ぽたぽたもんばたけ

間借り畑とベランダで何ができるか実験中
猫記事追加してます

丸洗い

2016-07-29 09:24:24 | 猫たち

3匹の猫を丸洗いしました。

私は定期的に猫を洗う習慣がありません。よっぽどの時しか洗わないので、くるこなはもう6年ぐらい洗ってないです。

今回洗ったのは、部屋にノミの死骸が見つかったから。3匹は完全室内飼いなので、もちこんだのはたぶん私。畑には時々野良猫がやってくるようなんで、そこからもらったんでしょう。とはいえ最近ティキちゃんもコナンもちょっとかゆそうにしてたんで、一応念のため丸洗いです。

「大変だったの~(´・ω・)!」

ティキちゃんはお風呂をのぞき込むのが好きなんで、わりに洗われるをこわがりません。一番最初に洗って正解。

「写すのはNGよ」

くるちゃんもそんなに嫌がらないかな。その代り抜け毛がすごくて。お尻まで舌が届かないので、そこを乾かすのに骨が折れるようです。

さて、一番の問題はこちら。

「暴力はんた~い!」

ずーっと泣きっぱ、逃げまどい、オシッコまで漏らしていたぼくちん。なんとか洗い終わった後もへろへろです。

「もうやだ、おこもりしる (/ω\)」

ただいま押し入れにこもってます。

今日の予想最高気温は34度。汗腺を持たない猫にとってはきついです。
濡れるのはつらいだろうけど、体が湿って水分が気化すると、少しは涼しいかな?

その前に乾いたらレボリューションだな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋畝作成

2016-07-28 09:32:42 | 土づくりの工夫

いや~今日は暑いです。6時の段階で25度超えてまして、日中は35度の猛暑日との予報なんで。まあ部屋の中で過ごすのが一番なんでしょうが、その前にまず、筋肉痛です……。

ことの発端は春。イチゴの輪作をしてるんですが、来期は今トマトを作る畝を使うことになってしまって。イチゴ苗の植えつけのために、だいたい9月下旬ぐらいで畝を明け渡してほしいと父に言われたんです。

私の作り方は基本的に不耕起の通年栽培なんですが、たまにこういうこともあります。そうなると改めて畝を作らなければいけません。秋野菜に間に合うようにするには、今の時期に作る必要があります。

で、昨日その作業を。

二畝分用意したんですが、まずは草刈りです。前作の後に耕運機で耕していたんですが、その後の雨でだいぶ草が生えてますからね。

こういう丈の低めの草は、ホーでひっかいてとります。多少草本体が残っていても問題なし、すきこんで緑肥にしてしまいます。
採った草は通路にいったんまとめておいて、次は畝建てです。

今回は60×300の畝を2本立てます。
前作でたい肥と石灰は施肥してあるので、今回は米ぬかだけすきこみます。すきこんだ後畝を立てておきました。
米ぬかをすきこんだのは微生物の働きを活発にするため。未熟なたい肥にならないよう、すきこんでから1か月は放置しておこうと思っています。

そのために、畝立てした後こうやって覆っておきます。
マルチした方は玉ねぎのセット球を植えつける予定です。刈り草で覆った方は秋じゃが植えつけ予定です。
秋じゃがは芽が出るまでマルチできないので、この方法をとりました。
一応植えつけは来月下旬の予定です。この後猛暑日も続くので、土は少し消毒されるかな?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手軽水耕してみる

2016-07-26 13:36:10 | 水耕栽培

今日は朝から雨模様。蒸し暑さがひと段落しています。畑行けないのはつまらないですが、昨日ニンジンの追加まきと液肥施肥してきたので、この雨は大歓迎です。

7~8月は案外まいても芽が出ないんですよね。暑さで野菜もばてるのか、成長がゆっくりになります。春~初夏のあの「まけば芽が出る」って状態にはまだ1か月近くかかりますし、畑で作業するのも暑さでつらいです。

まいたものも、ようやくこんな感じです。
これは7/15にまいた秋野菜なんですが、ようやく双葉になったところです。キャベツやカリフラワーなどは成長が遅いので早めにまくんですが、この辺りを畑に出すのはあと2週間ほどかかりそう。そうでなくても炎天下なので、うかつにやったらそれこそかれてしまいます。

こういう成長の遅さにやきもきしてるときに、気分転換として育てるのがこちらの野菜。

クウシンサイです。
もともとはスーパーで買ってきたものなんですが、先端をちょっと残して水に挿しておいたら根が出てきました。そこで試しに、水切りトレイに日向土を入れて、水耕用の液肥で育ててみたら、30センチほどに伸びました。

これは3日前の写真なんですが、結構伸びてきたので先端を摘心したら、今日になってだいぶ脇芽が出てきました。

長いものはすでに5センチぐらいに伸びてますね。

これは本当に暑いところと水が好きな野菜で、条件が合えばガンガン伸びてきます。以前畑にマルチで栽培したとき、畝が占拠されてえらい目にあったんですが、この程度なら伸びすぎることもなく、十分成長も楽しめます。

あとはこちら。リーフレタスです。
最初、切ったスポンジで発芽させました。だいぶ伸びてきたので500ccのペットボトルを加工して植え替えました。
ペットボトルは半分に切り、下の部分に液肥を入れています。成長とともに根が液肥まで伸び、養分を吸収します。

本来は2リットルのペットボトル使うんですが、ここでは早く収穫するためにあえて小さなもので。
大体40日ぐらいで収穫する予定です。小さいですがこれでも株どりのレタスができます。レタス以外ではチンゲンサイなどの菜ものも。いずれにしても早めに収穫する必要があります。

今回は3連結にして、下を太陽光さえぎるために保温バックで覆いました。
明るい窓辺に置きます。暑い時にはこうやって、日々成長が実感できるもので水耕しようと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なすがでかい

2016-07-25 09:18:28 | 開墾日記

畑仕事もひと段落したので、最近は収穫と液肥加えた水やりが主な作業になっています。まあ朝の涼しい時期で済ませられるので大助かりなんですが、うっかりすると野菜も巨大化します。

今日の私の畝の収穫はこれだけ。
かぼちゃ2つ(ほっこり姫と伯爵)、トマト(ティオクック)、インゲン(びっくりジャンボ)、なす(くろわし、黒丸、ロッサビアンコ)

かぼちゃはそろそろ収穫してもいい時期なんですが、つるが枯れるまで基本的には置いておきます。それでも追熟しないとおいしくないので、早めに料理したい分だけ先に取ってきました。
なすの大きさは携帯と比較。結構大きいです。

ところが今日、それを上回るなすを発見してしまいました。

父の畝の取り残しの米ナス。500ccペットボトルと同じぐらいの大きさです。

私が作った茄子と比較しても2回りほど大きい。にもかかわらず実がぼけていないんですよ。米ナスは本当に大きくなりますね。これ1つで4人分ぐらい賄えそうです。

収穫したナスを大集合させてみました。
父の畝には普通の千両ナスもあるんですが、なにしろこのあたりのインパクトが強すぎてまだもらってません。この辺を食べつくすころには、また次のなすが収穫を迎えます。
今年もよくできてますね。まあ茄子は好きなんでどんどん食べてますが、同時進行で冷凍ナスも作らないと追いつきません。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まってんの

2016-07-25 09:13:10 | 猫たち

玄関からじーっと動かないティキちゃん。

「おとうさんまってんの」

そろそろ帰ってくる時間だってわかってるみたいです。

以前は帰ってくるなりすっ飛んできてましたが、最近は玄関で帰り待ちしてます。
それも帰ってくるまでご飯食べないで頑張って待ってます。

帰ってくるなり「ニ=ッ!」と鳴きながら飛びついて、抱っこしてくれるまで離れません。
いや~いいこになりました。むくがメロメロです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加