二代目 もん吉くん

無くせ、種の保存法

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パブリックコメントの回答がされていました。

2017年01月03日 | 戯言

12月11日付けで「パブリックコメント出したよ」って書いた記事に対して、法改正の閣議決定に伴い回答が出てました。

(13日付けで出てたのに、見逃してました・・・)

原文はこちらから

 

私の出した意見に対しては「これまでのパブリック コメントの回答等で示さ れた環境省の考えは、嘘やごまかしであり、規制の正当性に欠ける。」というまとめ方をされていたのですが、それに対して「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存は、国際的にも緊急の課題であり、我が国も積極的な協力が求められて います。このため、本邦において絶滅のおそれのある野生動植物の種のみならず、条約等に基づき我が国がその保存に責任を有する種について も、輸出入及び譲渡し等を規制する措置を講ずることが必要です。」という、定型文のコピペが環境省の考えてとして書かれていました。

 

意見を出しても、こういうまとめ方された挙句、まともに答えすら帰ってこないというのは、前回はたとえ嘘でも個別に考えが示されていたことを考えるよ、ちょっと寂しくなりますね。

私が、どこが嘘でどこが誤魔化しなのかを指定したことには一切触れずに、こういう書き方をされたら、私の意見なんかクレーマーの意見にしか見えないですからね。

 

ちなみに、「輸出入及び譲渡し等を規制する措置を講ずることが必要です。」なんて書いてますが、ワシントン条約は輸出入に関する規制を求めているだけなんで、飼育や所持自体に違法性のないものに関して譲渡等を規制することは求められていませんし、実効性のない個体登録制度など論外です。

(ただし最近、象牙に関しては、日本叩きの材料的に流通規制を求められてたりもしているようですが・・・。)

 

 

『小動物』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり、ダメかな | トップ | 結局どうすれば・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL