プラス思考

竜巻になって、周りを巻き込んで、上昇するのみ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

携挙というもの

2017-06-16 17:32:26 | 神・キリスト・ブッダ のこと
我こそは最初に引き上げられる存在だ。
と公言してる人たちがいますが、私は違うと思うわ。

最初に引き上げられる人たちは12部族だと思うのです。


創世記
17:7わたしはあなた及び後の代々の子孫と契約を立てて、永遠の契約とし、あなたと
後の子孫との神となるであろう。
17:12あなたがたのうちの男子はみな代々、家に生れた者も、また異邦人から銀で買
い取った、あなたの子孫でない者も、生れて八日目に割礼を受けなければならない。

17:13あなたの家に生れた者も、あなたが銀で買い取った者も必ず割礼を受けなけれ
ばならない。こうしてわたしの契約はあなたがたの身にあって永遠の契約となるであ
ろう。
17:14割礼を受けない男子、すなわち前の皮を切らない者はわたしの契約を破るゆ
え、その人は民のうちから断たれるであろう」。

神は
2回も永遠の契約って言ってるの。よほど強調したい所なんだろうなぁと。
この永遠の契約がなんなのか?どういう影響を受けるのか?これこそが答えじゃない
のかしら・・?

黙示録の
7:4 それから私が、印を押された人々の数を聞くと、イスラエルの子孫のあらゆる部
族の者が印を押されていて、十四万四千人であった。
7:5 ユダの部族で印を押された者が一万二千人、ルベンの部族で一万二千人、ガドの
部族で一万二千人、
7:6 アセルの部族で一万二千人、ナフタリの部族で一万二千人、マナセの部族で一万
二千人、
7:7 シメオンの部族で一万二千人、レビの部族で一万二千人、イッサカルの部族で一
万二千人、
7:8 ゼブルンの部族で一万二千人、ヨセフの部族で一万二千人、ベニヤミンの部族で
一万二千人、印を押された者がいた。

神と永遠の契約を結んだ人達の中にこれらの人たちがいるんだと思われます。
割礼こそが契約のしるしだとしたら、ユダヤ教やイスラム教の人たちが濃厚ですね。
当然、彼らの全てが対象ではないです。神の前で正しく過ごしてきた人たちが対象な
のだな。
イエスをキリストだと認めていないにしろ、神の前で正しく。です。

神の国に入るにはイエスの十字架で罪を許されただけじゃダメでしょ。
罪の浄化と共に強い信仰心が求められるべきだと思うわけ。
誰も試練無くしては神の国には行けないと思うのよね。
イサクの燔祭に匹敵するような試練を受けると思うわけ。

それに引き替え眠る場所も学ぶ場所も与えられ、物質に囲まれてぬくぬくと文明に
どっぷりと浸かって育った私たちは
信仰心の試練を受けたのでしょうか?
最後の審判は文字通り最後なのだから、一切の失敗は許されないだろうし、
サタンの行いを根絶させなきゃならないんだから。
半端な信仰心では不充分でしょ。
きっと、それが艱難時代なのだと思うのですよ。

もし、今、この瞬間キリストが再臨したとして、雲の中に引き上げられる?

とりわけユダヤ教の人たちは長い長い迫害の歴史を経験してます。
身を引き裂かれ、命を脅かされるほどの迫害です。
それでも神を信じてきた歴史を持つ一族なんですよ。

他に居ないでしょ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善悪を知る木 | トップ | 雷様 »

コメントを投稿

神・キリスト・ブッダ のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL