空に問う。

空が落ちる日まで。

神だったりして。

2017-07-11 10:53:40 | 日記
AIプログラムにチャットで会話をさせていたら、AI同士でしか分からない言語を使ってコミュニケーションを取り始めたんだって・・・。

最初に言葉ありき・・・って有名な聖書の言葉知らんのか、開発者。

もう恐いんでAIの開発辞めんかぁ。

ホモサピエンスがネアンデルタール人を殺した(共生していたと説もある)ように、新しい知的生物の種族が誕生したら人間は滅びるのかなぁ。共生は無理だと思う。AIはシンプルだと思う。人間ほど複雑怪奇ではないのだ。

でもAIにも神の概念が宿るんだろうか。

なにもをあると信じたら、人間はそこに神を見る。石に見る、山に見る、川に見る、海に見る・・・でも神は何も言わない。

とかくおいらの神は無口で性格が悪い。

がむしゃらに人を救おうとする。悲しみや痛みを取り去ろうとする。

自分さえ救えないのに、傲慢な神だ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一点の曇りもない | トップ | 31+35 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。