空に問う

流るるまま・・・で行こう

タイの王様

2016-10-14 13:30:05 | 日記
プミポン国王亡くなりましたね・・・。在位期間70年。

本当に国民に愛された王様だったんですね。国民の多くが喪に服しているのが伝わる。日本人にとっては歴史的転換ではないけれど、少なくとも日本も影響を受けるんだろうなぁ・・・。発展著しい国だし。

タイは「国王、宗教(仏教)、国家(民族)」を国是としてきたんだって。日本とは内政環境がかなり違うねぇ。

天皇は政治的意図をもって国民に発言することはできない国だし、国教もない笑。

偉大なる国王の死。こんなに国民に愛された王様も珍しい。

過去に内政が乱れるたびに仲介者として事態収拾をはかり、国民にも信頼されていた。たぶん国王の理想系ですね。いつも感心してました。

なんかちょっとだけ寂しい・・・・。

実は昭和天皇がなくなった時、あんまり悲しいとは思わなかった。若さのせいもあるだろうが、別段に悲しんだ記憶はない。

ただバイトしてた飲み屋街はし~んとしていたなぁ・・・・。客が来なくて早じまいして・・・結局3日くらい休業した。

それに失恋が痛くて痛くてね。

そしてもっと今より社会という概念が遠くにあった。

人は死ぬと終わりなんだなぁという想いよりも、プミポン国王の功績は永久に刻まれるような気がする。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋谷VS原宿 | トップ | 優しい夕暮れ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。