空に問う。

空が落ちる日まで。

似た事件

2016-12-24 13:04:12 | 日記
今回、地元で起こった殺人事件が具体化したのは不明の女性が遺体で発見されたから・・・。もし一日早く遺体遺棄現場が降雪に覆われていたら、キノコ採り名人の伯父さんは轢断された頭部が発見されたキノコの穴場には行かなかっただろう。

警察も家出、誘拐の両方で捜査をしていたけど、人がひとり行方をくらませても探しようがないのが現実だろう。若い女性と言うこともあって、不倫の挙句に男と逃げたとか、最初はそんな噂話だった・・・。

まあ例えば・・・遺体が発見されていなければ事件化されず、今も行方不明事件として風化していたかもしれない。その発見現場である山にはクマや猛禽類が多数生息しているので、遺体は発見されないままだったかも入れない。

まあ、どの道・・・当時の性犯罪者を対象に捜査をすれば、犯人に至ったかもしれないけど、その確率は低かっただろう。母親と事故死した可哀そうな青年・・・そんなイメージだったかもしれない。

ヤフーニュースを見ていたら、福岡県久留米市の女性不明事件が載っていた。不明から3か月。友人が帰宅した後から一切の行方が分からない。捜査員も70人程度と言う事は、地元の最初の初動捜査と同じくらいの人員かなぁ・・・。

まあ・・・どのくらいいるんだろうね・・・もし犯罪だったら、こんな卑劣な犯人。

九州も、熊本地震があったり、阿蘇山が噴火したり、やたら自称霊能者系が鎮魂するとかやっていたから、あちら側が相当騒がしい状態なんだと思う。自然現象だから、人間の祈りだけでは止めようがないのに、どうしても人間はそういう非科学的な現実に目を向けて、宗教儀式をしたがる。

昔みたいに人々がもっと神仏に対して恐れや敬う気持ちを持っていた頃なら、何とかなったのかもしれないけど・・・・。敗戦後の日本では宗教家のエゴと利潤だけが具現化され、神仏は姿を隠してるんじゃないかと思う。今の日本人がどんなに祈っても神に祈りは届かない。ただざわつかせるだけだ。

行方不明の女性もどこかで元気で暮らしているといいなぁ・・・。希望的観測だけど。

せめてこういう事件だけはなくなるといい。

目に視える毒・・・・あると思うんだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリびっち | トップ | ネットストーカー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。