goo

栃木市太平山を望む

 親戚のある栃木市大平町を訪れました。何回も訪れている町ですが、いつ行っても豊かな自然に心がゆったりします。自然と共に気持ちにのよい飾らない自然体で接してくださる方々のお蔭です。
太平山は栃木市にある山で341mの小さな山ですが歴史ある山です。歴史については以前のブログ(2013年11月25日「太平山と蔵の街」)で紹介しましたので今回は省略します。町は大平町と書きますが、山は太平山と書きます。それは旧大平村が合併発足した時に「太い」の字が四画であったのを忌避したためと言われています。
太平山の中でも見晴らしの良いのは謙信平で春は桜、秋は紅葉と眺めの良い花見を楽しむことが出来ます。晴天の日は東京スカイツリーや新宿高層ビル群、富士山を眺めることが出来ます。山本有三が執筆した「路傍の石」の石碑があります。
今回は用事で行きましたので太平山へは行くことが出来ませんでした。秋を楽しみにしています。栃木を訪れますといつもお食事の美味しいお店に連れて行って頂きます。鰻屋「うなけい」のうなぎを美味しく頂き満腹になりました。このお店からの太平山の眺めもなかなか良かったです。

 
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 読書  友人からの贈り物 »
 
コメント
 
 
 
親戚 (YAEKO)
2017-06-30 08:12:29
気軽にお泊りできる親戚があるのは幸せですね。
小さいときは夏休みに親戚へ行くのが楽しみでした。
でも今はみんないなくなり寂しい限りです。

 
 
 
YAEKOさま (モナリザ)
2017-06-30 12:40:25
コメント有難うございました。
本当に有難いことです。
感謝して過ごして行きたいと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。