monmon photo
日頃撮影した写真の記録。鉄道中心に。

個人的な範囲以外での画像の無断使用を禁じます。
 



ここ2年ほどは新幹線開業など華々しい話題があったJR春のダイヤ改正ですが、今期はこれと言って華になる話題もなく、趣味的には地味に国鉄時代からの古兵が消えていく事案が多い寂しい改正でした。
先日遠征した宗谷本線関連では、サロベツで運用されていたキハ183が撤退となり、特急は以前のような同一形式のみの体制となったようです。

今回の改正では、驚いたことに新車を作る資金的な余裕がない事から苦肉の策で利便性を犠牲にした、特急運用範囲の分割をやってのけてしまいました。こうすれば、少ない車両で末端区間の本数はこれまで通り維持できるんですね。しかも、北海道新幹線が出来て、職にあぶれた元白鳥用の電車を旭川までの運用に入れることで、それほどお金をかけず、札幌~旭川間でなくなった列車が埋められるし、車両がこれまでより新しく出来るんですね。新たに「大雪」としてキハ183系で絵幕が復活したことは趣味の対象としては楽しみな話題ではあります。

そんな、先日で廃止されたキハ183系によるサロベツをラッセルを追いかける合間で撮影してきました。
まずは初日の蘭留跨線橋で。これを撮るためにわざわざ早目に現地入りしています。しかし、下り列車は魅力的なスラントノーズが最後尾となるため、四角い「北斗」顔。それでも貴重な絵幕を掲げてくれるので有難いですね。連休前日とあって所定の3両でやって来ました。


そしてTOPの画像は2日目最後の撮影となった、幌延停車中の下り「サロベツ」。この日は北線のラッセルを追いかけた後に、音威子府まで戻って、滑り込み(午後3時半まで)でそばを食して、スキー場下で上り「サロベツ」を待ち構えます。ところが時間になってもやって来ません。15分ほど待ち続けますが、雪が次第に強くなり、露出もなくなってきたため機材を撤収した後でやって来るという一番悲しいパターンで撮り逃がし。
ならばと、宿を取った幌延まで北上後に、追いかけてくる下り「サロベツ」をバルブでケツ打ちしようと待ち構えます。15分程で来るはずが、待てど暮らせどやって来ません。ホームには一切遅延情報などの案内放送は無し。仕方なくtwitterで検索してみると、そこそこ遅れて走行中と誰か乗客が呟いています。
遅れてはいるもののやって来る事がわかり安心していると、接近案内があり先に対向ホームにやってきたのはスーパー宗谷!豊富で交換のはずが、遅延のため変更になったようです。せっかく対向ホームからバルブしようと待ち構えていましたが、対向ホームにはスーパー宗谷が停まっており、サロベツは手前の線路に入って来るしかありません。またもや予定外で窮屈な構図を強いられます。さらにやって来た列車は増結で4両。ことごとく予定を裏切られてしまいました。巻き上げた雪が付着して幕はぼんやりとしか見えず判読不能。しかも4両となったことで対向のスーパー宗谷も影になって交換風景では撮れず。
遅れ列車からは、翌日の幌延町主催ラッセル撮影ツアーに参加すると思われるいでたちの方が多く見受けられました。確かに前泊するにはちょうどいい時間帯の列車ですね。だからこそ、つぶやくような人も乗っていたのでしょう。

2017.01.06 蘭留 - 塩狩 61D
Nikon D700 AiAF NIKKOR ED 28-70/2.8D

2017.01.06 蘭留 - 塩狩 61D
Nikon D700 AF-S NIKKOR 70-200mm ED VR II/2.8D

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 雄信内で普通... 5271レの先頭... »
 
コメント
 
 
 
お疲れ様です (しゅうやん)
2017-03-12 06:45:59
はるか遠い 北海道遠征お疲れ様です。
雪国らしい風景 宮崎では見れませんが。。(笑)
 
 
 
しゅうやんさん (mon)
2017-03-12 21:58:40
コメントありがとうございます。
行ける時にいっておこうと、年始に頑張って時間を作って遠征してきました。2か月経ちましたがまだ記事に出来ていないものがあります・・。
今年は関西でも2回ほど積もりました。
宮崎はもうそろそろ春ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。