Monkeyな日々

私、monkeyのたわいも無い独り言日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近況を報告 その3

 | グルメ
県議会議員の秘書

会社の事業が上手くいかなかった責任を取らされる形で、地元の県議会議員の秘書になった。

ある日突然社長室に呼ばれ、こう言われた「お前は最悪な人間だ、いつクビになってもおかしくない」

意味が分からなかった。しかし、例の太鼓持ちが社長にある事ない事吹き込んでいた。

そして「俺の言う事をおとなしく聞けば、雇ってやってもいい」と言われた。

それが県議事務所へ行って秘書をやれという事だった。

今までの顧客や、部下へのあいさつも許されず、いきなり異動を命じられた。

後になって聞いたのだが、社長は「あいつが自ら望んで秘書になったんだ」と周りに言いふらしてたそうだ。

秘書になってすぐに、衆議院議員選挙が控えていた。

県議の秘書をしながら、衆議院議員の選挙の手伝いをやっていた。

異動を命じられる時は、さんざん人格を否定されまくったので、会社の人間や社長と顔を合わせなくて良いのは嬉しかった。

しかも、衆院選で知り合った人はみんな優しくて、少しずつ自分を取り戻していった。

しかし、ある日最悪な事が起こった。

衆院選も終わったある日、県議がホテルのパーティーに行くというので、送って行った。

帰りはメールするから、メールが来てから事務所を出てきていいよと言われたのでメールを待っていた。

すると、2時間後にメールが来たので、すぐに向かいますと返事をして、ホテルへ向かった。

迎えに行く途中、県議が走って車の方にやってきたのが見えたのであわてて車を停めた。

ものすごいどなり声で「貴様!降りてこいや!」と怒鳴ってる。

意味が分からず、話を聞くと「俺がメールしたのになんですぐ来なかったのか」ということらしい。

調べてみると、県議がメールを送ってから、こっちのケータイに届くまでなぜか30分以上かかっていた。

多分電波状況とかの問題なんだろうけど、酒臭い県議はいきなり胸倉を掴んできた

ネクタイを握ったままこぶしで顔を何度か殴られた。

頭にきたので、止めてくれと言うと流石に不味いと思ったのか手をとめた。

はっきり言って傷害だ。よく議員なんかになれたもんだなと思ったが、とりあえず事務所に戻って話をした。

2時間ほど説教され、謝罪を強要された。

よっぽど殴り返そうかとも思ったけど、家族のことを考えると、頭を下げるしかなかった。

あまりにひどいので、嫁さんに仕事を辞めたいと話したら「は?生活はどうすると?」と言われた。

その時に思い知った。もう自分は、自分の感情とか、やりたい事とか、楽しみとかを考えちゃいけないんだなと。

家族の為にお金を運んで、家族が嫌がる事は持ち込まず、許された範囲の中で自分の事を考えるしかないと。

子供はかわいい、嫁も好きだった。でも、自分の中でその瞬間何らかの境界線が引かれた感じがした。

ある日、本社の太鼓持ちから呼び出された。

会社の状況が厳しいので、会社の事業に直接関係しない秘書の給料を満額出すのはキツイんだそうだ。

「給料半分に減らすから。あとで社長から話があると思うけど」と伝えられた。

後日、社長は俺にこう言ってきた。「お前は秘書になっても何にも役に立たんな。人間も腐ったままだ。どんだけ最悪かわからせてやろう」

そう言って、会社の幹部を一人ずつ呼び出して、俺のどこが気に入らないか、どこが悪いのかを直接言わせた。

最後に、「ここまでしてやったのに、お前は全く反省する気配がない。いつでもクビにしてやる」といってきた。

限界だった。「クビにしてください」と社長に伝えた。

すぐに嫁に電話したら「大変やったね。」を言われて、涙が出た。

続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況を報告 その2

 | グルメ
県北衛生社 時代

地元の佐世保市に帰ることになった。

母方の親戚が佐世保の会社役員をしていて、どうしても若手の大卒が必要だという事で頼み込まれ

結局お世話になる事にした。実はその時、名字を「松尾」から「小原」に変更してた。

うちの両親は中学生の時に離婚してて、親父は大学の時に再婚してたんだけど…

母親は再婚した後に、また離婚してたので独り身だった。

母方は実家を継ぐ人間がおらず、年老いた祖父母を母一人でみなければいけなかった。

なので、祖父と養子縁組を行い、戸籍上は母親と姉弟となった。

佐世保での仕事は「廃棄物(ごみ)の営業」

ゴミと行っても色んなものがあって、し尿や汚水、木くず、プラスチック、コンクリートの破片…

それぞれを現場まで見に行って、見積もりを作ったり、回収スケジュールを作ったり…

結構辛かった。体中、し尿の匂いや、腐ったゴミの匂いが染み付いたり…

時には手で触ったりしなければならなかった。一方、家に帰っても大変だった。

嫁は実家の宮崎で出産したんだけど、そのあと佐世保に帰ってきてからは…

周りに友達もいない、初めての子育てで不安がいっぱい。

うちの母親とも衝突したり、家に帰ると暗闇の中で赤ちゃんだいて泣いてた事もあった。

正直、慣れない仕事で、しかも汚れ仕事をやって精神的にキツイ状態の時に

嫁のケアもしなければならないってのが耐えられなかった。

でも、なんとか喧嘩しながらも頑張った。仕事も徐々に管理職になった事もあって楽になってきた。

はずだった。管理職になってからは、社長からの期待が信じられないほど大きくなっていた。

二人目が産まれる頃は営業本部長になっていたんだけど、仕事の忙しさがどんどんひどくなってきてた。

営業の管理はもちろん、社長のゴルフにつきあい、接待によばれ、社内のパソコンの修理も一人で全部やらされ…

社員旅行の企画や手配、添乗や年末の勉強会での講演、新年会の司会、社内規則の策定に、社内システムの入れ替え…

新人教育(よその部署も含めて約20人位)を年2回、社長夫人の送迎、社長の個人的な買い物への付き合い…などなど、数え上げればきりがない位。

そして3人目が産まれる頃、社運をかけたプロジェクトも動き出した。

このプロジェクトは、総工費50億もの一大プロジェクトだった。でも、大きな欠陥があった。

それは、事業計画が嘘だらけで絶対に達成できないような売上の数字が盛り込まれていた事。

収入の半分以上を占める予定だったものが、計画段階で既に地元の佐世保市が無料で処理を始めてしまっていたのだ。

つまり、銀行から融資を受ける時点で、売上の半分以上は嘘の数字で、それを埋める計画も何にもない状態だった。

社運をかけて50億も金を借りて、返せる計画が何にもない。

それを埋める仕事を社長が俺に一任してきた。無理だった。

どうあがいても、そんな方法は見つからなかった。毎日ものすごいプレッシャーに襲われた。

自分が何とかしないと、50億の借金を背負ったまま会社がつぶれてしまう。社員みんなの家族にまで迷惑をかけてしまう。

目の前でお客さんと交渉している、月2,000円とか5,000円とかの仕事が無意味に思えた。

少なくとも月に1億近くは積み上げなきゃいけなかった。

でも、その当時、周りの人間はなぜか安心しきっていた。ちゃんとした計画があるし、担当者もいるからどうにかなる。

あせった俺は、周りの人間に対する言動も、だんだんきつくなっていった。

そして、総務のある人間と対立してしまった。

その人は、典型的な太鼓持ちタイプで、社長に取り入るのが上手で、仕事は一切やらない人間。

女好きで、会社の×1の事務員に手を出そうともしていた。

そんな人間と一緒に仕事するのも嫌で、しかも、50億の事業に関しても、社長からは俺とタッグを組んで取り組んでほしいと言われてたのに…

何度説明しても、どんな資料を渡しても、毎回出てくる言葉は同じ「知りませんでした!大変ですね!」

知ってて理解してるはずの事も、会議の場では「私は一切関与してませんでした」と言い出す始末。

しかも社長はそいつの肩を持ち始め、俺は次第に会社から遠ざけられて行った。

一人で責任を取らされる格好になった。

続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況を報告

 | グルメ
東京時代

大学卒業して、しばらくは楽しかった。

初めてシステムエンジニアの教育を受け、どんどん吸収出来てたし、都会の生活も刺激があった。

徐々におかしくなってきたのは、2年目から。

配属されたプロジェクトの上司は関西からやってきた適当人間。

プログラム書いたり、仕様書作ったりもほぼ丸投げ。相談にも乗ってもらえず苦労した。

その時、自分が担当していたプログラムでエラーが発生。もちろん上司は助けてくれない。

徐々に心が悲鳴を上げてた。それから少ししてプロジェクトが変わった。

次の上司は女性で、面倒見が良い人でした。そこで初めて働く楽しさを味わった。

メンバーにも恵まれて、すごく充実してた。

3年目に入って、またプロジェクトが変わった。今度のリーダーもいい人だったけど…

プロジェクト自体が遅れ気味で、スケジュールが過密だった。

2~3日の出張といわれ、実際は2週間なんて当たり前だった。

そのタイミングで結婚する事になって、正直頭の中はパニックだった。

夜は眠れなくなって、日中は集中力がなくなり…過食症が出だした。

毎日スナック菓子を2000円分位食べて、すぐ吐いてを繰り返した。

イライラしたら自分の太ももを殴ったり、お腹を殴ったりしてアザだらけだった。

病院に行ったところ俗に言う「うつ病」と言われ…仕事も休んだりした。

救ってくれたのは「グラバカ」だった。中野にある総合格闘技のジム。

トレーニングしてる時は、何もかも忘れる事が出来た。

週2~3でトレーニングして、土曜日はジョギング、筋トレ。

とにかく身体を動かして汗をかいた。おかげで結婚式当日は一番搾りこんだ身体で迎える事が出来た。

精神的にも安定してきて、薬も飲む量が減ってきた。

しばらくすると、妊娠がわかったので、地元長崎に戻って暮らすことになった。

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日坊主どころか

 | グルメ
早速、2日目からブログを更新しませんでした。

まぁ、そんなもんですね…

とはいえ、本日更新をした事により…2日に1回のペースが確立されたのですよ。

人間、36年も生きてくれば何らかの建前が必要になってくるもんです。

さぁ、気を取り直して。

本日は、一日中ずーっと事務所にこもりっきりで、書類作成していました。

そんな中、頭の中で気になっていたことが一つ。

井上和香の結婚。


普段は全く気にならないのに…いざ結婚の話を聞くと、意外に好きだったことに気がつく。

そういうのって、「好き」に入るのか、入らないのか…


…どっちでもいいけどね。以上。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活動再開!!

 | 日記
またまた、活動再開します。

本当に三日坊主なので…

今度は、1週間を目標に頑張ってみます。

さて、近況報告ですが。。。


仕事量も、家族も、体重もしっかり増えてます!

増えないのはお小遣いくらいかなぁ。

せめて体重は減らさないと、生命の危機ですからね。


まぁ、ブログとダイエットは気長に続けよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英会話~

 | 日記
えぇっと、昨日は英会話があったんだけど…

あんまりイケてるジョークは言えなかったです。


映画見に行った話とパチンコに負けた話したくらいで終わった


まぁ、来週はもっとスパイスの効いたネタ仕入とかなきゃなぁ。


さてさて、実は来週の日曜日に簿記3級の試験を受けることになってるんだけど…


あぁぁぁあっぁ、全然やる気が出ない~。


今週末は気合入れて勉強するかな


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに!

 | 日記
映画を見ちゃいました。

そう、「This Is It!!」


マイケルかっこよかったなー。


また観に行かなきゃ!


ところで最近、職場で英会話やらされてます。

英語は中途半端に出来るんですが…ほんとに中途半端なのでこれ以上うまくなる気もないし、かといって全く出来ないわけでもない…

うーん。たぶん今後も海外とか行かないしなぁ…

外人の友達も欲しくないし。


しょうがないので、毎回外人講師にアメリカンジョークをかますのが唯一の楽しみになってます。



でも、自分で言いながら全然笑えないんだけどね…




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心機一転!

 | グルメ
えーっと、ずいぶん前に書いてたブログを何となく再開させます

久しぶりすぎて書くこともないけど、まぁのんびりやっていきます。

気合抜いて頑張らないぞ~!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えぇっと…

 | グルメ
2006.11.27

もう誰も見てないかと思うけど…

色々な都合があって、12月いっぱいで退職して九州に帰ることにしました。

このブログも、コレで更新最後にします。

またどっかで気分を変えて新しいブログを始めるかも知れません。

では。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

帰京。

 | グルメ
2006.09.19

福岡から帰って参りました!

自動車学校に行ったときに知り合った友達の結婚式に行ったんですが

いやぁ、やっぱり結婚式っていいですね。

幸せのオーラがにじみ出てました☆

先週の土曜日の夜に福岡について、友達の歯医者さんと二人で飲みに行くつもりが急にドタキャン。。。

どうしたんだろうと思って、連絡したがつながらず…

大変な事になってなきゃいいけど…ちょっと心配です。

それで、またまた急に別な友達に連絡したら一緒に遊んでくれる事に!!

優しいなぁ^^

感謝です♪

福岡の天神で待ち合わせて、まずはもつ鍋屋を予約して時間があったのでそのまま百地までドライブ。

久しぶりにゆっくりと市内を車で回ってると、いろんな建物が出来てたり無くなってたり。

すっごいキョロキョロして田舎者丸出しでした。。。

そうこうしてる間に、時間になったのでもつ鍋を食べに。

大橋にある有名なもつ鍋屋さんで、しゃぶしゃぶ風のもつ鍋と酢もつを頂きました!

最高に美味しかったぁぁぁぁぁぁ!!

また行きたいなぁ。美味いものっていいね。幸せになれる。

食事の後は糸島の海沿いのバーみたいなとこでお茶飲みながらマッタリして

その後は夜の大掘公園を散歩して

なんか色々引きずりまわしてしまった…

落ち込んでるときに話を聞いてくれる友達って大切だなぁって思いました(~▽~@)♪♪♪

翌日は友達の結婚式が11時から始まって、4次会が終わったのが12時30分

ひたすら飲み続けて、結構フラフラでした。台風はもちろん直撃してましたが…

以外にあいてるお店に人っているもんですね。ビックリ。

なんだかんだですっごいストレスが抜けた気がします。

ここ数日、ワガママ聞いてくれて付き合ってくれた人たちアリガト~!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加