後期高齢者の単なる日記

日常の出来事、ネット競馬など

資本主義の隙間 詐欺

2017-04-21 15:21:48 | 社会
詐欺は何時の時代もあったが、今ほど 光り輝いた時代も
珍しかろう

欲望を竜巻のように 華麗に導き出す錬金術、詐欺
貨幣経済の隙間産業?と言えるかもしれない

寸借詐欺などは庶民の人生を彷彿させる 賭けごとには詐欺犯が
ウジ虫のように現出する 貨幣経済不適応の輩に違いない

が 今はどうだ お上の、銀行のそれと見間違うばかりの
大金が華麗に世間を騒がすのだ 人生一回きりと居直るのだ
太陽がいっぱいの昼間、太陽を背にした一回切りの稼業といえる

詐欺は目ざとい現代のネズミ小僧だ
日銀が刷りに刷ったお札が 社会の隙間にたっぷり浸かって
いよう



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロフエッショナル  | トップ | 競馬 情報 9 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。