菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。

日々の悶々を、はらはらほろほろ。

7月26日(火)のつぶやき

2016年07月27日 01時02分03秒 | ツイッターをふたたび
父母を求めて三千海里。  『ファインディング・ドリー』 blog.goo.ne.jp/monndori/e/7eb… @hisikosuさんから — ヒシヌマコースケ (@hisikosu) 2016年7月26日 - 00:53 アルゼンチンのバイオレンス・スリラー『ホワイト・コフィン』の予告編 - ZOMBIE手帖ブログ blog.livedoor.jp/zombie_tecyo/a… — ヒ . . . 本文を読む
コメント

ことわざザワザワ。シリーズ その224

2016年07月27日 00時03分08秒 | クダラナイ、ノボラナイ
  賛否両輪       【解説】 元は、賛否両論。 賛と否のどちらもあること。 作品においては、絶賛はあっても、基本、全賛なんてものはないわけです。 だから、賛否両論とは、賛と否が半々くらいという意味なんじゃないかなと。 そういう作品の方が、ある意味、作品の意義があったりすることも多いのです。 議論が発生するからね。   ことわざというよりは、四字熟語ですがね。 ま、 . . . 本文を読む
コメント

7月25日(月)のつぶやき

2016年07月26日 00時59分53秒 | ツイッターをふたたび
恐らく、アマチュア作家の書くもっともありふれた「意外な結末」は、ある重要な事実を読者からわざと隠しておき、最後にそれを派手に開陳するというものだろう。この手の企みに対する読者の通常の反応は、著者の厚かましさへの冷たい怒りである。出典:amzn.to/1M7RcgQ — ストーリーの書き方 (@kakuniha) 2016年7月24日 - 20:44 今の読者にとって「わからない」ことへの抵抗感は . . . 本文を読む
コメント

父母を求めて三千海里。  『ファインディング・ドリー』

2016年07月26日 00時00分46秒 | 映画
で、ロードショーでは、どうでしょう? 第940回。 「なんか最近面白い映画観た?」「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」          『ファインディング・ドリー』         2003年の大ヒット・ピクサー・アニメ『ファインディング・ニモ』の続編。   ニモの親友で忘れんぼうのナンヨウハギ“ドリー”が突然思い出した家族の思い出を頼りに、仲間たちと . . . 本文を読む
コメント

7月24日(日)のつぶやき

2016年07月25日 01時01分03秒 | ツイッターをふたたび
ポケモンGOのプレイを控えてほしい伊勢神宮が発表したコメントのセンスが話題に buzzmag.jp/archives/74079 @buzzmag_jpさんから — ヒシヌマコースケ (@hisikosu) 2016年7月24日 - 01:35 #BlairWitch:あの「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続篇が作られていた!!これまで別の題名だったシリーズ最新作「ブレア・ウィッチ」が素性を明 . . . 本文を読む
コメント

ランボーは出ません。 『怒りのキューバ』

2016年07月25日 00時00分48秒 | 俺は好きなんだよ
【死ぬまでに観れるか?】第221回は、『怒りのキューバ』(1964)    原題は、『YA KUBA』。 英語題は、『I AM CUBA』。他には、『SOY CUBA』も。   上映時間: 140分製作国 :ソ連/キューバ     スタッフ。 監督: ミハイル・カラトーゾフ 脚本: エフゲニー・エフトゥシェンコ、エンリッケ・ピネダ・バルネット 撮影: セルゲイ・ウルセフスキー . . . 本文を読む
コメント

7月23日(土)のつぶやき

2016年07月24日 01時01分00秒 | ツイッターをふたたび
愛の相性。 『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』 blog.goo.ne.jp/monndori/e/e5a… @hisikosuさんから — ヒシヌマコースケ (@hisikosu) 2016年7月23日 - 07:07 ●予約追加:映画・chNECO 2016/7/30 0:55 ~ 2:25 くノ一忍法帖 影ノ月◆阿部真里 西野翔 — 悠理2 (@yuriai2) 20 . . . 本文を読む
コメント

壁はそこら中にある。梯子もそこら中にある。 『マダム・イン・ニューヨーク』

2016年07月24日 00時00分08秒 | 俺は好きなんだよ
【俺は好きなんだよ】第850回は、『マダム・イン・ニューヨーク』(2012)     原題は、『ENGLISH VINGLISH』。 Vinglishは辞書にも載っていない存在しない単語だそうです。(監督の弁より)インドではよくあるコトバ遊びとか、音遊びの一つなんだとか。 そこで、インドらしさを出しているわけですね。    上映時間: 134分製作国: インド 映倫: G   . . . 本文を読む
コメント

7月22日(金)のつぶやき

2016年07月23日 01時00分40秒 | ツイッターをふたたび
アメリカの方から来ました!  『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 blog.goo.ne.jp/monndori/e/9b9… @hisikosuさんから — ヒシヌマコースケ (@hisikosu) 2016年7月22日 - 00:53 @cassette_kan  殺すか、死ぬか、監禁するか、強姦するか、戦争するか、復讐するか、ですね。そして、7本亜細亜映画。 — ヒシヌマコースケ (@ . . . 本文を読む
コメント

愛の相性。 『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』

2016年07月23日 00時00分38秒 | 映画
で、ロードショーでは、どうでしょう? 第939回。 「なんか最近面白い映画観た?」「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」       『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』           『ミッション:インポッシブル』や『スタートレック』でお馴染みサイモン・ペッグの最新主演作(製作総指揮も担当)で、アメリカでもヒットした、ロンドンを舞台 . . . 本文を読む
コメント