ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

夏野菜最終組

2017-05-14 17:02:30 | ペットボトル・カップ

家の中の育苗もいよいよ最終ランナーに入ってます。昨日は落花生の「おおまさり」と金ゴマまきました。

おおまさりは一晩水につけたのち、除菌のため酢の希釈液をまぶしてから種まきです。

豆類は発芽段階でよく腐らせるんですよ。栄養価の塊みたいなものなので、雑菌が繁殖しやすいのかもしれません。水をやりすぎると腐りやすいんですが、かといってやらないと成長してきませんので、今回はかなり気を使っています。

種まき用土も豆用に作っています。
バーミキュライトに鹿沼土あるいは赤玉土のみ。なるべく栄養分の少ないものを選びました。今のところどの豆でも腐ることは少ないようですが、とら豆だけ水分過多のせいか2鉢腐ってしまいました。

おおまさりは種も大きいので、10センチポットに1粒ずつまいてます。
葉が2~3枚出てきたら畑に定植します。最近はキジの家族が定住してますので、食べられるのを防ぐためです。

一方こちらは千葉半立。2週間前にまいてコンパニオンプランツにしてます。
こちらは少し小さいポットにまいたせいか、根が窮屈そうに飛び出しています。

明らかに飛び出しているのは埋めなおしているんですけどね。
これはグラウンドカバーにするつもりで植えているので、植え付け時に根を半分ぐらい切り詰めているんです。だからある程度根が飛び出るのは気にせず育苗しています。
今のところ波板の上に2株、ハウスのトマト畝に3株植え付けています。葉が展開したものから順に植えようと思っています。

これはモロヘイヤ。

モロヘイヤは初期成長が遅いんですよね。でも6月に入ってから植え付けないと、寒さですぐ花をつけてしまいます。
なのでこれはおおまさりと同時期に植え付けることになると思います。落花生といっしょにまだしばらく室内です。

そして金ゴマ。

今回はトマト容器に植え付けました。以前ポット植えした時には移植が大変だったので、今度は少し大きめの容器に植えることにします。要領はタイムと同じです。
去年はマルチで点まきだったんですが、やはり苗を植え付けたほうが確実ですね。ソラマメの後に植え付けるつもりなので、それまでポットに植えておけますし。

6月これらを植え付けるころには、本格的な梅雨がやってくると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベランダ用夏野菜準備 | トップ | 植え付け方法いろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL