空に問う。

空が落ちる日まで。

議長の権限で、ゴリ押しするか。

2017-08-10 11:36:29 | 日記
8月下旬の加計学園獣医学部の認可は保留される模様。今治市議もワイロ疑惑で訴訟を起こされているし、建設など不鮮明になってきているから、審議会としてはここで承認して自分らが叩かれるのはイヤだもんね。

そしたら、加計学園は経営破たんするのかな?

そしたら、加計さんはあることないことぶちまけるかなぁ?

元々「平成30年3月開学」という条件が、加計学園の懐に関係がある話に偶然重なる。借入金の返済が始まるのは平成30年からなんだと報道されていた。

友だちに面目が立たない安倍さんは、議長権限でゴリ押ししそうだよね。

いろんな大臣、政治家、官僚など巻き込んだロッキード事件以上の総理が絡んだ犯罪行為が立証されたりしてね。安倍さんは直接指示しないし、汚れ仕事をしないと思う。部下や側近に命じて自身は何もしない。たぶんそういうやり方に怒り心頭な方々がたくさんいるんじゃないかと思う。

でもいちばん気の毒なのは今治市民。学園都市構想という地方活性の一大プロジェクトが「獣医学部なら協力してもいい」という我儘な学園側の意向を受けて15年も、新設が極めて難しい獣医学部に限定して、県も市もプロジェクトを進めていたという現実。どのくらい無駄に予算が使われ、どれくらい税金がプールされたんだろう。100億規模のプロジェクトなら他に新設が容易い学部の新設を考えてくれる他の学園もあったと思う。


なんでも獣医学部新設に伴う第一回シンポジュウムが開かれた。そこでの発言だが、結婚して今治市に越してきた獣医師の資格を持つ方の辛辣な意見で「今治市には獣医師の仕事がない」と言われた。公的な獣医師も人数が限られていてすでに定員はいっぱいなんだとか・・・。何のための獣医学部新設なんだか。水際対策とは何なのか加戸元知事に説明して欲しいなぁ。予防や準備は大切だけど、予防や準備は金になるから利権が発生する。

ヒアリにしてもそうなんだ。台湾や上海ですでに問題化していたのに何故いま安倍政権が混乱する中で公表されたのか。ヒアリの被害が報告もされていないのにだ。

突然の松井一代さんの離婚暴動に、今度はだいぶたったのに乙武さんの訴訟。元speedの今井絵理子の不倫騒動も政治家のスキャンダルと云うよりも芸能人スキャンダルで終わってる。なんか目くらましが多すぎるんだな・・・。

連邦さんの代表辞任のタイミングの悪さも意図的なんだよね。自民党に都合がいい展開ばかりが都合よく起こってる。

こういうときは人為的な介在があると見るのが「普通」なんだけど、あんまり大掛かりで現実味がないのもまた事実かな。

まあ教育機関の破たんだから財政支援が行われるんだろう。今はそっちに必死なのかも知れないなァ・・・。

しかし今治市の情報公開しない姿勢は疑惑を更に助長してる。

中央政府から目をつけられると地方自治としては痛いだろうが、今治市民のためにも不正があるなら糺すべきではないのかなぁ?

まっ、すべては安倍さんや加計さんの恣意的な策略が実を結んだ結果なんだけど・・・。

まあアホな国民も”ご祝儀”支持は辞めて、どんどん支持率下げましょう。受け皿がないから自民党を選ぶという考え方は実に正しくない。選挙ではないんだから空気を読まないで、支持政党がないのなら「ない」と答えるべきだ。だって自民支持率ほど自民党員がいるわけじゃない。空気を読んでる連中が正しい判断をしないから、国がマトモに機能しないんだ。

驕りがあると滞る。

実際に北にいいように言われてもちゃんとしたリーダーシップも発揮できないでしょ?戦争したくても、今回のミサイル実験も先に通告して行われる実験みたく北がしてる以上は、攻撃も出来ないし。かりに攻撃して万が一日本国民に被害者が出れば安倍さんは最悪の宰相として記録されるからできやしないんだ。

戦争など「ない」と言うのが前提で日本の右派は動いてる。「ある」かもしれないと今現実に「なに」モノに対して議論することで扇動するのは嫌いだなァ。今騒いでる極右の先祖は戦前の権力者だったりする。あの頃の権力が恋しい人たちのために歪曲して憲法改正を叫ぶのはいかがなものかと思う。

まあ菅さんが言うよりも、今の自民党や極右は恋々と過去に地位にしがみ付いてるだけなんだよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北のバカ2 | トップ | 劇場型実験 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。