ものづくり寄席News

日本のものづくり現場を東京大学ものづくり経営研究センターの専門家が熱く語った『ものづくり寄席』のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ものづくり寄席 快調に進んでます。

2012年06月28日 | ものづくり寄席News

 今シリーズのものづくり寄席は、昨年より50%以上の参加お運びをいただき、大変盛り上がっております。
 6月25日には新聞取材もあり、28日付日本経済新聞朝刊のものづくり経営研究センター紹介記事にものづくり寄席も写真付きで掲載されました。

 日経新聞に紹介されました。  

 さて、その25日の5日目はほぼ満席でございました。有り難うございました。満員の中で糸久正人特任助教が「標準化のビジネスモデル」と題して、一席うかがわせていただきました。
 車載ソフトウエアのAUTOSARを事例に、各企業のポジショニングによるメリット、デメリット、戦略等のお噺は他産業にも共通する興味深い一席でした。
 詳しい参考資料としてはMMRCディスカッションペーパー「コンセンサス標準に対する各企業のポジショニングと知識量の関係-自動車産業におけるAUTOSARの事例から-」、「標準化のためのR&Dコンソーシアム参加プレーヤー-欧州組み込みソフトウェア産業の事例-」などをご参照いただければ幸いです。

 というわけで、月も変わってものづくり寄席もいよいよあと二晩となりました。ラス前というかセミファイナルというか、大トリの前の次回は「ものづくり中小企業の国際化」と題して敬愛大学准教授、当センター特任研究員の岸本太一師匠が語ります。
 日本ではやっていけないと言って海外に活路を求めるものづくり企業の噂をよく耳にしますが、実際は海外進出して成功している企業はことごとく国内でも頑張っている企業ばかり…という興味深い一席です。
 海外進出を検討中の企業はもとより、様々なお立場の皆様に是非お聴きいただきたいと存じております。

---------------------------------------------------------------
<ものづくり寄席第6日目=予告=>2012年7月2日(月) 19時より(開場18時半)
<出演>岸本 太一 敬愛大学准教授
              東京大学大学院経済学研究科
              ものづくり経営研究センター特任研究員
<演目>「ものづくり中小企業の国際化
       ~海外成功と国内堅調はセット?」

 数十社の海外進出したものづくり中小企業を訪問したが、強く印象に残ったことがある。ほぼ例外なく、海外で成功している企業は、国内も堅調なのである。中小企業が海外にて成功するためのカギとは? 国内堅調は、それとどう関係しているのか? 海外と国内の間には、どうやら単純な日常業務での分業関係を越えたダイナミックでディープな関係が存在するようである。

---------------------------------------------------------------

◆◇◆◇━ものづくり寄席事務局━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆
  yose@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
  〒113-0033
  東京都文京区本郷7-3-1 
  東京大学経済学研究科 学術交流棟5階
  ものづくり経営研究センター(MMRC)内
  TEL:(03)5841-0687
  FAX:(03)5841-0690
  HP:http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/topics/yose.html
ものづくり寄席演目表 → http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/topics/yoseenmoku.html
◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ものづくり寄席、中日折り返... | トップ | いよいよ来週千秋楽です。 »
最近の画像もっと見る

ものづくり寄席News」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事