は既に決定しております。
※当初お知らせした内容が変更になり11月8日と15日の演目が入れ替わりました。
http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
をご覧ください。また、チラシのpdfファイル(9MB)もダウンロードできます。
http://www.ut-mmrc.jp/topics/image/yose07.pdf

==========================================================================
  ◆会場 三菱ビルコンファレンススクエア エムプラス
  ◇   1階・10階(当日掲示):東京駅丸の内南口より徒歩3分
  ◆期間 2007年10月18日(木)~2008年2月28日(木)
  ◇   ほぼ毎週木曜 19:00-20:30 (受付開始 18:30)
  ◆木戸銭 1,000円(税込み・フリードリンク付き)
  ◇主催 東京大学21世紀COEプログラムものづくり経営研究センター(MMRC)
  ◆共催 NPO法人グローバルビジネスリサーチセンターGBRC
  ◇後援 三菱地所株式会社
==========================================================================


◆◇◆◇━ものづくり寄席事務局━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
  〒113-0033
  東京都文京区本郷3-34-3 本郷第一ビル8F
  東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)内
  TEL:(03)5842-5501
  FAX:(03)5842-5536
  HP:http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------
 ※本メールは不定期でお送りしております。
  ものづくり寄席Newsをご希望の方は
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jpまでご連絡くださいませ。
-----------------------------------------------------------------------


この記事をはてなブックマークに追加

「ものづくり寄席」いよいよ来週から始まります

2007年10月12日 | ものづくり寄席News
◆◇◆◇━ものづくり寄席News━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

 「ものづくり寄席」いよいよ来週から始まります

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/10/12配信━━◇◆◇◆

いよいよ来週10月18日木、「ものづくり寄席」が始まります。
記念すべき再開第1回はMMRCセンター長の藤本隆宏先生の講演です。

10月18日(木)
藤本隆宏
東京大学大学院経済学研究科教授 (MMRCセンター長・GBRC理事)
「製造業を超えるものづくり」
「開かれたものづくり」の概念は、製造業を超えて、サービス業など、非製造業
にも応用可能だろうか。答えは「然り」である。顧客の立場から見れば、ものづ
くりの本質において製造業とサービス業の間に差はないのである。非製造業にお
ける「ものづくり」の取り組みから今後の可能性を探ってみよう。

演目・出演者は既に決定しております。
※当初お知らせした内容が変更になり11月8日と15日の演目が入れ替わりました。
http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
をご覧ください。また、チラシのpdfファイル(9MB)もダウンロードできます。
http://www.ut-mmrc.jp/topics/image/yose07.pdf

==========================================================================
  ◆会場 三菱ビルコンファレンススクエア エムプラス
  ◇   1階・10階(当日掲示):東京駅丸の内南口より徒歩3分
  ◆期間 2007年10月18日(木)~2008年2月28日(木)
  ◇   ほぼ毎週木曜 19:00-20:30 (受付開始 18:30)
  ◆木戸銭 1,000円(税込み・フリードリンク付き)
  ◇主催 東京大学21世紀COEプログラムものづくり経営研究センター(MMRC)
  ◆共催 NPO法人グローバルビジネスリサーチセンターGBRC
  ◇後援 三菱地所株式会社
==========================================================================


◆◇◆◇━ものづくり寄席事務局━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
  〒113-0033
  東京都文京区本郷3-34-3 本郷第一ビル8F
  東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)内
  TEL:(03)5842-5501
  FAX:(03)5842-5536
  HP:http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------
 ※ものづくり寄席Newsをご希望の方は
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jpまでご連絡くださいませ。
--------------------------------------------------------------------------

@は半角に打ち変えてください。

この記事をはてなブックマークに追加