空に問う

流るるまま・・・で行こう

うえぃ

2016-10-12 21:06:34 | 日記
カープ勝った。

日ハム勝った。

共に三連戦ホームで勝てぇ・・・・。

と久しぶりに燃えた。

いまザ・仰天ニュースで桶川ストーカー事件の杜撰な警察の対応をやってる。勝手に告訴状を取り下げたり・・・・本当に腐ってるよね。

この警官らちゃんと処罰されたんだろうか。

最初はマスコミも被害者女性をさんざん叩いたんだよね。水商売しているふしだらな女子大生とか。記者会見も薄ら笑い出し、本当に気持ちが悪い。プラダのカバンとグッチの時計くらい普通だろうに。マスコミも悪いんだ。だから今更って感じもする。

風俗嬢のB級事件ってなんだ。

だからついつい地元の未解決事件の犯人検挙が出来のないもの・・・身内の不都合隠しみたいに思う時があるんだよね。ちゃんと生徒を除く、大学関係者に当たったのかなぁ・・・・って。県立大学だから身内だもん。警察不可侵の聖域ではあるんだけど、学生なんだから犯人が身近にいてもおかしくない。

その年に元●●●の人も行方不明になった。釣りしてたみたいで車だけが残されていた。不自然だよね。

おいらは偶然を信じない。

それきりその人の話は聞かないなぁ・・・・。釣りしてる最中に亡くなったら遺体は上がるはずだし。でも別にこの人が犯人だと思う訳ではないのだ。ある接点があるんだよね・・・・。無●者を放置してる。

出来過ぎてる証言や証人がテレビに出た。で、その人は無●者のところに出入りしてる人だった・・・。

事件の構図は簡単な者。殺すつもりはなかったけど殺めてしまった。

その後処理の段階で、猟奇殺人に見立てるために加工したんではないか。でもその中にサイコというか、そういうのが紛れ込んでいたんじゃないのかなぁ・・・。

行方不明のまま事件は未解決と思っていたら、遺体は広島県境の山で見つかった。本来見つかるはずはないような山深い場所。もうすぐ雪に覆われてしまう。たぶん被害者女性の無念が遺体発見につながったんだと思う。

その年最後のキノコ狩りに出た人が、自分しか知らないキノコの山場に出掛けて不運にも見つかった。運よくだろうか・・・・。

この事件では2パターンあるんだよね。霊的なものと、組み立てていると出来てしまう想像と。出来てしまう想像の方は犯人ありきで考えているからダメだな。警察が良く用いるパターンだ。

桶川の事件を改めて見直すと、犯罪に対する想像力が警察側に欠如しているんだと思う。結果論でしかないけど告訴を取り上げていたら、殺人に至る可能性は限りなく低かったとは思う。でも警察に殺されたと遺族が訴えるのは当然だよね。違法な行為が存在したんだから。

実はあるところで、その被害者の霊を見たことがある。ある人が店に訪れる前に淡く薄い人影を見てる。それは事件後に報道された監視カメラの映像の彼女ではなく、大学入学前に実家で撮られた家で飼い犬と映ってる写真・・・・。後日報道番組で観てビックリした。

でも霊感じゃなぁ・・・。決め手となる証拠なんてないし。今はどこにいるんだろう???

だから死体遺棄事件が起こると、ついまさか「あの男」ではないかと思ってしまう。

たとえ話だけど法学部出身ならば法律、犯罪学に興味があっていいけれど・・・畑違いのキャリアの人が”●●国の戦前戦中の犯罪”や”特殊祭祀”を研究するのはどうなんだろうと思った。おいらみたいな個性的な人には視えなかった。たぶん人ごみに紛れたら二度と見失うような人だったな。

でも霊の重さというよりも、ずっしりと重い人の体重が肩にのしかかってきたようで一瞬記憶が遠のきそうになった。酸欠状態や一酸化炭素を吸った人がいうような肩の重みを感じたような。

あとにも先にもあんな経験は始めてだ。お水時代にたくさんの元受刑者を見てきたけど、犯罪に駆られる人はなんだか匂いや空気感が甘い。事故死となっているが・・・ってなこともあったなぁ。もう20年以上前だけど。枯れ落ち葉、腐葉土の匂い。甘くほの暗い匂い・・・がした。

二度と来なかったけど。

気が付いたこと、気が付かれてる感じってわかるかなぁ・・・恐怖だ。1か月くらいは周囲をチェックしたなぁ・・・・。あれは未だに何だったのか不思議でならない体験。

もうあんなの感じたくない。

早く犯人捕まえてよ・・・・。怖いから・・・・。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残業 | トップ | 連動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。