心の旅路

フライロッド片手に心の川を旅するへなちょこフライマンのブログ。

美しいものはより美しく、そうでないものは…

2018-01-13 22:24:50 | その他
購入したモニターで以前撮影した写真を改めて確認したところタイトルの通りの結果でした。

写真はLUMIX LX5 jpg撮って出しをP 2418Dで縮小表示させたものです。
グラマラスなヤマメのロシアの原潜のようなポーズに悩殺されます。
曇天で水面の反射が消せず、自分の体で影を作って撮影したのですがヤマメ全体を影に出来ませんでした(^^;;

PC用モニターとしても利用するので24inchではWQHDが丁度良いのですが写真だけを考えたらやはり4Kが欲しくなります。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Dell P2418Dファーストインプレッション♪

2018-01-10 21:49:57 | その他
こんな表題にすると閲覧数が増えそうですが、なにぶんモニター購入が初めてなので参考にはならないと思います。

1月6日に注文して1月10日が配達予定日でした。
6日〜8日の間のステータスは生産中のままでしたが9日には西濃運輸のセンター、10日の朝には最寄りの営業所に着店してましたので18:00〜で届けてもらえる様に電話でお願いしておいたら夕飯の支度をしていると届きました。
サクッと夕飯を食べて箱から出して組立てました。取説見れば誰でも簡単に組立てられるでしょう。

比較がThinkPad E470のFHD液晶なのでP 2418Dの発色が良いのは当たり前ですが、ThinkPadも発色は自然で悪くはないと思いました。
参考にまでにP2418Dの液晶の写真を貼ります。年末年始のセール中だったので良い買い物が出来ました。また、注文から届くまでも法人モデルだからか?とても早くて満足しています。お陰で寝不足ですが(^^;;

スペックなどの詳細はDellのサイトでご確認下さい。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鬼に笑われそう…って年明けしましたね♪モニター選び編

2018-01-06 15:28:40 | その他
半年前に写真編集用にフルHD液晶のThinkPadを購入しましたがフルHDであっても色域が狭いため、新たに写真編集&鑑賞用にモニターを買うことにしました。

理想は8KモニターですがThinkPadのCPU内蔵のインテルHDグラッフィックス620が4K出力までなので、その性能内の25inch前後のサイズのモニターでお買い得な物を探しました。

モニターそのものの性能や使い勝手は当然ですがスタンド側の可動範囲が広いものが良いので(別売りのスタンドという手もあり)予算の都合も相まって選択肢は限られましたが
毎日見るものなので見た目も重要です。

持っているカメラが4K動画対応なこともあり当初は4Kモニターを買うつもりでしたが 、も〜れつに心惹かれたのがDellの

タッチパネルのフルHDノングレア液晶のP2418HTで、Dynabook R822といいこの手のギミックに弱いらしい(^^;;
フルHDだけど24inchの10点タッチパネルは使い勝手が良さそうで値段も手が届く範囲です。
しかし、冷静に考えると写真編集&鑑賞のためのモニターなので高精細で少しでも解像度が高いモニターにすべきなので、持ってるだけで楽しそうなP2418HTは我慢しました。

正月休みは殆どモニター選びに費やしてしまいました。
LG、Acer、ete…でDellでQHDモニターが正月限定で安く売っていたのでP2418Dという企業向けのものを注文しました。

ThinkPadのモニターと違ってsRGB 99%カバーで解像度も高いので、今まで撮り貯めた写真を改めて見直してみようと思います。

今シーズンは宝の持ち腐れにならぬ様に綺麗な写真を撮らなくちゃ♪
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鬼に笑われそうですが…其の四

2017-12-03 19:40:08 | フライリール
一度外れてしまった理性の箍は、そう簡単に元には戻らないことを学習しているものですが…

いや、このリールを選んだ時点でまだ箍は外れていないと自分を信じよう。
実のところ注文しただけで、まだ手に入れた訳では無いし、K1用に考えていたリールは別の物でこのリールの数倍の価格なので、それに手を出さなかった時点でまだ大丈夫♪

このリールにした理由はクリック音が比較的静かでドラグが優秀、某テストでperfectと評価されていたことに加え、2018モデルで塗装が変わり好みの質感ではなくなる為に結構無理して買いました(やっぱ理性の箍外れてるじゃん)ロッドとのマッチングは…



Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ミライ・桂川 始動

2017-11-26 20:31:46 | その他
http://blog.goo.ne.jp/katsura1katsura2aa
この湧水の川の恩恵を受けた者としてはせめてもの恩返しとして。
この川のご縁でお知り合いになった方々と久しぶりにお会い出来るとあって参加させてもらいました。
また、桂川・相模川流域協議会http://katurasagami.net/の皆さんやcatch&clean http://catchandclean.naturum.ne.jp/の皆さんも参加して頂き、お話しを伺い改めてこの川のゴミ問題の難しさが少しは理解出来た気がしました。

ゴミの無い川が輝いて見えるのは僕だけではなかったと思います。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加