萬蔵庵―“知的アスリート”を目指すも挫折多き日々―

野球、自転車の旅、山、酒、健康法などを徒然に記載

平成29年 大相撲大阪場所 10日目 <埼玉県出身力士勝敗表付>

2017年03月21日 | 大相撲&その他スポーツ

<幕内勝敗表十日目>
新横綱稀勢の里、高安10連勝。横綱鶴竜は嘉風に押し出され、日馬富士とともに3敗目を喫した。優勝争いは田子ノ浦部屋の二人(稀勢の里・高安)と今場所強さが蘇っている1敗で追う照ノ富士。もう、この三人に絞ってもいいだろう。明日からの後半戦でどんなドラマが待っているか。非常に楽しみな展開になってきた。

大阪場所は13日目と千秋楽のチケットをゲットしている。展開次第では13日目に優勝が決まってしまうかもしれないが、稀勢の里、高安の千秋楽での同部屋優勝決定戦の可能性だって十分ある。それをナマで観ることができるなら、これにこしたことはない。今からワクワクである。


<埼玉出身力士成績表>

北勝富士は5連敗の後、2勝1敗で4勝6敗まで星を詰めて来たが、勝越しまではまだまだ気が抜けない。大栄翔は本来の押し相撲を取り戻し6勝4敗と勝星が先行しだした。その調子だ。幕下では阿炎、彩の錣山部屋コンビが5戦全勝で幕内の稀勢の里・高安と同じく、千秋楽で同部屋優勝決定戦の可能性も出て来た。ま、そうは問屋が卸さないだろうが・・・。

三段目の木瀬乃若も5戦全勝だ。明日は三段目付出しでデビューした同じく5連勝している村田との対戦だ。TV放映前なので観ることはできないが、頑張って欲しい。序二段では大和湖が4勝1敗で勝越した。メデタシ、メデタシ。



<昨晩の夕メシ。肉汁蕎麦大盛り(蕎麦二人前)。一人前だとあっけなさすぎなので2人前茹でたがちょっと多かった。でも、満足じゃ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 ラグビーシックスネーシ... | トップ | 2017年第4回WBC 準決勝「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL