プラス思考

竜巻になって、周りを巻き込んで、上昇するのみ。

雷様

2017-07-06 21:52:16 | 神・キリスト・ブッダ のこと
モーセが山の上で神と対話している時、
山全体が雲に覆われ、轟くような地響きのする声がした。
ふもとの人達は雷が鳴り響いてたのように聞こえた。
石板の十戒も雷によって書かれた。
聖書の中にはこのほかにも神と雷の関係があちらこちらに書かれてある。
目の前に神が現れた人の反応は「恐れおののいた」とか「顔をそむけた」とかの記述だし、
神ってのは見るに怖い存在なんだという事。
神をイメージする時、もはや雷のイメージだ。
まさしく雷なのかもしれない。


雷が鳴った時、おへそを隠すように身をかがめる。って言い伝えは
雷から身を守るのではなく、神の前にひれ伏するという行動だったのかもしれないなぁ・・・
今度雷が鳴ったら「ハレルヤ!」と言ってみよう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 携挙というもの | トップ | 洗礼 »

コメントを投稿

神・キリスト・ブッダ のこと」カテゴリの最新記事