ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

カラフル根菜

2016-12-02 18:13:41 | 開墾日記

 

最近にわかに忙しくなってきたので作業を前倒ししてやってます。来週あたりにはいよいよ本格的に冬型になってくるらしいので、多少畝は水を含んでますが根菜の収穫をしてきました。収穫したものはなるべく乾かします。特にジャガイモは乾かしておかないと、後で腐ったりしやすいです。

まずはニンジン、赤ネギを収穫。

このあたりは寒くても畑に放置して大丈夫なんですが、ニンジンはウサギが心配です。今日チェックして土から根が出ているものは埋めてきました。
金時、ベータリッチともよく育っています。金時ニンジンを収穫したら1本白っぽいものが混じっていたんですが、ひょっとしたら種がこぼれたのかもしれません。

大根は太り具合を確認するため、1本だけ収穫しました。
これは赤大根「紅くるり」です。そのほかに紫大根「紅しぐれ」と、丸い聖護院大根を育てています。
まだどれも5~10センチぐらいの大きさです。大根は下手をすると年明けまで収穫が長引くかもしれません。

この大根は中まで赤いのが売りなんですが、切ってみたら赤いのは皮の部分だけでした。
まあ、品質にばらつきが出るそうですからそういうこともあるかも知れません。スライスして軽く塩を振っておきます。冷蔵庫にこれを作って入れておくと、いろいろアレンジが効きます。

少し早めですがジャガイモも収穫しました。
木はまだ緑色ですが、去年より2週間遅い収穫です。今年は生育が遅かったですね。とはいえこれ以上置いても来週は雪模様で生育は望めないので、思い切って収穫してしまいます。

地上部を切ってマルチをはぐと、下はこうなってます。
春に作ると芋は地上部分に集中しますが、秋作は芽が出てからマルチ掛けするので、多少芋は地中に隠れるようです。表面からすぐ下を探ると、簡単に見つけることができます。

11株育てて、全部でこれだけの収穫。秋作は芋が少ないけど大型になる傾向があるようです。
種イモは大体3~4センチの大きさでしたので、結構な収量だと思います。大きいものでは10センチ近いものもあるようです。
今回は皮を乾かした後に、よい芋を選んで冷蔵庫に入れておこうと思います。春作の小粒の芋を冷蔵庫に入れたら、驚くほど甘い芋になったので、これでもやってみようと思って。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉彩々

2016-12-01 08:34:08 | 日記

ここ数日忙しかったので畑にも行ってません。そうこうしているうちに雨の季節がやってきたようで、畑に出られる日も少なくなってきました。30分おきに天気が変わったりするので収穫も大急ぎです。明日から3日ほど晴れ続きになるので、収穫できるものは収穫してこようと思います。

名残の紅葉。これ撮った後、ほぼ葉はすべて落ちました。

近所のお寺の境内です。

こんなにきれいに晴れてる日も少なくなってきました。

しいたけは第2ターンが出始めました。

2週間ぶりに1つ顔をのぞかせてます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるんぐるん

2016-11-27 14:59:39 | 猫たち

猫にとってパソコンは魔法のおもちゃのようです。

ティキちゃんにとっても例外ではなく、パソコン開くと必ず寄ってきます。

「今日もぐるんぐるんする?」

待ち受け画面のわっかが気になる様子。

「これ、捕まえたいんだけど」

ティキちゃんが乗っかってると起動しないよう(;´・ω・)

液晶の中央には肉球の跡がついてます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料理三昧

2016-11-24 14:33:39 | グルメ

関東では季節外れの大雪のようですね。こちらは雪ではなく風が強いです。春先マルチが飛んでいく被害が相次いだので、さっき畑も見回ってきました。収穫まじかのジャガイモマルチもみんな無事でした。

まあこういう日がこれから続きますので、室内作業の日々がまた始まります。今日は収穫したものでちまちまと保存食づくり。調味料や漬物などを仕上げています。

冷蔵庫に保管していたしょうがは、スライスして佃煮です。
佃煮には新生姜を使ってます。水気が出やすく柔らかいんですよ。

醤油と粗糖を入れ、水分が飛ぶまで煮詰めて完成です。
これ、むくが大好きで。これさえあればご飯のおかずはいらない!とまで言います。まあ少量でご飯がどんどん行けますね。これからの季節、風邪予防にもいいんじゃないでしょうか。

これはもらったかぶの葉で漬けた野沢菜もどき。
野沢菜はもともとかぶなので、葉を使ってもおいしいです。今回は醤油と酢、みりんで漬けました。
辛みとうまみを出すのに剣先なんばも加えてます。漬け汁とアツアツにしてからかけるのが味が染みるコツです。

先日収穫した未熟なパプリカでは肉詰め作りました。
わざと味付けを塩味だけにして、食べるときにかけるのがいいです。半分はポン酢でいただいて、残りは冷凍。最近むくはお弁当を欠かさないので、お弁当に味付け変えて入れます。

実家からゆずもいただいたので、皮をすりおろして夏に作った唐辛子の塩漬けに入れました。
これでゆず胡椒の完成。剣先なんば使ったので辛いです。作り立ては香りが際立ち、時間がたつにつれてまろやかになってきます。
塩がきついので一度作ると1年以上持ちます。

残ったゆずは汁を絞り、濾してポン酢を作ります。
今回は火入れせず、みりん、しょうゆ、鰹節、昆布を混ぜて冷蔵庫で寝かせることにしました。1か月ぐらいたつとだいぶなじんでうまみが増してくると思います。鍋の季節になりますので重宝しそうです。

残りの搾りかすはお風呂に入れて、ゆず湯にしました。

これだけやると満足です。今年もおいしいのができそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅収穫予定野菜

2016-11-23 16:14:43 | 水耕栽培

さていよいよ寒くなってきましたが、自宅で収穫する予定の野菜もそろそろ作っています。去年からキノコの菌床栽培をするようになって、冬用の野菜の栽培の可能性をまた一つ見つけた気持ちです。キノコはあまり日照を必要としないので、こちらの栽培にはうってつけです。

エリンギは第2ターンに入ってます。

1回目は10本近く収穫し、そのあと1週間ぐらいあまり出ない時期が続きましたが、再び芽が出始めました。1本だけ先行したのがさすがに養分を吸い切ったのか大きく成長しました。これはそろそろ胞子を出しそうなので収穫。そのあとの小さな芽をまた育てていきます。

「おっきいねえ( =①ω①=)」

ティキちゃんは興味津々です。

「変なにおいよね(=`ω´=) 」

くるちゃんの顔が隠れそうです。

シイタケは今、ちょっと菌床がお休み中。そろそろどぶんと水に浸けたほうがいいかもしれません。

菜ものの水耕の方は、簡易温室に入れて外です。室内で育てるとどうも光不足で徒長するんですよね。それを防ぐにはこの時期までにある程度大きくしておかなければいけません。

今回は、サラダ菜と山東菜を簡易水耕にしてます。
まあ株どりしてもいいかなと思っています。割にローテーションしやすいようです。

こちらは葉をかきとり収穫です。レタスとかつお菜です。
レタスは畑にもあるんですが、これから寒くなってあられが降るととろけて枯れてしまいますので、これは厳寒期用です。
この時期は液肥の消費量が少ないので、管理も結構楽になると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加