空に問う。

空が落ちる日まで。

国籍

2017-07-12 14:49:48 | 日記
二重国籍問題解決のために蓮舫さんが戸籍を公開した。

でもそんな自虐的な行為に同情はすれど、党首としての信用度があがるのかと言われると違うよとしか言いようがない。

とにかく消費税増税で政権を売った野田さんが幹事長では印象悪いよ。まだ安倍さんが正当に見える・・・。

いまはいったん下がった方が蓮舫さんのためだと思うなァ。人生を晒しても得られるものなんて少ないんだから。日本人は被差別に対する認識は薄いけど、なかなかね、うまく整合性が出来ないんだよ。

”クールビズ”みたいな代表作が”一番じゃないとダメですか”なんだから・・・ずっと二番手のイメージがあるんだよね。

安倍さんなら「印象操作だ」と言いそうだけど今は映像がどこでも拾えるからね。

安倍さんの被災地訪問もしない。もう扱いたくないんだろうねテレビも政治ネタ。

おいらはミスタ田崎が消えることを願うけど、誰かこの人がヤバいことしてる情報とか持ってないんだろうか、ねぇ?安倍さんにたかってる音声データとか。逆に裏切ったら公表されるとかなのかなぁ???

トランプさんももうじき終わりそう。そしたら安倍さんの利用価値ゼロだし、安保を悪用されるね、アメリカに。

安倍さんは天命を受けたんじゃなくて、風に吹かれていただけだった。

まあこんだけ鉄壁だった政権も珍しかったけど、最終的に人柄が信用できないという理由で崩れ去るんだと思うと、日本ではもう英雄譚は生れそうにない気がする。キムタクは仲間を無視して省かれたけど、安倍さんは友達を想い過ぎて省かれる。皮肉な結果だ。

閉会中審査での前愛媛県知事の発言を取り上げないのはおかしいと三原じゅん子さんなどが意見していたけど、あれほど日本会議にずぶずぶの人の意見を登用したら、それこそマズいでしょ?結局はどんな部分にも日本会議の影響が感じられるから、安倍さんも批判の対象になってる部分がある。日本人は潜在的に”新興宗教”っぽい信仰や思想にアレルギーがある。

今以上に、戦前ー治安維持法ー自由主義ー国家神道・・・など繋がってくと、せっかくパワースポット化で復調をきたしてる神社神道に宗教としての未来はなくなってしまうぞ。しょせん現代人は神社神道に現世ご利益しか求めていないんだから、願いや良い出会いがなければブームの信心はすぐに廃れる。

だから神道系はもう一度日本会議から分離して、元の団体に戻ればいいんじゃないのかなぁ。たぶん思想を背景にした「神道系の」学校の設立など神道系の方々は望んでいなかったんじゃないのかなぁ。だってバリバリの神道系ならあの場所に神社と学校を建立しないでしょう。

権力の復古が極右の方々との共通理念なんだろうが、神道系は神道系で訴えた方が日本人の心に響くんじゃないのかなぁ?信仰の自由がある以上は国教化は無理だよ。だから憲法を書き換えたいってことなら、国民投票では反対が増えるだけ。

仕える方と詣る方の溝が見えたら、誰も神社に行かなくなるよ。武神としての神を必要としている日本人は多くないと思うから・・・。それならおいらもまだ神道を信じることが出来る。

しかし神道ー右翼って構図が浮き彫りになると・・・ね。宗教的には命取りになりかねない。

現に今おいらは宮形を捨てようか算段してるところだし・・・。

祟るのも神、救うのも神ならプラマイゼロなんでいいんだけど、いちだって救う力より祟る力が勝ってる。それが辛い。

おいらが正しいならノラ神主は死んで当然。いろんな人を私怨で呪っただけだから。でも奴は死んでないし、未だに地位に恋々としがみ付いてるし、それを許すバカがいる。

なら、正しくないのはおいらってことになる。神官と言う身分だけで優れてると言うのなら、おいらは神社神道を否定するしかない。

呪う方が正しいなら、そんな神は要らない。

おいらはこの目で、おいらが正しいことを、おいらの力ではなく、自然に起こることを目撃するまで、神とは無縁と思うことにする。

安倍さんも悪い夢から覚めて、幸せになりなさいね。

まだ間に合う。

落選選挙される前に。もうそいういう意見はネットに蔓延してるぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神と執着 | トップ | お助け »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。