空に問う。

空に問うても果てがない

一点の曇りもない

2017-07-11 09:53:43 | 日記
最近よく政治家さんからよく訊いた。一点の曇りもない。

しゃべってるオッサンらが曇ってるのによく自信もって言えるもんだ。

正々堂々と嘘をつくためにオッサンらは政治家になり、大臣になり、総理になった。安倍人脈って出てくるたびに思うけどとても胡散臭いメンツ。単に趣味が悪い。どこまでも悪い。ナイトメア。

国内で豪雨被災受けてる国民がいるのに外遊を愉しんでる。ああいう無神経な人しかなれないのが政治家なんだろうね。

一点の曇りもなくても、人は蔑まされるし、憎まれるし、呪われる。

バカ父が痩せてても体調が回復してる。おいらは真っ逆さまに落ちてデザイア。

命の交換やエネルギー補填ってあるのかなぁ。

ノラ神主のとこみたいに一子相伝引き継ぐ系のキツネちゃんとか要らないんだけど。まだキツ
ネならいいけどさ。

お腹はまだ下がってる。

ただ思うのは、下村さんが上申書を偽装してまで元秘書を犯罪者に仕立て上げたりしたことの方が献金疑惑よりも怖いんだけど。そういう闇の住人が社会の表舞台を堂々と歩いてる・・・。

昨日はまた家族からあらぬ罪を掛けられる。なんでさ、とっさに思いついたことを口にするんだろうか。それが相手を傷つけるなんて考えもしないんだろうか。ちゃんと闘わなかったから心が折れてるまんまなんだろうか。家の中に知的障がい者並みのバケモノがいるからかなぁ・・・。どうもこのバカ両親は、自分らがダメなことさえも人のせい、おいらのせいにしてる。

おいらはさ、誰のせいにも出来ないで、何とか元に戻そうと必死なんだけど。

でもさ、どんな親だろうと大事にしない奴は愚か者だって。

運が悪いのはそのせいだって。

誰がそんなこと決めたんだろう。

嫌いなんだな。

親が絶対っていう儒教とか仏教の教え。

虐待された子はそれでも親を愛さないといけないのな。大好きな親のために我慢してんのに・・・そういう子は出自も呪わずにずっと我慢しなきゃいけないのかなぁ。

それなら愚か者でいいわ。死んでもそれは譲らない。日本の儒教的な考え方ってさぁ・・・親に都合がいいように、天子や権力者に都合がいいように出来て着るだけ。尊敬する部分もまるでないのに敬う気持ちが育つはずはない。たぶんおいらの運の悪さは親をいたわらないからではない。いつのまにか、自分の中から自分が消えてしまったせいだ。薄まった自分のせいだ。

何もかもおいらのせいだ。このバカ親再教育も出来なかった。バカのまんま、世の中の嫌なことを受け入れられずに死んでしまう。

もう消えたいなぁ。嫌なモノ全部連れ去って。

政治事もいいや。西の方と繋がっていてもいいや。どうせいつかは終わるんだ・・・。

おいらには一点の輝きもない、そんな空しか広がってない。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改めて | トップ | 神だったりして。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事