修行僧が行く

OCNブログから引っ越してきました。日々の彷徨の記録を綴ります。

夕暮の光に歩み緩む山の道~皿ヶ嶺

2017-05-17 10:48:40 | 山歩き

 暫く振りに皿ヶ嶺を歩きました。朝広島を発って、急ぎの用件を終えてからの山行でしたので、午後2時を過ぎての登山口出発となりました。追いたい花々が多く目一杯の周回ルートを採ったため、最後は日没間際の天狗の庭となりました。急ぎ下山しようとしましたが、夕暮の斜光が演出する山の光と色彩の世界にいつの間にか捕まってしまい、日没を過ぎての下山となってしまいました。(5月16日(火))

午後6時半を過ぎて、陽は大きく西に傾いてきたようでした。



夕暮の山中は静謐そのものでした。夕陽に照らされた新緑も趣きがあります。


西に傾いた陽光が森の低部から射してきます。日没が近いようです、


頭上を見上げれば、日没間際の淡い斜光が皿ヶ嶺北面の新緑の森を一際萌黄色に染めていました。


夕暮の森の光と影。眩しいほどの世界でした。


萌えたばかりの枝先にも淡い光が届いていました。


陽が更に傾けば、淡い光の醸し出す濃淡の世界は一層明瞭になってきたようでした。


山の稜線部が光の饗宴で沸いている頃、天狗の庭の森には夜の闇がじわじわと近付いてきているようでした。


一条の斜光の射す新緑の天狗の庭です。


一条の光がヤマブキソウ咲くお花畑を照らします。

天狗の庭を抜けて森の中を下って行くと、樹間から暮れなずむ棚田の集落を俯瞰出来ました。


杉木立の影が一段と濃くなってきました。日没寸前のようです。


日が西に没してからの下山となりました。瀬戸内海が残照の中に光っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キシヅツジ~三段峡 | トップ | 春まだ浅き皿ヶ嶺 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皿ヶ嶺 (ちょこっと観光登山)
2017-05-17 13:05:57
修行僧さん こんにちは!
ご無沙汰しております。
先週、アケボノツツジを観てみたく山旅として初めて四国に出掛けました。しかし、お天気に恵まれず結局は皿ヶ嶺のみの山行になりました。でも皿ヶ嶺では女神がほほ笑んでくれて良いお天気になりました。
花の種類がとても多く素敵なお山でした。山行にあたっては、修行僧さんのレポをすべて目を通し、歩くルートのレポをプリントアウトして持って行きました。クマさんはまだ蕾でしたが、GWの渋滞の中、九州にクマさんの大群落があることを知り観に行ってきましたので気になりませんでした。
次回の山行には天狗の庭をコースに入れて歩きたいと思います。
山行記録のアップ楽しみにしております。
ちょっこと観光登山さんへ (修行僧)
2017-05-18 02:30:02
いつも私の拙いHPをご覧戴き有難うございます。四国へ遠征されたとのこと、天気や季節の花々に恵まれれば良かったのですが、なかなかにそうはいきませんね。
今年の四国は、初夏の花々がかなり遅れていますね。アケボノツツジも今やっと見頃、クマガイソウは咲き始めと言った状況です。
皿ヶ嶺は狭い山域ではありますが、多様な要素を秘めた山です。また機会があれば訪ねてみてください。四季折々に楽しませてくれると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL