monmon photo
日頃撮影した写真の記録。鉄道中心に。

個人的な範囲以外での画像の無断使用を禁じます。
 



熱田で撮影後は、急いで明石公園へとんぼ返り。7時半前に現地へ戻ってみるとさらに場所取りの脚立などが増えています。
当初予定していた場所では、構図が窮屈そうです。そこで、より線路に寄った位置へ移動を画策します。通過まで2時間を切って来ており、かなり雛壇の輪郭がはっきりしてきました。1列目が準備完了していた後に移動して、縦横の両アングルが撮れる位置を確保する事が出来ました。ただし、縦アングルはベスポジの構図に比べると迫力のないかなり構図を妥協したものになってしまいますが仕方ありません。天気は回復する気配なく曇りのまま通過時間を迎えそうです。
土休日はダイヤが繰り上がっていることをすっかり忘れており、やけに早く汽笛が聞こえるなぁとのんびりピントを調整していると、カーブを曲がって列車が姿を現しました。凸とKE65の異種重連です。当然総括制御はできないため、両機関車に機関士が乗務しています。

奥でセットした縦構図で撮影すると、少し手前まで引いた横構図で撮影し、通過を見送りました。


写真を良く見ると、構図にかかる線路脇の木が根元から伐採されています。切株からは最近切られたものと思われます。この木が無い事で撮影可能な立ち位置が大きく横に広がります。私の立ち位置も気があればアウトでした。生えている位置からは管理者は衣浦臨海鉄道と考えられますが、撮影に支障がある位置の木を切ってお立ち台の整備までしてくれているとすれば、徹底したファンサービスには恐れ入ります。

2017.04.22 東浦 - 碧南市 5570レ
Nikon D700 AiAF NIKKOR ED 28-70/2.8D
Nikon D7200 AF-S NIKKOR 70-200mm ED VR II/2.8D

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 原色凸の入っ... 衣浦臨海鉄道... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。