ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

ナス科から穀類に

2017-03-23 08:57:20 | ペットボトル・カップ

さてこちらは育苗の様子です。

先日キャベツとレタスは苗床に移動したので、育苗スペースはトマトやナスが主役になってます。

ポット植えしていた苗は手狭になったので鉢上げしました。

育苗トレイにと言いたいところなんですが、卵パックですね。最近は小さい苗はほとんどこれです。これだと下を押しつぶすだけで簡単に根鉢崩さず外れますし、ふたをすれば簡易温室代わりになりますので。何よりお金かかりません。
この状態で本葉1~2枚出るまで育てます。今ちょうど双葉状態なので、あと2~3週間はかかるかな。そのころには桜咲いてくると思います。

こちらは1週間前にまいたトウモロコシ。

こっちはコンパ用のマリーゴールド。ようやく双葉がのぞいてきました。

同じ日にナスタチウムもまいたんですが、そちらも芽がのぞいてきました。
ナスタチウムは外皮が固いのでなかなか芽がでないんですが、コンクリートにゴリゴリこすりつけて少し傷をつけると早く芽を出すようです。これも芽が完全に顔を出してからポットに鉢上げです。

でまあ、これらが芽が出たタイミングで今日は豆をまきます。

早生の枝豆です。これは大体1か月育苗でポットから移植です。
枝豆は収穫時期が短いので、トウモロコシ同様時期をずらしてまきます。これも双葉が開いたタイミングで第2弾まこうと思ってます。10粒ずつ計20粒まいてます。

枝豆の芽が終わったら、いよいよ最終章のウリ科です。同時にナス科の苗床移植で、本格的な春がやってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症最盛期

2017-03-21 10:29:36 | 開墾日記

今花粉症の症状がピークになってます。ここ数年のどの調子が悪いもので、鼻水がのどに流れると咳が止まらないんですよね。何とか対症療法でやり過ごしていますが、あまり寝られないので昼間もつらいです。夜はマスクが欠かせません。

今日は雨降ってるので多少いいんですが、ここ数日の疲れも出てますので家でまったりしてます。この連休は畑仕事で結構外出てましたので、反動ですね。

畝は4本作りました。

去年からキャベツ植えてた畝を片付け、新たにニンジンの種まき。
畝の形は残して表面に通路の土を盛り、形を整えました。初夏に収穫しようと思っています。

ニンジンはベータリッチのコーティング種子を2条まきです。
中央にシャオパオの3年前の種を厚まきしました。ニンジンが育つ前に収穫できると思います。

こちらは金時ニンジンが植わってた跡地。通路にぼかしを振って土を盛り上げます。
連休には植えつけできると思いますが、さて何を植えよう。まだ未定です。

こちらも畝建てしました。くらかけ豆植えていたところです。
畝建てしたのはいいんですが、実は鍬を置き忘れてあまり表層がきれいじゃないんですよ。植え付け直前にまた形整えなきゃいけないかもしれません。

そのほかに、苗床に玉ねぎ「マッハ」と長ネギ「赤ねぎ」「ちゃんこねぎ」もまいておきました。
名札つけ忘れたんだよなあ。成長すればわかりますが、ちょっと心配。

こちらはブルーベリーの花芽の様子です。
今年は実をつけさせないつもりですが、一部残った花芽が膨らんできました。4月後半ぐらいには花が咲きそうです。

ブルーベリーはこのほか、小さい1年苗を3鉢買い足しました。
雨が止んだら植え付け予定です。

これは苗床の様子。
ハウスの横のスペースにちょこちょこ植えて育てていこうと、ちょっとした畝を作りました。

防虫ネットでトンネルにして、さらにビニールでひさしを作ってあげています。
ビニールの下がちょうど陽だまりになるようにしてます。トンネルだと雪や風に弱いので、ちょっと工夫しました。

この辺りは4月定植予定です。5月までここは育苗スペースになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春仕様ほぼ完成

2017-03-17 13:42:10 | DIYしてみる?

ぼちぼちやってこうかな~と思ってたハウスづくりなんですが、やってみると結構はまって止まりません。まあ今日でほぼ作業は終了しました。

最終的にはこんな感じに。

まだ天井は張ってないんですが、これは雪や強風の恐れがなくなってからです。周りを防虫ネットでくるんで支柱を立て、支柱の下で育苗できるようにしました。

それでは過程を詳しく解説します。

今日はビニペットに防虫ネットをつけるところからです。

防虫ネットは銀糸つきの0.6ミリ目を使用。風通しはいいです。一応10m買いましたが少し大きかったので切りました。入り口部分が30㎝ぐらい重なるようにして、入口からぐるっと囲んでいきます。

洗濯ばさみで仮止めしてから、スプリングで装着していきます。
スプリングは最初2~3回はめ込んでから、あとは上下に振るようにはめ込むと結構スムーズにはめられます。あるいはパッカーより作業は簡単かもしれません。
地面に近い方はややはめにくかったです。少し斜めにしながら滑り込ませるようにパッカーに装着していきました。

全体はめ終わると、いよいよ小屋らしくなります。
正面だけ下にビニペットつけなかったので、支柱をまきこんでパッカーで止め、地面にフックで固定しました。

出入り口はこんな感じに。
2重になった防虫ネットを支柱ごとクリップで留めてます。あけるときにはクリップを外して中に入ります。
いずれこれももう少しましな形にしようかと思いますが、まあしばらくはこれで。

こちらは地際のすきま対策です。
トマト側と南側は隙間が空くので板を挟み込みました。土が流れるのもこれで防ぎます。

板に沿ってはネギを植え付けました。
これはいずれ育ったら防草シートを使って軟白栽培しようかと思いますが、まずは匂いで侵入者よけです。

最後に土の流出防止に種まきします。
通路にはえんばくをまきます。これは草マルチ用も兼ねています。根で土留めし、伸びたら刈って野菜の根元に載せていきます。
通路と畝の境目に筋蒔きした後よく踏んでおきます。

畝には夏野菜を植え付ける前に菜ものをまいてマルチ代わりに。
こちらはこかぶ、ほうれん草、タアサイ。

トマト側にはミックスリーフを。
いずれにしても夏野菜が成長する6月ぐらいまで一緒に育てます。

不耕起畝は「野菜が畑を育てる」というイメージで作っていきますので、なるべく畝を裸にしないようにします。
そのためのまず種まきですね。来週あたりからはここで育苗も開始できると思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニハウス自作(後編)

2017-03-16 20:37:28 | DIYしてみる?

後半はビニペット装着の様子です。

ビニールハウスを作る時には、ビニールを本体に取り付けるものが必要です。簡単にはパッカーなどを使いますが、これは点で固定するために、風が強い時には負担がかかりすぎるんです。そこで、線で固定する「ビニペット」という資材を取り付ける必要があります。

ビニペットはレール状の柱です。レールにビニールをはさみ、スプリングと呼ばれるばね状の針金で固定していきます。今回はこのレールを取り付ける作業が山でした。ちょっと取り付け金具の種類が多くて、しかも扱い方がわかりづらかったので。

たとえばこんなのですね。

これは角用の金具なんですが、2つで一組として使います。このように支柱を挟んでねじで締め付けるようになってるんですが、最初開いていたので一つにつき締め付け金具を2つ固定するのかと思って。
よくよく見ると一つの角に2つ必要だったので、材料が足りないことに気づき、慌てて買い出しに出かけました。パイプ金具はある程度まとめて売られていたので、これは非常に紛らわしかったです。

あとはビニペットの長さの調整です。

 

 

これは専用のプライヤーを使い、まずこのように切り込み入れます。
両端に切り込み入れたら、折り曲げて何回かしるしをつけてへし折ります。この切り込みを入れるのが固くて結構重労働でした。どうしても自分で長さ調節する必要があるのでやりましたが、今回の作業の山でしたね。

まあ、そんなこんなでようやく骨組みが完成しました。

まあまあ自分なりに満足の出来なんですが、よく見るとところどころ歪んでるところも。

でもそれを微調整できるのが、こういうねじ式素材のいいところでしょうね。
それに天井がフラットにできてますので、きちんと作るとどうしても天井部に水が溜まります。言い訳になるんですが、このぐらい傾いていた方が、水がたまらなくていいかもしれません。

春先はまだ風が強いので、ビニールをかけるのは後程。周りに風よけのための防虫ネットを張ってから、最初は支柱として使っていこうと思います。
来週あたりからここで育苗していきます。そのためにはネット張りと畝立てをしなきゃですね。小さいハウスなんでぼちぼちやっていこうと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニハウス自作(前編)

2017-03-15 17:44:30 | DIYしてみる?

おととい5時間かけてハウス作ったんですが、天気がいいのと一日外にいたせいかその晩に花粉症の症状が悪化しまして。昨日はそのおかげで頭痛や寒気までし始めましたので一日休養しました。ハウスづくりの様子を楽しみにしていた方には本当に申し訳ありません。どうにか今日は復活しました。

ということで、ハウスづくりの様子をお知らせします。

今回はこちらの外枠を使いました。

 


 

トマト支柱より幅広なので2畝が覆えるのがポイントです。この広さがあればトウモロコシも行けます。

ただし強度はやや不安がありますので、そのあたりを補強します。今回は枠にパイプやビニペットをつけ、中央に柱を立てることでより強度を増して使えるようにしました。

まずはセット内容です。わりにコンパクトにそろっていました。
このタイプはアーチ支柱の天井部分をジョイントでつなぎ、幅を出す仕様のようです。

最初にこのように組んでから建てるように書いてありましたが、

実際にはこういう感じで、支柱を立ててから上でジョイントした方が圧倒的に楽でした。
支柱はしるしがついているところまでしっかり刺します。だいたい30㎝ぐらい刺さないと不安定です。

よく支柱が刺さらないという方がいますが、こんなのがあると便利です。

 

 

これは8mmから20mmまで対応してるんですが、踏んで支柱を差し込みます。
これでしっかりと固定できます。幅と高さはあらかじめ計ってから差し込むといいですね。

ジョイントをはめ込んだら、上からパッカーでこのようにはめ込みます。
これでだいぶ丈夫にはなるんですが、重さに耐えるにはもう一工夫必要です。そこで補強パイプを買ってきて装着しました。

補強パイプと支柱の太さは合わせておくと便利です。今回はすべて19㎝径に合わせました。
袋に入ってるのがパイプやビニペットを装着するための金具です。いろいろ用途がありますので、HCで確認しながら購入してください。

これはコーナーを接続したところです。
このように金具は蝶型ねじで締めるようになってますので、取り付けてからの微調整が効きます。
様子を見ながら傾きを調整していってください。

今回は、真ん中に柱として垂直に1本、前に水平に1本、柱から支柱用に水平に1本の計3本のパイプを取り付けました。
長さはHCである程度切ってもらえますが、取り付け時にはどうしても微調整として切る必要があります。

そこで必要なのがこれです。

 

ねじで締めてぐるぐる回すと、簡単にきれいにパイプが切れます。
これがあるだけでずいぶん作業がはかどりました。

だいたいこの時点で3時間ですね。ここでちょっと材料が足りないことに気づき、休憩がてら買い出しに出ました。

……ということで、残りは明日に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加