空に問う

流るるまま・・・で行こう

残業

2016-10-12 18:55:35 | 日記
前職早い段階で役職ついたから残業はほぼサービス残業だった。

過労死に認定された電通の女性は月に105時間残業だってぇ・・・・。東大出身で勉強ばかりしてきた娘さん。酷な環境だったんだね。それでは芸能界と同じだ。

それをおちょくったのか、武蔵野大学の教授が『100時間の残業で死ぬなんて情けない』とコメントを出したのが大問題になって、いつもの大炎上!

昭和の企業戦士は現在の平成の社会にはもういてはいけないこと。頭がいい人がそんな昔の神話を今更語ってもね。愚かとしか言いようがない。

今はコメント削除して、大学側が聞き取り調査してるというけど、でもその教授の意見は教授の意見なのだから、弾圧する必要はないのかも。

実際に残業100時間超の人はたくさんいるんだろう。ちゃんと残業代貰えていればいいけど、いずれ限界は来るよね、体力的に。

まあ電通の女性も仕事辞めちゃえば良かったんだと思う。でも辞めちゃうとアイデンティティ崩壊しちゃうところまで追い込まれていたんだろうね。SNS見たら、相当にSOS発信していた。

イヤならば逃げちゃえばいい。でもそれが時々出来ない人もいる。おいらもそうだった。HP更新したり、ブログの記事を家で書いたり、サービス残業もいっぱいやったけど評価ゼロ。役員のご機嫌を取らなかったせい。まあ社内政治はわかっていても、本社に顔を出すのも数カ月に一度。基本は数字だから、悪けりゃ叩かれる。いまだに本社仕様のHPやってるけど何にもお得情報もないし、更新もされていない。

バナー作るだけで2千円も業者に委託していた。バナー何本自作しただろう。でも役員が見ているのは数字であって、努力したり残業したりしてる見えない部分の業務は、やっぱり本当に見えないのだから。

全部が外部発注だから、何をするにも手間がかかる。その時間を省くために営業所のHPもこしらえた。FBもTwitterも・・・。でも遊んでると言われた。叱られた。

昼休みの5分で記事を書いていたのに・・・・。もうイヤだと思ったね。〇う〇〇の事とは別でも。

おいらの役職であのくらいの給料なんだから、下のものは本当にきつかっただろう。仕事しないのが直談判して役職を手に入れて、2年に一度の仕事を一年中やっていた。日々の業務はそっちのけ。それで腐らない人間がいたら、それこそ神だ。とにかく役員の贔屓で人事があったし。地方のブラック会社ではあったな。

おいらの場合、仕事教えてくれる先輩ら不在のまんま独学でやっていたから、それでも育つ人間は育つし、目をかけても部下の目を潰す〇う〇〇みたいな上司もいる。確かに厳しくないだろう。とことん自分に甘いのだから、部下にも甘くなる。そして仕事が滞っても自分で解決せずに直の上司に頼む。尻ぬぐいは全部上司。取引先もあきれていた。

何のための責任者なんだろうね。失敗の責任も取らせない。まあおいらも取らされたわけではないが、会議のたんびに違うこと言われてありゃあパワハラだよ。嫌がらせ。そして退社した途端に、こんなに病んでいた自分の精神状態に気が付いた。正気だったら訴えていたな・・・。泣き寝入りも同然だった。

そして〇う〇〇の呪詛。目障りなのが辞めたんだから目的は達成したはずなのに、本当に職業倫理に劣る人間の屑だったなぁ。ああいうのが「町の名士」だとか直の上司が褒めるんだもん。名士なくせに顔が利かない。そんな名士いねえよ。まあそういう組織だから潰れても驚かないけど。太い助成金があるからなぁ。赤字のくせにちゃっかり●●金払っていたし。だから今の知事なんてダメ。

まあ、地元からタクシー会社の老舗が消えるかもって話だったけど取引銀行と相談して無事再開した。こういう話は良い話だけど・・・。

とにかく助成金で会社が成り立っているようじゃ企業とは言えないよなぁ。

「地方でいちばんの会社にする」ってほざいていたけど、最大のライバルがグループ会社って笑えたな。あんな若くして老害なオッサンって天然記念物ものだと思った。地方の七不思議である。

まあ頑張ってる社員もいっぱいいる。だからそういう社員にもう少し目をかけてやってほしい。〇う〇〇みたいなのを贔屓する暇があったら、苦しんでいる社員の相談に乗ってやってほしい。

それくらいお願いしたって罰は当たらないよね。おいら大人しく自分を責めて責めて、ちゃんと上を向けるようになったし、もう憎んでも恨んでもいないから・・・・。

同じ轍を踏ますのだけは辞めて欲しい。おいらが最後の犠牲者であって欲しい。

だからさ、教授さん、持論は寝て云え。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネコ | トップ | うえぃ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。