空に問う。

空が落ちる日まで。

用意周到

2017-06-19 21:18:34 | 日記
政治・芸能が絡んだ場合、偶然は必ず必然である。

今日は案の定、北朝鮮はミサイルを打たなかった笑。打診したけど断られたりしてね。

だから違う寸法に出た。

一転して軽く謝罪。まああんな言い分は筋が通らないから無意味なんだけど、やっぱりマスコミは政権の威力の飲み込まれていて、これ以上世論を煽る気もなさそう。

で、総理の会見直後に速報で森友学園の助成金強制捜査が入る。

なんて都合がいい。

誰に?

それは安倍政権だ笑。

常々、安倍内閣は「国民は新しい情報を与えたたらすぐに忘れる」バカ扱いしてる。

加計学園疑惑にぶつける事件があるとすれば森友学園だ。しかし相殺する力はないだろう。たまたま偶然に岩盤規制をぶち抜くときに知人が運営する学園が名乗りを上げていたとか、総理夫人が関わっていた学園の知人の土地購入で大幅な値引きがなされたととか、忖度と言う便利な言葉を多用することで誤魔化したけど、明らかに総理の意のままに動いたことになる。意思も伝えずに本当に忖度だけで何億、何十億と言う税金が動くことはあるんだろうか。

考えるべきだ。

あるはずはない。

ただ総理と言う国の最高位の権力者のやることに国民の多くが迎合して組伏しただけなんだなァ。おいらは今、社会の外側にいるからこんな茶番がよく見えるだけ・・・なんだ。政治にかまってる暇は国民にはないんだよ。

マスコミの責任は重大だ。安倍政権に加担しているのは事実。こんなマスコミは本当にゴミだから要らない。監視する役目を放棄してる・・・。

国民の不安ねぇ・・・。ないんじゃないのかなぁ?こんなに浮かれポンチなんだから・・・。

こんなお粗末な内閣って今までないよね・・・。

世論を無視して熱狂を煽る。あんまし某国のかつての独裁者に似てるやり方。それも上手くは言ってないけど。

たぶん加計学園の話の落としどころは、岩盤規制を打ち砕いたが県民、市民の反対もあって、いろいろ審査会が健闘した結果、今治市に加計学園絡みの獣医学部が出来ないということだろう。今のうちに手を引けば加計学園もマイナスの評判や負の遺産を抱える必要はない。総理と加計さんとの話で決まったことなんだろう。だから少しだけ謝ってみたって事だろう。

他の案件で、違法でなく、加計学園に出来ることを確約したんだと思う笑。

もう裏が見えるよね。

これでも見えないって人が大半なら、この国は本当に終わりの始まりを一歩踏んだことになる。

そういう記念すべき日かも知れない。

ただ残念だなァ・・・まだノラ神主にからんだ奇跡はつづくと云うことだ。

悪夢だなァ笑。

時空を超えて現れた「樽」も意味はなかったよう。

こんなスペクタルなら要らないや。

もう自分を絶対的に幸福にする奇跡でもない限り、神にも仏にも傅く気はない笑。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩盤規制 | トップ | お抱え記者 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。