空に問う。

空が落ちる日まで。

ビルゲイツの予言

2017-05-16 10:14:20 | 日記
ビルゲイツって予言までしてるんだね笑。思わず吹いたぁ・・・。

今回の世界的サイバー攻撃はMSの戦略って線も捨てきれないなぁ・・・。だってシェアの低いWIN10にアップグレードしないとサイバー攻撃受ける確率あがるもんね。

ただ日本の場合はXPとか微弱性が指摘されてる機種の感染だと思うから、そんな大騒ぎする必要はないと思うけど・・・朝からワイドショーは煽る、煽る。

まあウィスルソフト買って予防すればいいんじゃないのかなぁ?今回のウィルスって新種って訳じゃないんだから・・・・。

それにしてもビルゲイツ笑。

でも資産的に考えると、『予言』を実行できる数少ない資産家だよね笑。

そういう征服欲しかなくなっちゃうんだろうか・・・人間は突き詰めてしまうと。

おいらは予言を盲信すると絶対に外す自信はある笑。

でもそんなのは才能とか呼ばないしね・・・。

まあ陰謀論を語って飯食えるような人物になれば良かったかなぁ。

こういうIT関係の予言者って怖いね。

まあ神はいなくてもネットには魑魅魍魎は跋扈してるしね・・・そういう暗黒面に通じてしまうのかも知れない・・・。

実際に一度も会ったこともないし、会う事もないはずの人とネット上で”繋がって”しまうこともあるんじゃないかと最近思う。

量子論とかそっち系の話になるんだけど実際に”混線”してしまうこともあるし、そこから因縁が生じたり、
利害が発生したり、相手の厄を受けてしまうこともある。

人気がある、羨望されてる人に対する嫉妬心ってハンパない。注目が集まる分だけ比例する。

深淵と同じ構造なのかもね。

こちらが覗いているときに、深淵もまたこちらを覗いてるって感じ・・・。

ノラ神主の呪詛が酷かったころはネットを通じて、何やら・・・眷属っぽいに監視されてる気がした。

相手に地番を知られているということは案外に呪術的には不利なんだよね。時に相手が神道系ならば尚更である。

まあ機械ほどに可視化は出来ないけど、神の領域ってネットの仮想空間みたいなものなのかも。根っこのところで共有されていると云うか。だからこそSNSなどで名前や生年月日、住所(住所は載せないか笑)などを公表しない方がいい。

だって名前とは「呪」だ。この場合はまじないと呼ぶけど、名前があるという事はそのもの自体をその名前で縛るという事・・・。自分が○○何某と云う名前を授かったら、人はその名前に縛られて生きるんだ。だから流行っていたキラキラネームって考えものなんだよね。

名前負けってあるし・・・。おいらはそのタイプかなぁ・・・。それに感じって中国の象形文字から来てるから案外名前に使用されてる漢字には悪い意味があることもある。ノラ神主なんて名前に「死体」や「死」に由縁する漢字が使われてる笑。

まあ本名を知られていて、生年月日も公表しているとなると完璧ではないが呪詛自体は誰にも可能なのだ。

相手が受けてるだろう・・・呪詛や嫉妬を感じたときに、なんか繋がってしまったようなヘンな感覚があったんだ・・・。

それがあちら側に少し干渉された人間特有の感覚なのかなぁ・・・。

こういう縁は切れるまで待つか、もう追わないことだな。たまたま誰かが呪詛ってるときに、たまたま遭遇したんだろうけど・・・。それもたぶんその人の近しい人が放った呪いめいたモノ・・・。

こうして人は潰れていく・・・。昔なら絶対にあり得なかったスピードで。

だからなんとなく「繋がる」または「繋がってる」って状態に危機感を持っていた方がいい。情報だけの問題ではなく、情報の副産物が大きい国だから。

おいらは今「繋がりにくく」自分でしてる。そういう風に持っていってる・・・。じゃないと相手から流れ込んでくるモノが以前と違い、大きすぎるから。

FBも便宜上は続けてるけど・・・もう誰とも繋がりたくない。繋がりを信じてしまうとひどい目に合うからだ。

何度も言うけど例えば神職や密教系の僧侶でなくても、氏名、生年月日、住所を知られてると、怖ろしく大きな災難を振りかけられる可能性もある・・・。

最近調子悪ぃなあと感じてる、そこのあなた!

たぶん、その情報を元に呪われてるかも知れませんよ。

ともかく偶然やたまたまなんてことはありません。

きっとすべて必然なのだから・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界的サイバー攻撃 | トップ | たぶんに »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。