ばたばた日記2

平凡な毎日なのに なぜか忙しい。
なんてことはない日々の美味しい&可愛いを
写真日記で のこしています。

こどもの国①

2017-10-11 23:17:32 | おでかけ

8日、長女の義母さんと2台で さぬきこどもの

国へ。これまでに経験したことの無い車の数で

第三駐車場まで走って やっと止められました。

到着が11時前と 出遅れたからかと思いましたが

この日は 四国新聞主催のバザーや キッズダンス、

ダブルダッチ教室などなど、イベント盛り沢山

だったんです。 ラッキーと言えばラッキー(^_^;)

S助が一番にしたかった 変わり種自転車も

順番待ちでした。 それも初めてかも!!

S助は 1人でも入場できますが S奈ちゃん

には保護者が必要です。

ここは有料で 大人200円、子ども100円。

これまでは 長女かTさんが入場していましたが

この日は 義母さんに任せました♪

30分間、好きな自転車、いくつでも乗り換え自由。

行ってらっしゃい。

私と長女は この待合室で 写真を撮ってました。

S奈ちゃんと義母さん。

義母さんも 一緒に遊べるのは この日の朝

だけだったので 喜んでました。

夏日というか 完全に夏の暑さだったので S助も

S奈ちゃんも 長袖を脱いで 肌着にしました。

S助は 1人で運転できる自転車をゲット。

これ、スピードも出るんですよ。

入り口右側のコーナーから見た 変わり種自転車

コース全景。 右が高松空港の滑走路。

S奈ちゃんたちは パンダ自転車に乗り換えてますね。 

今度は3人で ダックスフント自転車。

人が多くて 駐輪場に残っている自転車は少な

かったですが みんなが 1周、2周で交替する

暗黙のルールで 違う自転車に乗り換えていた

ようです♪ 独り占めは いけません。 

いい天気で 暑い、暑い。

S助は ペダルの無い自転車。 板を上下に

踏んで進むんです。 S助は軽いから ジャンプ

してました(笑)

30分間 しっかり遊んで 出ました。

義母さん、お疲れ様でした。

丁度 お昼前、いい時間です。

お楽しみの お弁当。 児童館本館前の木造デッキへ。

ここが この時間帯は まだ日陰なんです♪

日向は真夏だけど ここは風も少しあって すごく

気持ち良かったです。

椅子のある 丸テーブルも1つ空いていたんですが

S助が 持参したテーブルとシートを使いたいと

言うので 下に広げました。

隣にも テーブルとシートを使って 3世代家族が

ランチタイム。

外で食べるだけで 美味しさ倍増♪

1畳タイプのレジャーシートだったけど もう少し

大きいのでも良かったね。 次回への反省!!

こどもの国へ行く途中のほっともっと。

電話予約で受け取れます。

でも この日は すごく混んでいて 予約も

希望より30分遅れじゃないと 入れられません

でした(^_^;) 多分 私たちと同じ こどもの国組。

お弁当は 義母さんが買ってくれました。

ありがとうございます。ご馳走様でした。

S奈ちゃんは ドラミちゃんランチ・カレー。

毎回 これだよね(笑) 

S助は チーズハンバーグ弁当。

黒いパックの方は全部おかずで 白いパックの

ご飯が付きます。半分くらい食べてたかな? 

義母さんは 牛キャベ丼+目玉焼き+白身魚フライ。

「外でみんなで食べると美味しい~~」って

何度も言ってました。  本当ですね♪

私は 野菜が摂れる~20品目の彩弁当

野菜たっぷりで 美味しかったです。

左下の大豆が 少し酸っぱかったので 一瞬

「え?腐ってる?」と思いましたが 食べました(笑)

お腹も壊してないってことは 酢大豆だったのかな?

長女のを撮り忘れましたが 以前食べたことが

ある 今治焼豚玉子飯でした。

500mlのペットボトルは お弁当用の麦茶、

カルピス、アクエリアス、ムレミアムモーニング

ティーミルクの4本を持って行きましたが 帰り

までに全部空になりました。暑かったからね~~。

この後 義母さんは1時に帰らないといけない

ので 先にS助たちと音楽工房に行ってもらい

ました。 私は ちゃっちゃとお片付け♪

テーブルも軽くて便利♪

シートを広げて食べるのも 慣れました(笑)

折り畳んだシートは テーブルに収納できます。

荷物は 全部 コンテナキャリーに入れて

ゴロゴロ。 提げるより 断然ラクです。

行きは 義母さんが引いてくれました。

帰りは お弁当と飲み物が減って 軽くなる

はずが バザーで食器を買っちゃって 余計

重くなってしまいました(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 獅子舞 | トップ | こどもの国② »

コメントを投稿