東京V戦、ドミノ倒しの如く

2017-05-18 07:33:16 | サッカー(JEF千葉)
2017年J2第14節 東京Vー千葉(@味スタ)

3ー0で東京Vの勝ち

ダゾーン観戦です。

やはり取れる時に取っておかないと。
前半の船山、後半開始直後のアランダ、ビッグチャンスどちらかでも取っておけば違った展開になったと思うんですけど。

連勝を期して臨み、上々の立ち上がり、上々の前半、後半の出だしも素晴らしい戦いが出来ていた。何の不安もない状態から、敵も味方もびっくりのプレゼントパス。ドウグラスからアランピニェイロがキッチリ決めて先制。

落ち着いて前半の戦いが出来れば良いと思うのだが、完全に浮足だして連続失点。今年のジェフは、一つ歯車が狂い出すと流れを止める事が出来ない。展開的には横浜FC戦と全く同じ。
非常に勿体無い。

普通サッカーはミスを前提として、ミスが起きた時にどうフォローするか次の一手を考えておくものだが、その備えの部分を省略し攻撃に割いているのが今年のジェフ。
自陣側でのミスは失点に直結するのを自覚してつまらないミスは極力無くさないと。

熊谷しかり岡野しかり。
3点目、岡野倒れてる場合じゃないよ。近藤が一人で二人見る事になってほぼノーチャンス。金沢戦で退場になった若狭を100%見習えとは言わないが、その気概や一つの選択肢としては持ってもらいたい。


でもまー、次の熊本戦はすぐ来るので、もう一回メンタル立て直して、次頑張ろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎戦、清武3の船山2 | トップ | 愛媛戦、初の逆転勝利 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。