新潟県産! モンコレシピ!!

20周年モンコレのデックを紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロストワールドver.3

2015-02-08 22:05:25 | ブロック3
ティラノレックス3
カルノタウルス3
豪角竜3
首長竜3
暴君竜2
大翼竜3
略奪竜の群れ3
角眼竜3
剣山竜3
ダーナの戦巫女3
ダーナの海竜騎3
ダーナの恐竜王子3
ダーナの古竜姫3
突撃竜3

英雄の薬3
スクロール3

大地の護法陣3




41-6-3。
2月8日のネオスタンで使用。


● B6スキュラ
● フォクシア
◯ スノーマン


対スキュラは相手の手札残り3枚、こちら山札残り5枚まで追い詰めたんですが本陣を攻められて、

暴君竜がアンドロメダに能力
→インディゴブロッサム13点
→水ダーナから英雄の薬
→水ダーナにアンドロメダ能力
→風ダーナから英雄の薬
→3レベルから暴君竜にフィアー10点
→対抗なし、3レベル攻撃

で負け。
対フォクシアは、4レベル2体の本陣攻めに対して剣山竜剣山竜土ダーナ(手札にアイテムなし)でドヤ顔してたら、

イズモから剣山竜にカマイタチ
→対抗なし
→イズモから剣山竜にカマイタチ
→対抗なし
→土ダーナに攻撃12点

というクソ手順(笑)で負け。
対スノーマンは序盤大翼竜、中盤は豪角竜とカルノタウルスで削り、終盤はティラノレックスで制圧するという理想的な展開で勝ちでした。



ベンヌがカルノタウルスに対してほぼほぼ詰んでいることと、ロストワールド自体がエルフに対して有利ではないかと思ったので久々に調整しました。
このデックの基本方針は、とにかく多くの戦闘を起こし相手の対抗札を削ることです。
本陣に攻めこまれると対抗数の差で負けてしまいますが、本陣以外の地形なら戦闘で負けても全然痛くありません。
そのためどんどん展開して戦場にユニットをばらまくのが重要です。

戦闘回数を増やすには手札にユニットがないといけません。1枚でも多くユニットを抱えるためにも護法陣は必須。
白亜の密林は強制配置じゃないし、相方の枠持ち2レベルには耐性が付かないので微妙。全部抜きました。

魔法陣「湖」は後手1ターン目や、手札に6レベルが2~3枚ある時は強いんですが、そういう状況がほとんどないので抜きました。
展開をするという観点から見るとこのカードは3積み確定なんですが、これよりも護法陣の方が優先だと感じたので0枚にしました。

ダーナの古竜姫はなくてもいいんですが、飛行が貴重なのと、前述のユニットをばらまくという観点から3積み。
暴君竜は「こんなのいらねえwwww」とずっと思ってましたが、2レベルが多く感じたので6レベルを増やしたかったのと、4枚目5枚目の突撃竜として考えれば強いと気づいたので2枚採用。

巨雷竜は、現環境だとタイマンを張れる相手がほとんどいないので残念ながらリストラ。
まあぶっちゃけ最初から入れる気はなかったけどな(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイクリドゴゾン沼 | トップ | オープン深海生物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。