空に問う。

空が落ちる日まで。

世も末

2017-06-15 09:58:52 | 日記
安倍政権を見てると、ハルマゲドン的な世紀末を思う。

今回の”共謀罪”の強行裁決はさすがに呆れる。公明党のため?

なんか違う。

たぶんすでに国民のことは手中にあると思ってる。まずは東京都議選で是非とも無党派層の方々の反乱を期待したいなぁ。

加計学園の件で内閣府の調査・・・。”そんな発言はしていないが誤解を招くような印象を与えてしまったのかも知れないが、総理からの指示ではない”で終わりかなぁ。

そんなもんで納得しちゃいけないと思うんだ。

しかし・・・ヤフーの意識調査を見ると、共謀罪の説明が十分になされたって思う人が結構多い。まさか「共謀罪がないとオリンピックが出来ない」というアホ総理の言い分を信じてるのか。それとも”私は善良な人間だから”捜査対象にならないと思う人が多いのか。あんな法が出来たら、Twitterだって監視され政治的批判をすると監視される恐れがあると言うのに・・・。

いちばん狙われるのは善良だと信じてるネット民だったりするのに・・・ほんまアホやなぁ笑。基本、人間は金や権力を持たせると変わってしまう。そしておいらには善良に思ってる人の気持ちが分からない。そう思うと何も知らずに生まれて恋して死ぬ人がやたら多いんだと思う。

しかしそんな世の中が確立されたのは”共謀罪”など人権を無視する法を成立させないために先達が頑張って抵抗したからなんだよね。戦争を知らない子供たちの孫やひ孫世代には安倍さんがヒーローに視えるのかなぁ?最近の安倍さんは何か亡霊のようなものに取り憑かれてて吐き気がするほど気持ちが悪い。

土地の霊力の反作用と言うんだろうか・・・。良くないモノに取り憑かれてて、それを支える猛者どもが脇を固めてる。

このパターンって日本に暗黒を齎す暗示なのではないのかなぁ。今ある天皇制は70年。その前は80年。

とにかく”神”を増やし過ぎたせいだろう。維新の亡霊が今一度、日本を破滅へと追いやってる気がする。

公明党も道ずれなんだろうなァ・・・。

正しく・・・ない。

野党一等である民進党は二重国籍が判明した時点で蓮舫を代表から落とせば良かったし、元ドジョウ総理を日の本に晒すのは少し早すぎたのかも知れない。先に茶番を正当化したのは民進党だから国民から見ると「お前らが言うな」って思ってしまうのだ。自民も悪いが、腰抜けばかりの民進党が始末が悪い・・・。

と、そういう方向に引っ張ろうとする企みもあるような気がする。

おいらは”罪を裁いて人を裁かず”の方の人間だから、どう考えても友人に有利に働くように法を悪用した安倍さんを許せないかなぁ?でも安倍さんがサイコでも独裁者でも、その人間性は否定しないけどね。

オリンピックを利用した政治手法・・・思い出すのはヒットラーなんだよね。髭はないけど雰囲気は似てきた気がする。

・・それよりも、やっぱりある人物とヘンな繋がりが出来ていて連動してるようだ。おいらの空想に引っ張られるように・・状況が動いてる。

本来、あり得ない出来事が起こってる。現実のおいらは疲弊してて摩耗してるのに、空想側のおいらは確実に力を発揮してる。なんだろうなぁ・・この感じ?って。また精神的な部分を汚染され乗っ取られているんだろうか・・。

あと例の父の家族アルバムだけど、あれは見つけてはいけないモノだったよう。処分するしかなかったんだろう。

昨日はもうラップ音半端なくて、部屋中に数名いて、圧迫感を感じてしまった。もう恐い。

そうだ。

父を生かすためには、血縁の誰かが死ななきゃいけない。もう直系ではおいらしかいない。

たぶんあの祖母のことだ。


孫が死んでも81の息子が生きながらえればそれでいいんだろう笑。

おいらはもう自分では死ねないから、さっさと祟って呪い殺せよ。

半端なんだよ、クソ先祖。

殺さないなら、力の源であるアルバム焼くぞ、ボケぇ。

死んでんだからもう手を引け。

自然の摂理に逆らって、生きるほどの価値は父にはない。

まあおいらから命をこっそり奪っても生きたいという父の本音に呼応してキツネ婆さんがおいらに攻撃してくる感じかなぁ・・。

ああ、遠縁の拝み屋のおばさん、助けてください。もう鎮めてください。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戻すのか・・・時計の針。 | トップ | 共謀罪<加計学園 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。