修行僧が行く

OCNブログから引っ越してきました。日々の彷徨の記録を綴ります。

聖山(1,113.2m)・狼岩~田代から薮漕ぎ覚悟の直登

2017-04-21 12:30:46 | 山歩き

4月16日(日)

 山の仲間と西中国山地の聖山に行ってきました。奥三段峡入口の田代から藪漕ぎ覚悟で聖山に直登し、十文字峠から狼岩に登り、餅ノ木峠へと藪の尾根を下る計画でしたが、藪漕ぎ山行は計画通りに事が運ぶことは難しく、意外な周回コースを描くこととなりました。これまた、藪漕ぎ山行の醍醐味と言えましょうか。

奥三段峡入口の田代からスタートです。

田代の登山口から笹小屋への急な尾根筋に入りました。この尾根筋には営林署の手で登山道が整備されており、緩急を繰り返しながら高度を稼いで行きました。
 

急な尾根登りの間、左手には常時砥石郷山の美しい山容が見えていました。

田代から約1時間半で標高965.6mの三角点ピークに到着、そこからは笹の被る踏み跡を辿って笹小屋の鞍部へと下って行きました。

中の甲林道の通る笹小屋の鞍部に到着。ここからは聖山への直登ルートから外れて、ひとつ西隣の尾根筋をトライアルすることとしました。 

トライアル尾根に踏み入ると直ぐに濃い笹藪に捕まってしまいました。その笹藪はその後ずっと続き、なかなかにハードな登りとなってしまいました。

笹小屋から1時間ほどで標高1030メートルまで登ると地図にない林道に出合い、そこから林道、雪渓を辿って聖山山頂から南に延びる稜線上に出ました。

稜線上から南を望むとまだ雪をかぶった恐羅漢山が見えました。稜線上も濃い笹藪に覆われており、山頂を目指しての藪漕ぎはこの日最も厳しいものとなりました。

田代から3時間20分で山頂間近の展望所に出ることができました。ここの日当たりの良い岩の上でランチタイムを取ってから、山頂を経て十文字峠へと向かいました。

聖山山頂部の落葉松林です。まだ雪の残る落葉松の稜線を十文字峠へと下りました。

十文字峠です。この後正面の笹尾根を狼岩へと登りました。ここの笹藪も濃く苦戦を強いられました。

標高1,000メートル足らずのピーク直下にある狼岩です。なかなかの巨岩で迫力満点です。一見の価値があります。

狼岩から笹の藪尾根を下り切るのは時間的に厳しいだろうと諦めて再度十文字峠に下り、峠から延びる昨年の恐羅漢トレランで利用された林道で下山することとしました。林道は比較的よく整備されていました。

 林道を40分ほど辿ったところで、道は尾根を越えて餅ノ木の集落方面へと下って行く様子だったので、林道を外れて南へと延びる尾根に乗りました。ここにも営林署の整備した立派な登山道が通っていました。

921.0mのピークを越えると登山道は急な下り坂となり、最後は崖のようなところを下りて田代の車道に出ました。この日はこの山域を周回したこととあいなりました。これまた楽しです。

この日の軌跡です。

 田代9;11・・・9:20登山口・・・・10:21 独標(956m)・・・・10:32 965.6mピーク(四等三角点)10:36・・・・10:53笹小屋11:11・・・・11:13藪尾根取り付き・・・・12;06林道出合12:13・・・・12:32展望所(昼食)13;01・・・・13;02聖山(1,113.2m)・・・・13;26十文字峠・・・・13:50狼岩14:08・・・・14:22十文字峠14:24・・・・15:03分岐(左林道を採る)・・・・15:06(引き返す)15:07・・・・15:10尾根道に入る・・・・15:19 921.2mピーク(三等三角点)15:20・・・・15:56車道出合・・・・16:00田代

山行の詳細はHP一歩入魂」でご覧ください。
        http://www.chacoandmonk.sakura.ne.jp/2017/0416hijiriyama.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧太田川桜紀行 | トップ | 美波羅川千本桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL