魂のしくみ からみたおばさんの経験

過去の経験からその{意味}を探し・・
スピリチュアルな世界を知った おばさんの独り言。。

土地調整

2017-07-15 10:02:34 | 2017
H29.7.15 Facebookでアップしたものをそのまま転載。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

💠土地調整💠

最近、土地調整に関して、覚書としてブログにアップするようになった。

土地調整には…

①聖地調整
②土地調整〜聖地ではない土地

ざっくり 二つの種類がある。

対応範囲に関しては…
その場のみ〜その場から近く〜その場から自治区〜市内〜県内 と、範囲を広げれば、いくらでも広がる。

聖地に関しては、自ら好んで対応した事はない。

なんとなく気になり、
スルーして、

それでも、気になり、
スルー出来なくなり、

否応なく…というのも失礼だが…
そんな流れである。

対応せざるを得ないというのが、本当のところである。

つまり、呼ばれるのである。

思うに…

調整が必要な聖地の存在は
《困っている》ケースが殆どだ。

ほとんどが、困っている。

例外として、私に神器を渡したくて呼ばれるケースもあった。

金子先生曰く…
神社は 元々、戦の中で、勝者が敗者を封印した場所である。
それに、オープンになっている聖地 はフェイクであることが多いらしい。大きな神社はこのケースが多いだろう。

だから、むやみに 人間がエゴを満たす為に祈り(願掛け)するのはやめた方がいいのだろうと…最近思うようになった。

私は、むやみに参拝して 何か頼まれるのは嫌だから、参拝するのは慎重にしている。

要望を伺い、要望された事しかしない。

神社は…

人間がエゴを満たす為に祈る場所ではなく、報告と宣誓に行く場所

と、よく言われるが、

最近、そうだと思う。

つまり《人間が神とどう向かい合うか》という事に繋がっている。

神は 万能ではない。

万能であれば、わざわざ呼んで 聖地調整などさせないだろう。

神社の存在の意味を知り、
神と呼ばれる存在とどのように向かい合うか?
落とし込む事は大切かもしれない…

つまりは、自分とどう向き合うか?
にも繋がるかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉾神社 【聖地調整】H29.7.12... | トップ | 聖地調整 〜その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL