空に問う

流るるまま・・・で行こう

さらし者

2016-10-13 13:12:27 | 日記
おいらが知らなっただけだけどchromeの拡張機能のスクリーンショットもすごいね。ページ全部保存できる。

Edegで出来るのは知っているけどエラーがでるのでEdeg自体を使わない。

なんか利用してて申し訳ないけど、怖い世の中になったねぇ・・・・。証拠保全はされてしまう。

本当はIDが個別に振られてる以上は匿名性は低いんだよね。本気出せばすぐに割り出せるのが現実。

さっきちょっとだけ恨み辛みが前面に出ちゃったので下書きに戻した。恨み辛みは亡霊みたいにネットの中に彷徨うのだから。それこそゴーストみたいに。

〇う〇〇は本当に軽蔑していますけど、本当の悪人はこの人ではない。この人の悪意に乗っかって恐怖心をひたすら誤魔化そうとした人間がいちばん悪い。

おいらは辞めて欲しかったんだ。おいらが思っていた利用的な神道からひどく道に逸れるようなことばかりをしていたから。まあ暗部的なものはどんな世界にもあることだから目をつぶってもいいけど、本職が人を呪ったようなことを話すのは本当に感じが悪かった。

バチって悪い方に当たるものでしょ。でもどう考えても本人のプライドを傷つけて怒るのであればもう少し賛同できるように仕事しないよね。仕事しないで釣りしたりしているから責められているのに、それで逆切れしたことを、おいらにも理解しろって言うのは無理。

おいらは呪われた人に同情する。その人が会議で発言したことは正しいからだ。自尊心を傷つけられたから呪ってもいいって特権は誰にも与えられていないんじゃないのかなぁ・・・・。おいらの私見だけど、中道的な精神力や判断が下せる人が付いていい職業こそ神職とか僧侶だと思うんだよね。現実にはまったく違うけど。

でもそういう見えない幽玄な世界と関わりを持つ以上は自己責任とか職業倫理とかは大事なことではないかと思う。未然に防げる悲劇だったとしてもすべてを語ることは出来ないのだし。

バチを当てたとか、当てるようなことが出来ると匂わせせるのはすでに相手を脅しているのと同じだと、おいらは思うんだ。本当にそれが出来るかできないかの問題ではなくて、相手が脅威に感じたら、それは脅迫してるのと同じことだと思う。

おいらはあの時に脅迫されたと思った。だって被害者に気休めのお守りを渡すのは罪なことではないでしょうに。でもあなたは云いました。薄く丸い痣を指さして「ボールが当たったみたいだろ?」とね。そのお守りに施されているモチーフがなんであるか視えたんですよね。そしておいらが邪魔をしたと言いたかったんですよね。でもそれが正しいことだから、おいらは予防をしただけです。もちろん被害者は最後にはおいらを裏切りましたが、被害者はたぶんそれを今でも恥じてる気がします。だからもっと彼が社内で力を持てば二度と同じ過ちはしないと思う。仮にしたとしてもおいらは憎まない。でも最終的に被害者の浅知恵で九死に一生を得たのだから、それは感謝するべきではなかったかなぁ・・・。

相手はあなたを恐怖心を抱き屈したんだから・・・・。でもそれを植え付けたのはおいらだしね。

天皇の隠し財産があるとかないとかで、金が動いたりするのとは違うんだよね。今の金融は「あると思わせること」で利ザヤを稼いでいるけど、これも悪魔の証明と同じで、根源を割り出すことはできない。

そういう人としか出会えなかったことが、おいらの最大の不幸だとは思う。でも仮想敵として闘わせるのは無理があるんだよね・・・。おいらは憎んでいないから、勝手にエントリーされても迷惑なだけ。

自分を脅かすものが、自分の大切に思っていることだったら、悲しいよね。奴がおいらにしたことはそういう悲しいことです。

せめて人を悲しませるような人間にだけはなりたくないと思う。自分が悲しいのは我慢できるけど、周囲を巻き込むのは筋が違うよ。

そんな権限は例えば神社に家に産まれた特別な命であったとしても付加されることは決してないと思いたい。

思いたいって願望が、この2年おいらを苦しめてきた感情の正体であるんですけどね。

それに奴みたいなのが平気で蔓延るような社会が現実なら、こっちの方から向き合うのはお断りだ。

命なんてあって、ないようなものだから貴いってことだけはわかってる。粗末にすべきものではないことも分かってる。

でも他人の命や恐怖を煽るような行いが許されるのはやっぱり我慢が出来ないなぁ。君がどんな見方をするのかは知らないけど、人間が決めたルールに沿うのであれば完全に間違ってる。

それをどうこうできる立場にはないのだけれど、嘆くくらいは許されるよね。

おいらは完全無欠の被害者だから。話も盛ってないし。

感情もファイリング出来ればいいけど、早く忘れたいので、そんな機能はなくてもいいか。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SNS増産 | トップ | VR »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。