空に問う

流るるまま・・・で行こう

ケガの功名

2016-10-19 13:38:32 | 日記
半年のダイエットの成果は姉が9キロ、おいらがマイナス18キロ。

で痩せてどうなったかと言えば、おいらの場合はまだ充分にメタボなのですが、姉はまるで別人。

まあ、痩せた姉を見て=ヤバい病気ってカン違いが起こったから、疎遠だった親戚とも少し仲良くなれた。

一気に痩せたので顔色も悪かったせいで「死人の顔をしてた」と言われたらしい。

おいらは躰の厚みがなくなった。だから横から見ないと分からないのだ。

こういうのも、怪我の功名の仲間に入れていいのかなぁ。

親戚のオッサンだから悪く言えないけど、正々堂々と不法投棄するの辞めてくれないかなぁ・・・。道路端の公衆の面前でごみを下の元畑に捨てている。本当に非常識なオッサン。玄関の前に古いタンスが置かれてて素直にシールでも貼って資源ごみにでも出すのかと思っていたら、タンスを壊し細切れにし、やっぱり不法投棄していた・・・・。

ゴミを捨てるとなんでか我が家に土地神の怒りが来るので、もういい加減に警察にでも電話しようかと思うよね。

町内会でも、それを指摘されたら逆切れしたらしい。しまいには我が家が隣の空き地を不法に使用してるとかまで言い出した。腐っても親戚だろ?身内売るな。

で、市から借りて賃料を払ってるのが分かっても謝罪しなかった。父の方の親戚はだいたいこんな人ばかりで常識がなく無礼である。

まあ、ここ最近二回ほど投棄現場を目撃したけど、さしあたっての被害はない。悪いことしたもんにバチが当たるのはしょうがない話。おいらたちがやんわり抗議しても無駄なのです。

でもまあ一度や二度の怪我くらいで身に染みるようなタイプじゃないけど。まあやったもんにバチが当たるのに介入するのはもうやめたので、どうぞご勝手にと言う感じです。

そもそもなんでこんな変わりモノばかり揃った家系なんだろうか・・・・。ちなみにおいらの家の家紋は変わっていて、何種類もの家紋を切り張りしたようなヘンテコな家紋。普通苗字で考えると、葵系なんだけど。

なんでもこの恥ずかしい家紋は、不法投棄オッサンの祖父さんが考え出したもので、それを格好いいと思ったおいらのひい爺さんが「ワシもこれにする」と決めたものらしい。まあ一般庶民に家紋文化が拡がったのは明治時代以降の事だから、それに祟りも障りもある話ではないが、実に恰好が悪い。こういうアンチでアウトロー的なことには熱心なくせに、スタンダードを重んじるとか、そういう気質はないらしい。

まあほとんど中卒で漁師をやってるから、こんなものなのかもしれない。しかし親は共に立派な人物だったらしいけど、隔世遺伝でバカな祖父さんらの気質を継いだのかも知れない。

しかし本家はグレートに不幸ばかりが続いてる。奇病に突然死、事故死、海難死・・・。まあ国道を拡張する際に人骨がゴロゴロ出てくるような昔の刑場に近い場所だから、そんな祟りもあるのかなぁ・・・。

怖い話だけど、処刑後に土に埋めたんではなくて、砂浜に埋めて腐らせて骨にしたなんて話も訊いたことがある。会談のホラ話と思っていたけど、実際そのあたりは元砂浜だし、寺も密集しているので、まんざらではないのかと思う。

まあほとんど近寄らないけどね。

でもさすがに三人連続死の話を訊いたときは、恐怖に慄いた。でも「祟りだろうか・・・」なんてひそひそ話も出ないんで、さすがバカ一族って思った。

バカさ加減に関しては母の親戚よりも数倍上だから、問題の多くは父のルーツにあると思い込んでいた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銭ゲバ | トップ | 豊かな国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。