空に問う

流るるまま・・・で行こう

静音マウス

2016-10-12 15:27:42 | 日記
静音マウス・・・ロジM330とbuffaloだとbuffaloの方がカチカチ音がしなくていいし、クリック音もほとんどしない。ただ握り易さはずっとエレコムを使っていたんで、握りはロジの方がいい。

実は昔はロジのマウス使っていたんだよね・・・・。すごい前もう10年以上前。この間邪魔なので捨てた笑。

ロジはM5シリーズの方が握りやすいけど高いので諦めた。使い易いマウスって引き子には宝物だよね。もうそろそろ愉しく生きる予定なので普通でいいかと。

生姜シロップが肌にいいってミヤネ屋の間のCMでやっていたが、魂がキレイになると顔もキレイになるのかなぁ。塩生姜湯は憑かれたなぁと思うときは最高に効き目があるよ。

本当に悪いモノが憑いてる時はゲェーゲェー吐くんだって。飲み込んでも大丈夫。ただ塩辛い生姜湯です。

日本で言うところの口裂け女みたいな話ですけど、アメリカのノースカロライナで、不気味は姿をしたピエロの目撃談が相次いでるんだって。子供を森に誘ったって話題になってる。

昔そんなシリアルキラーいたね。男の子ばかり40人以上殺してたサイコキラー。

で、不気味なピエロ騒動が全米に飛び火して子どもたちはパニックになり、とうとうこの騒動に政府も介入し、「ピエロ恐怖症」とも呼ばれるようになったって。

おいらは昔からピエロが怖い。

こんな田舎だけど昔は数年に一度はサーカス団が来てたんだよ。矢野大サーカスだったけっけ?

で、おいらには猛獣使いが動物虐待にしか見えなかったり、笑いを誘うはずのピエロの白塗りメークが怖くてガン泣きしたのを憶えてる。

だからマックのピエロも怖い。だからマックのハンバーガーは食べない笑。

ピエロに悪意を感じていたんだよね。大人になった今でも怖い。

昔正月には各家に獅子舞がやってきて、大きな口で子の頭をくわえて健康を願う神事が盛んだったけど、もう怖くて怖くて、押し入れに隠れてた。

でも執拗に追いかけてくる親戚のオッサンがいて、このオッサンは亡くなった今でも嫌い。あの恐怖が蘇ってくる。

中に人が入っているのは分かっているんだよ。でもね、ただ怖かった。

幽霊や魔物やバケモノみても怖くないけど、ピエロと獅子舞は今でも怖い笑。

要するに人間が怖いんだよね。悪意がある人って案外社会ではピエロを演じてる。その眼の暗さが怖いのかなぁ。

サーカスの時にピエロが客席にやってきて、そばを通りかかったとき、おしっこちびりそうだった。来るな来るなと思ってると、獅子舞と同じで来るんだよね・・・。

ああいう化粧や仮面や被り物を着けると、ヘンな能力でも宿るんだろうか。人を楽しませるもが怖いって変だと思うけど怖いんだよね。

アメリカのキッズの気持ち分かるなぁ。

口裂け女がブームになったけど、子供の時はバカだから気が付かなかったけど、何日何曜日の午後〇〇時ごろ、〇〇町内に口裂け女がやってくるとか情報があったんだ。みんな一同怯えていた。

で、おいらの町内にもその日がやってきて、置時計を布団に持ち込んで早々に寝る用意をした。

普段・・・こんな寂しい場所だから、夜には車も通らない。

なのにその時刻になると、下駄みたいなものをカラカラ鳴らしながら、確かに足音が聞こえてくるんだ。扇状地になっているから野外のオペラ場みたいに音が反響するのである。

たぶん暇な高校生とかが小学生を騙すために夜毎各町内を回っていたのが真相なんだろうけど。

本当に怖かった。

今じゃ多少のラップ音如きは、またぁって感じで寝ちゃうのに・・・・。

去年、朝方にあらわれた穢れのバケモノは逆に漫画過ぎて、リアル過ぎて、まだ夢を観てるような心地だったなぁ。映画みたいだった・・・・。

あれきり見ていないけど、それがすぐそばにいると思うと怖いけど。

一般的な作り物のホラーの方が怖いですよねぇ・・・・。

ただ殺意がバリバリあって、本当に何度も死にかけましたけど。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節病 | トップ | 浮気する奴が悪いのか、浮気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。