空に問う。

空が落ちる日まで。

胸に染みる

2017-08-05 19:51:34 | 日記
戦後生まれって今の72歳以下だよね。70過ぎと言えばよい歳だし孫もいるし、ある意味幸せかもしれない。

いったいどれくらいたつと子供は戦争を忘れてしまうんだろか?

戦争を知らない子供たち。

今年生まれた子供から72歳まで・・・・。おいらもバカ安倍総理も戦争を知らない。

なのにこの人はまるでかつての大戦を知ってる風に話す。それだけでもこのひとは歴史を語ってはいけないと思う。

明日は広島で何を話すんだろう。

東アジアの危機について話すのか。

「帰れ」コールでも起こるといいな。

原爆祈念日いちばんふさわしくない総理。原爆祈念公園は戦争の傷跡で、平和を恒久的に祈る場所なのに。

今の右派は本質を忘れて、ただ戦前や戦争や思想や、あんなくだらない時代を美化してる。戦争なら人は死ぬ。また人が人を殺しても唯一罪に問われない。人が人のために殺し合うと罪なのに、国ために人を殺しても英雄と褒められる。

戦争が出来る状態に戻したい。

極端ではあるが、今の改憲派はそんな危険な感じがする。

確か北に名指しで総理は非難されたけど、それでも北にパイプがあって訪朝できるという。なんかおかしな話だよね。矛盾してる。そんなに太いパイプがあるなら水面下で拉致被害者を救済すればいいのに。自分の人気回復のためなら「脅威」である隣国さえ利用する。

腐ってないか・・・この男。

自分の得やすい状況を作り上げるために、同じような「岩盤規制」を嫌う連中を集めた諮問機関。そういう人たちの目に届きやすいように、理由をつけやすい「今治市」と「獣医学部」を用意しておく。総理が指令や命令を下さなくても何個目かには人の目に触れる。

ただそれを待つ。でもなかなか目に留まらないし、告示されていて簡単に破れそうもない規制。しかし学園側には猶予がない。財政破綻寸前だ。だからもっと目に付くようにランクを上げる。

取り上げてくれたならあとは簡単だ。岩盤規制と既得権益という何となく国民が疚しいと思う部分を狙う打つ。

その間、ゴルフしたり食事したり、別に語り合わなくてもいい。たぶん数年前には話されていたことだろうし。

でも森友学園の疑惑が出て、加計学園の話も出てきた。最初国会で福島瑞穂さんがこの件を総理に質問した時「名誉棄損ですよ」と過剰な反応をした。森友の時でもそうだけど真髄をつかれるとこの人は激昂する。普通にできない。

違法じゃない。すべて合法だ。そう思っていても不意を突かれると思わず焦ってしまう。

週刊誌のゴシップごとき簡単に流さばいいのに、小ばかにされたと焦ってしまう。

「こんな人たちに負けるわけにはいかないんですよ」

「すべては私の責任である」

「任命責任は私にある」

かつて責任はすべて私にあると口癖だった東条英機と同じように話す。

内閣改造以降の安倍さんは謝罪などしていないぞ。言い逃れしているだけ。そして恋々と地位にしがみ付いているだけ。マトモな人間なら萩生田さんと杉田内閣官房副長官は外すだろう。前川さんを軽く脅した男だぞ・・・杉田って。72歳・・・この男も戦争を知らない子供だ。

この男がいる限り官僚は戦々恐々だろう・・・。公安を使ってどんなスキャンダルを握られるのか分からないから・・・。悪しかない人心掌握術だ。

戦争の悲劇を繰り返したい男が、世界最大の悲劇の地である広島で何を語るんだろう。騙ることは出来ても語ることは出来まい。

おいら人を見る目だけはある。自分は見つけてもらえないけど笑。

この人の本質はゼロもしくは真っ白で、何もない。

空っぽだ。

菅さんもバカだから、安倍夫人付きの秘書を5人から3人に減らしたという。むしろゼロにすべきじゃないのかなぁ・・・。金持ちなんだからガードマンでも自費で雇え。政策秘書を自費で雇え。そしたら数人の雇用が生まれるぞ。バカ菅にバカ夫婦。

減らしたからどうだって意気込みがすでに一般常識とズレてる。この”ズレ”た感覚が国民に理解されないと嘆く。バカじゃん。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死亡消費税 | トップ | 危険人物 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。