ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

低温注意報発令中

2017-06-27 16:33:24 | 栽培法の実験

最近1~2週間低温注意報が発令されてるんですよ。最低気温が17度ぐらいなのになんでかなと思ってたんですが、この時期の低温は主に農作物向けらしいんですよね。寒さによる発育障害に注意しましょうってことらしいです。確かにジャガイモやトマトは成長遅いし、今年は例年になくうどん粉の発生が早いです。

暑いのが好きな里芋もまだ小さいですね。

昨日に引き続き今日も刈って乗せです。右側は収穫して土がむき出しになってますので、刈り草を敷くことで少しでもあったかくなれば、と思ってます。
左の赤じゃが、まだ葉が青々としてるんですよね。これが枯れたら収穫しようと思ってるんですが、どうも来月半ばまでずれ込みそうです。

ショウガもようやく芽が出てきたので、分厚く敷き草しました。
今回は土寄せの代わりに、どんどん刈った草を詰めてやろうと思っています。ショウガは有機質の多い土が向いてるようなので、なるべく草で保湿、保温してやろうと思います。

一方、こちらはキュウリ。

最近ウリ科にうどん粉が出始めたので、少し風通しよくするために根元の葉と子づるを除きました。ついでに子づるを雌花1つで摘芯し、あまり密にしないようにします。

こちらのグリーンカーテンのメロンもそうですね。

少しでも通気性をよくすることで、病気の蔓延を防ぎたいと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草刈りと草そぎ

2017-06-26 21:57:17 | 土づくりの工夫

毎年この時期は草との戦いです。あまり草むしりはしないんですが、それでも多少は量を制限してやらないと作物が草に負けてしまいます。

ブルーベリーの畑も、この通りです。

草が生えないように刈り草を敷いてましたが、梅雨に入った途端このありさま。原因はヒルガオです。これはつるを伸ばして地下茎で増えるので、刈ったところ以外からどんどん伸びてくるんですよ。表面を覆ってくるのもそうですが、小さい苗にまで絡みついて締め付けてくるんで厄介です。

なのでこれは、根元から定期的に刈っています。

これでようやく苗がわかるようになりましたが、また刈らなきゃだな。

根元から抜きたいのはやまやまですが、これ根っこが残ると、そこからまた復活して増えるんですよ。
それよりも表面をしぶとく刈って、養分を根元に送らないようにしてやったほうがいいです。実はうちの庭のミントも、そうやって絶やしてしまったんで、意外と地道なこの方法のほうが有効かもしれません。

あと、落花生の通路は今日、中耕がてら鍬で土を削りました。

削った土は落花生の根元に寄せてやります。
いったん削ってむき出しになった根は枯れやすいです。ついでに通路に流れた養分を戻す役割もあります。
これからしばらく、定期的にこれをやっていこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きゅうりとすもも

2017-06-24 17:01:12 | グルメ

梅雨に入り、雨が降ったせいか晴れるととても蒸し暑いです。暑さで参る前に少し爽やかなものでも作っておこうと、店でプラムを買ってきました。

まだちょっとはしりなんですよね。今年はあまり出てないので、本格的には来月あたりから店頭に並んでくると思います。

で、これを使って、毎年恒例のプラムジュースを作りました。

砂糖で煮るこのジュース、毎年恒例になりました。
最初は大石早生で作り、ソルダム、プルーンとだんだん色が濃くなっていきます。なんかそれを見ると季節の移り変わりを感じるんですよね。当初畑でとれるあんずで作ってたんですが、最近めっきりならなくなってしまって、最近は買ってます。

今回はソーダ割です。
香りは青りんごに似て、味はももより爽やか。家族みんな大好きです。

一方、キュウリも本格的に採れ始めています。
ハウス横のグリーンカーテン仕立てのものは先日初収穫でしたが、開墾畑のきゅうりは本格的になっています。

下のほうのきゅうりはどうしても曲がりますので、10本ほどもらって辛子漬けを作りました。
黒砂糖と塩、粉がらしを使うこの漬物も定番。いっぱい漬けてもすぐになくなります。

こういうのを食べると、もうすぐ夏だなあと思います。成長も本格的になりますので雨がきっちり畑に降ってほしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想定外

2017-06-23 11:22:39 | 開墾日記

今年の開墾畑は想定外のことばかり起こるので弱っています。まあ毎年計画どおりにいかないのが常なんですが、生育の遅れ以外にも、いろんなことが起こっています。

まずはトウモロコシ。出穂してきました。

例年時間差で植えて雄花と雌花のタイミングを合わせているんですが、今年は後に植えたほうが早く成長してきて。授粉用の株がやたら充実してきて、そちらのほうが先に実をつけそうです。こんなつもりじゃなかったんですけどね。

それからかぼちゃ。

早生の坊ちゃん系は結実してきました。今年はこれを多めに収穫しようと思っていたので、想定内です。

ところが、飛騨かぼちゃと書いてあったので購入した苗が結実してみると、こんな実が。これ、明らかに違います。

直接ポットに名札がなかったので、どうも店が取り違えたらしいです。
それにしても、作るつもりだった3本がみんな違うみやこ系だったなんて、本当に想定外です。

だから今年は思わぬかぼちゃ過剰状態になりそうです。
まあおいしければいいんですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく梅雨入り

2017-06-21 13:53:02 | 開墾日記

今日ようやく北陸が梅雨入りしました。9日遅い梅雨入りだそうです。2か月近くまともに降らなかったんで大地がカラカラになってました。ジャガイモ収穫するにはよかったんですが畝はカサカサだったです。

暑さが厳しい時には下手に水を撒くと根をやられるので、2か月は結構刈って乗せが忙しかったです。

おかげさまでこの乾燥にもキャベツは元気でした。
不耕起栽培のこの畝は特に乾燥に強かったようです。成長は遅かったんですが7月にはどうにか収穫できそうです。

敷いた草はすぐにカサカサに乾いてました。
これからは雨も入りますので成長が促進されると思います。

本格的な雨の前に、ハウスの中に虫よけに植えていたねぎを全部抜きました。
これは干しネギにして、秋にまた植えます。根元に養分を蓄えた状態で干しておくと、秋にまた勢いよく成長してきます。

乾くまではハウスの支柱にぶら下げておきます。
こういうときにハウスは便利ですね。夏野菜の収穫が終わったらこのねぎを植えて春まで消毒です。

抜いた後には、新たにねぎ苗を。
去年の秋にまいたねぎの苗です。これは育てて秋に収穫します。

ハウスの壁沿いに植えて、伸びてきたら防草シートで挟んで軟白です。


ハウスの外側にはショウガも出てきています。
雨の季節、この辺も成長してくると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加