魂のしくみ からみたおばさんの経験

過去の経験からその{意味}を探し・・
スピリチュアルな世界を知った おばさんの独り言。。

7月6日〜7日のこと 〜その4

2017-07-11 15:13:18 | 2017
H29.7.11 Facebookにアップしたものをそのまま転載。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

💠7月6日〜7日のこと ④💠

明けて7日。

この日、単にツインセッションをしただけなら ここは書いてない。

今回の セッションは 8日の調整に関わる人物がセッションを受けてくださった。

勿論、ご本人も、私達も 意図など全くしていない。



この日の流れを簡単にまとめると…

午前中〜ツインセッション
午後〜柁鼻神社 聖地調整

となる。

実は…セッションはギリギリまで 空席ありだった。当日の朝になって 予約頂き…それでもひと枠空いた。

遠路来て頂いた先生に、申し訳ない気持ちだったが、これにも意味があった。

というのも、、

満席であれば、柁鼻神社には行けなかったからである。

大尾神社と柁鼻神社は繋がっている。
これも 柁鼻神社を調整した後に分かったことなのだが…
大尾神社を調整した 次の日に 柁鼻神社を調整する必要があったらしい。

神の采配は なんとも凄い。




午前中のツインセッションは…
遠路 前泊で来てくださった男性。

自分の今後の進退を考え始め、先生が九州に来るのを知って参加してくださった。

詳細は書かないが…

この男性は 先生と繋がっていた。

この男性のいくつかの過去世が出てきたのだが…

共通するテーマは【自己犠牲】だった。

中で…ある神器を持って 九州に入ってきた過去世があった。キリストの一団としてである。

そして、その神器を 熊本の幣立神社に納めたらしい。

勿論、本人に自覚はない。


神器は…聖杯だった。


金製の ワイン🍷グラスのような 形。
少し 口が広く、持ち手に美しい装飾がある。

見えるまま 先生に伝え…
花ちゃんとフラワーのエネルギーで 綺麗にしたら 光り始めた。

聖杯は まず、私に届き、それを先生の背後に納めた。

私は キリスト教について 詳しくない。
ザックリしか知らないのだが…
ネットで調べたら、同じ形、同じ色だったので、驚いた。

この神器は8日の調整に関わる大切な神器である。

セッション中には分からなかったのだが…
後から、先生と私で 情報を取って 判明した。


8月8日は、この聖杯を使って、ある場所で儀式が行われる。

8月8日まで、まだ、時間がある。

私は その日に向けて土地調整等を依頼されているので 暫くは働かなくてはならない(笑)



にしても…

8月8日に使用する、大切な神器を持つ人物が

意図せず、セッションを受け…

過去世で聖杯を九州に持ってきて、納めていたとは…

偶然にしては 出来過ぎである。


それに、、

その3で書いたように テーマは自己犠牲…

まるで 意図したかのように、
作ったかのように、

テーマがリンクする。


ため息が出る(笑)











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月6日〜7日のこと 〜その3 | トップ | 7月6日〜7日のこと 〜その5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL