長崎戦、清武3の船山2

2017-05-14 05:52:22 | サッカー(JEF千葉)
2017年 J2 第13節 千葉ー長崎(@フクアリ)

5ー0 ジェフ爆勝ち

いやー、こんな試合、6000人しか見てないなんてもったいない。

まあ、出がけに雨が降って、昨日とは打って変って肌寒いとなれば、フクアリに足を運ぶのがためらわれるのも致し方ないですが、あー勿体無い。

前節金沢戦スタメンからは、岡野が入って、勇人が入って、指宿が入って。

山本真希は、DF?

序盤から押し込み、CKを何度か得て、ファーに飛んだボールに、フリーになってボムヨン?がゴール前に押し込むと、キーパー前で船山がコースを変えてゴールイン。幸先よく先制。

いつも通り、前半はほぼ危なげなく過ごし1ー0で折り返し。

後半勝負だろうと心して臨んだ後半開始直後、清武と指宿のコンビネーションが清武がゴール。
そこから清武ゴールショー。
記憶をどこまでさかのぼればいいのか分からない程久しぶりのFK直接とハットトリック。

そこから船山も2点目を奪い、ハットトリック揃い踏みと行きたかったが、そこは残念。(直接FKを清武に譲ってもらったり、終了間際にカウンターでチャンスは十分あったんだけど)

後半のゴールラッシに繋がったのは、やはりハーフタイムでの高橋君とヤマトの交替が要因か。
前半高橋君が悪いようには思わなかったけど、試合前に100試合出場の花束贈呈もあったヤマトが存分に攻撃のタクトを振るったのを見ると、交替で攻撃のギアが上がったのは間違いない。

攻撃で5点を奪い、守備でもしっかり締めてクリーンシート。

今週は水曜に東京V戦もあり連戦となるが、うまい事ターンオーバーしているようなので、ここを浮上のきっかけにしたいところ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢戦、数的優位を活かせず。 | トップ | 東京V戦、ドミノ倒しの如く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。