ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

妄想小説 ・踏切

2015-04-10 17:37:29 | くるりとコナン

疲れのあまりこんな妄想が。お好きな方はどうぞお目汚しにお読みください。

 

 

「コナ~ン、いい加減に出ておいでよ~」

お母さんは心配そうに呼びに来るけど、ぼくは絶対に出てあげない。ごはんもおしっこも我慢している。
そう、ぼくは怒ってるんだ。あいつを追い出すまでは絶対言うこと聞いてやんない。ちょっと寒いけど、たっぷり心配かけて、ぼくの方を向かせてやるんだ。残念でした。
「おいで~。今日はあったかごはんだよ~」
おなかがぐうっとなったけど、ぼくは無視した。
これで4日目。いい加減にちょっと疲れてきたけど。

 

ことの発端は1週間前に来たあいつだ。


お花屋さんの前でフラフラになって倒れてたあいつを、お母さんは突然連れてきた。ちっちゃくて、みーみー鳴いてる、まだ子猫だった。臭くて、汚くて、声と目ばっかりでっかいんだ。それ以来お母さんはあいつにかかりっきりだ。
今までは、ぼくが一番だったのに。大きなお家を買ってもらって、ストーブだって独り占めしてるんだ。おまけに全然礼儀ってものを知らない。せっかくねえたんが優しくしてやっても、唸ってパンチしてきやがった。
まだ小さいから礼儀を知らないのよ、とお母さんは笑ったけど、ぼくんときはねえたんにぶんなぐられたんだぞ!女の子だからって、そんなにちやほやされていいのか?!
あんなやつ、出てったらいいのに。ねえたんもねえたんだ。「ほっときゃいいのよ」なんて言うけど、ぼくは許さないからな。
何より、お母さんを取ってったあいつがにくたらしい。

とかなんとか言ったら、風邪をひいてしまった。あんまり寒いところに籠ってたせいだ。本当にごはんが食べられなくなって、心配したお母さんに、お医者さんに連れて行ってもらった。お注射2本打たれたけど、久しぶりにお母さんに甘えられたことがうれしかった。
お母さんは特別にあったかいご飯を作ってくれたり、お薬を飲ませて一緒に寝たりしてくれた。ず~っと寝るまで抱っこもしてくれたよ。ぼくは家に来たばかりのようにちやほやされて、とっても安心できたんだ。

でも、治ってくるにつれて、あいつが心配になってきた。
お母さんがぼくにかまってくれてる間、あいつは一人ぼっちだ。ストーブだけついてる部屋の中で、くる人もなく、毎日寂しくないのかな。
それにぼくとあいつにかまってるお母さんも、なんだか疲れてるみたいだし……。
ちょっと悪いことしてるかな、と心がちくんとした。

 

だから昨日、こっそりあいつの部屋に行ってみたんだ。ねえたんみたいにぶたれるのは怖いから、ドアの隙間からそっと中を覗いた。
あいつは起きていた。ぼくが見てるのにすぐ気付いたよ。あいつの大きな緑の目がぼくを見た。
その瞬間、ぼくの頭にいっぺんにいろんなことが浮かんできた。

 

ああ、そうだ。あの時も暑い夏だった。体が弱くて入院してた妹をお母さんとお見舞いに行って、妹ばかり心配するお母さんがいやになったんだ。踏切で電車を待ってる間、わざとお母さんを困らせようとして、踏切の下をくぐって、線路の中にはいったんだ。
驚いたお母さんの顔を見て、ざまみろと思ったんだけど、すごい音と一緒に電車が走ってきて……。

気が付いたらミーミー鳴いていて、ぼくの顔の上から大きい顔が覗いていた。
「どうしたの?そんなところにいるとひかれちゃうよ」
踏切の音と一緒に優しい声が降ってきた。
次の瞬間、ぼくの体は軽々と持ち上げられていた。

生前の願いが叶ったのか、ぼくは体が弱くて、いつもかまってもらえていた。
なにをするにも一番最初だったし、家族にはかわいいかわいいといつもちやほやされていたんだ。
でも、あいつが来てから、すべてが変わったんだ。
あいつの目は、どっかで見覚えがある……。

『あの後、私もすぐに死んじゃったの。』

頭の中で声が響いた。

『いつも一緒にいられるお兄ちゃんがうらやましかったけど、お兄ちゃんはいつもぶすっとしてた。死んでから初めて、お兄ちゃんも寂しかったんだなって判った。だから、謝りたかったの。ごめんね。』

 

はっと気が付くと、あいつは大あくびでそっぽを向いてた。

まさか……そんなこと?

翌日、そっと寝ているあいつのところまで行ってみた。
起きてる時は生意気でうるさいけど、寝てるとまだちっちゃくて子供なんだな。

 

今度は仲良く……できるかな?

                                                        (終)

お読みくださいましてありがとうございましたアリガトウ_ _)>_ _)>ゴザイマスッ!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春近し | トップ | 畝立てとほうれん草・人参播種 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リンク貼らせて頂きました。 (みんもっこす)
2015-10-17 21:15:30
第10回自作小説トーナメントの主催者です。
この度は、第3位 おめでとうございました。
私のブログの「結果まとめページ」に、
記載をさせて頂きましたが、
もし、失礼等がございましたらご連絡ください。

ちなみに、私も「ネコ派」です。
猫のつぶやき (もん)
2015-10-18 18:58:51
ありがとうございます。
猫の日々のつぶやきを聞きながら書きました。
ちなみに今は2匹は兄弟のように仲良しです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL