菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。

日々の悶々を、はらはらほろほろ。

『SSS#19 お花見編』が来月頭なので、お劇見しませんか。

2017年02月22日 08時48分43秒 | 菱沼康介活動履歴

レギュラー舞台『SSS』の情報が解禁されました。

詳細は下記でございます。

 

今回も書き下ろしで、おいらの『SSS』用オリジナル戯曲は15作目になります。

スケールとしては今まで1、2位を争う最大の作品になってます。

タイトルは、『ままマネキン』。

マネキンの話です。

一公演二作構成になったので、少し長めのファンタジー作品をぶちこみました。

『音たまじゃくし♪』に続く、もじり題ファンタジー三部作に三作目に当たります。

ただ、二作目『語りつむり』は書いたものの、まだ上演されていないので、順番は逆になりますが。

(巧くい行けば、次回の『SSS』にて上演されるかも)

『音たまじゃくし♪』、『語りつむり』、『ままマネキン』の三部作といっても、それぞれに繋がりはない、作家的なくくりに過ぎないのですけど。

他においらの三部作としては、現代おとぎ話三部作『ラッキー・どストライク』(座敷童と貧乏神)、『ラッキー77』(七夕)、『笑う角にはナニ来たる?』(桃太郎)、もしも競技三部作『みみみの耳の道』(耳かき戦)、『負ん部に抱っ娘』(組体操)、『足りない足』(二人三脚走)があります。この3つで三部作トリロジーになる。

とか書いといて、もじり題ファンタジーも構想はあと2つあるし、内容的には『クリカエシマス「メリー・クリスマス」』もファンタジーだから、すでに四部作じゃね? 現代おとぎ話ネタももしも競技ネタもあと2つずつくらい構想あるんですがね。

 

実は、『ままマネキン』はおいらが『SSS』のレギュラー作家になって、すぐに構想したもののなかなか書き上がらなかった4年越しの作品で構想順では、もじり題ファンタジーの二番目になるので、順当な位置で上演されるという、なにがしかの流れを感じたりしてます。

ま、何が言いたかったかのかバラすと、最近マネキンネタとかマネキン・チャレンジとかの流れに乗っかって書いたわけじゃないですよ、てこと。

どうでもいいことですが。

 

あ、お約束のアレももちろんがっつりありますので、お楽しみに。

みなさま、女優花舞台のお花見に、花を愛でる気持ちでいらしてくださいませ。

 

 


  
____________________________
「Short Sweet Story お花見編」
 

 
場所:下北沢VOICE FACTORY
日時:3月2日~5日(全6ステージ)
    
    2日(木) 19:00~
    3日(金) 19:00~
    4日(土) 14:00~/19:00~
    5日(日) 13:00~/18:00~

  

出演:
荘司里穂/クニヨシネネ(HONEYBEE)/深月るな/横山媛奈/
堀川早紀/辻夏樹/久保綾子/立川友紀子/矢﨑彩音/
MAI(Risky Melody)/日野ありす(Risky Melody)
 (※MAI、日野ありすは5日は出演いたしません。)
 

 

演出:新井礼央(ラチェットレンチ)
ストーリー:
『また花開く。この校庭に』 作:八重島ツカサ
『ままマネキン』 作:菱沼康介
 


  
前売り:4000円(1D)/当日4500円(1D)
チケット:http://girls-museum.com
 
_____________________________ 


 
でお贈りします!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月21日(火)のつぶやき | トップ | 良心は口に苦し。 『虐殺器官』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

菱沼康介活動履歴」カテゴリの最新記事