萬蔵庵―“知的アスリート”を目指すも挫折多き日々―

野球、自転車の旅、山、酒、健康法などを徒然に記載

平成29年 大相撲夏場所 四日目 両国国技館観戦

2017年05月18日 | 大相撲&その他スポーツ

<華やかな幕内力士の土俵入り>


<熱戦その1 張り手の応酬「徳勝龍vs琴勇輝」>


<熱戦その2 宙に浮く琴奨菊 「玉鷲vs琴奨菊」>

昨日、大相撲四日目も両国国技館にて午前9時過ぎから観戦。稀勢の里が遠藤に、鶴竜が嘉風に負けるなど波乱もあったが、面白い取り組みが多く、満足の行く一日であった。贔屓力士で勝ったのは高安、正代、北勝富士、貴景勝、石浦、阿武咲。十両では明生。貴源治、朝乃山は負けてしまった。幕下では彩、宝香鵬、鳩岡、天鎧鵬、翠富士。三段目では彩の湖、錦富士、村田、貴天秀、湊竜、彩翁。序二段では朝大門、露草、新屋敷などなど。

今後はしばらくは家でのTV観戦になるが、後半12日目、13日目のチケットは取れたので、優勝争いや高安の大関昇進などの行方を観に行く。楽しみではあるが、はてさてどうなることやら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年 大相撲夏場所 三... | トップ | 2017 菜園近況「チンゲンサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL