モナミの庭から

ビストロの庭の花をメインに紹介。
ハーブ・野菜・花木・山野草・多肉も。
たまに料理と素材の話など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロマンチックキャンドル

2016-12-07 | フラワー教室

ロマンチックキャンドル

 

テーブル中央に置く為に、両面構成でつくりました。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テーブルルージェ 

2016-11-23 | フラワー教室

11月19日(土) テーブル ルージェ  センターピース

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柊の花とホーリーの実

2014-11-29 | 花木

ヒイラギは、モクセイ科で冬に木に咲く花です。

雪の様な、白い小さな花ですが、甘い香りがします。

 

斑入りヒイラギ

雌雄異株で、我が家のヒイラギは実が成らないので、雄木でした。

実は黒い様です。

 

チャイニーズ ホーリー モチノキ科

クリスマスの頃に実は赤くなるので、通称クリスマスホーリ

雌雄異株ですが、雌木なので1本でも実は成ります。

葉の色が悪くなっていますが、夏場に水やりを怠けて乾燥させました。

又、数年肥料を与えてなかったので、寒肥をあげようと思います。

花芽分化は10~3月、4~5月に花が咲き、11月に実がなるので、

剪定は、花芽を落とすか、実を落とすかになるので、難しいです。

成長が遅いので、徒長した枝を切る程度にしています。

 

ヒイラギとホーリーは同じ科だと思っていました。

ホーリーの苗木を買った時に、同じ科の木を植えると実が良く付くと聞き

斑入りヒイラギを傍に植えましたが、花の咲く時期が違いました・・・?

調べたら、ヒイラギはモクセイ科で、ホーリーはモチノキ科でした。

チャイニーズホーリーは雌木だけでも、成長すれば十分実が付く様で、

年々実がたくさん付く様になりました。

 

クリスマスケーキの飾りに使われてる赤い実の付いたトゲ葉。

私は、この木が欲しかったのです。

それは西洋ヒイラギで、モチノキ科モチノキ属の雌木でした。

日本在来のヒイラギとは、トゲ葉は似ても、まったく違う植物でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンシークリスマス・プリザーブドフラワー

2014-11-29 | フラワー教室

今年のクリスマスツリーは、プリザーブドフラワーです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の庭・元気な葉や咲いてる花達

2014-11-25 | ブログ

道路側の生け垣です。

雪の重みで折れて枯れた枝を、しかたなく切りました。

不揃いになってしまったので、別の木を植えるか検討中。

オレンジ色に紅葉するのが好きなコニファーです。

 

 

ワイヤープランツは元気です。

 

ローズマリーも勢い良いです。

花も咲いています。

 

ガウラ    

 

アイビー

 

小さな池

大きな斑入りホテイは枯れても、その下のホテイアオイには花も。

ウォーターコインは寒さに強く、水が凍っても枯れない。

 

庭に植えたオリーブは大きく育ち、台風で倒れてしまいました。

軒下なら風は避けられると、横に広がる樹形を選びました。

小さな苗木は旺盛ですが、狭くて大きくは育たないかも・・・・

 

台風で落ちずに残ったザクロの葉が、黄色に紅葉

 

 

駐車場奥を、草刈りしました。

 

姫夏ツバキの紅葉が良く見える様になりました。

 

ピンクパンパスグラス

蛇の目エリカ

 

イソギク

イソギクの変わり咲き

 

雑草が霜で枯れ、新しく出る雑草も少なくなったので、

倒れていた木を小さく切り、少しずつ燃やしました。

何も無いかと思われていたのですが、

 

パイナップルセージが咲いていました。

アガパンサス  猪の害でほとんどなくなってしまいましたが、

倒木に囲まれていたこの株は残っていました。

 

クリスマスローズ  倒れた木の下で全滅したかと思われたが、

             大株が生き返ってくれました。

 

トクサ    

 

雪で折れたミモザ。 脇から出た枝が成長したら台風に倒され、

折れた枝は皮一枚繋がって、垂れ下がっていました。

枯れたと思った枝に、たくさんの花芽が付いていました。

 このまま、咲く事が出来たらと思います。

 

倒木の下には、シェードガーデンがある。

 

倒木、猪が山道や階段を壊され、母屋に続く道が閉ざされている。

 

まだまだ片ずけないと危ない倒木は多く、

笹は夏に刈ると枯れ易いらしいが、庭への侵食は勢いよく早い。

 

桜の咲く頃までには、花見ができる様にしたいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つるバラ カクテル

2014-11-25 | 

庭に最初に植えたつるバラのカクテルです。

中心が黄色の、まっ赤でない、オレンジがかった赤い一重。

 

お酒のイメージの名前に吊られたのですが、

色んな色が混ざり合うので、カクテルの様だと言う事らしいです。

 

どんな香りがするか?  あまり香りがありません。

トゲも小さく少ないです。

でも、四季咲きで、今日の様に寒い雨の中でも咲いてくれます。

霜が降りて枯れた庭に、一重でも鮮やかな色彩は目を引きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝のハーブ達

2014-11-25 | ハーブ

朝夕の冷え込みは厳しくなり、先日霜も降りました。

庭のハーブはどうなってるか?雨の中を散策しました。

 ハーブは多年草が多く、霜に当たると地上部が枯れてきます。

 

霜に当たって、地上部が枯れたドクダミ

 

梅雨前と秋に大きくなったハーブ達は地際まで大きく刈り取りました。

新芽が再生し、小さな体で冬を越します。

 

マジョラム

 

チェリーセージ  以前には鉢上げして室内で冬越ししてました。

慣れて強くなったのか、戸外で冬が越せる様になりました。

 

イタリーパセリ  寒さに強いので、冬の間も収穫出来ます。

 

マーシュ    フランスでは、冬のサラダ菜と呼び、

          寒い季節のサラダ材料になります。

 

セージ  かなり古い大株です。春に挿し木や株分けをします。

 

ペニーロイヤル  大きくなってた地上部は枯れても、

          新芽が旺盛に広がって、踏まれても強いです。

 

ペパーミント  屋外では、真冬には、完全に地上部は枯れます。

 

アイビーなどの常緑葉のある所では、

他の植物が防寒になり、越冬してるミントもいます。

 

オーデコロンミント

鉢から花壇へ、そして、伸び伸びと外へ広がって、

適地を見つけ、越冬してる子もいます。

 

ナスタチウム    暑さ寒さに弱い一年草    

 軒下に置いた鉢から、コボレた種が育っていました。

 

ワイルドストロベリー

 

 

アップルミント 

 

 

 

パイナップルミント

 

チャイブ    真冬になれば、地上部は完全になくなりますが、

         年内は、収穫が出来そうです。

 

メキシカン ブッシュ セージは、株元に新芽が育っています。

以前は、地際まで刈り取って、堆肥と腐葉土で防寒していましたが、

地上部を防寒用に刈り取らずにいます。

 

ローズマリーの小道に、コボレ種のパープルセージ 

パープルセージの発芽力は強く、庭中にコボレ種が育っています。

    冬の寒さに耐える為に、ロゼッタ状になっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭のシャコバサボテンに花が咲きました。

2014-11-12 | 多肉植物

庭の木陰に置いていたシャコバサボテンに、花が咲き始めました。

朝夕の冷え込みが厳しくなって、霜が心配になって来ました。

今夜から玄関に取り込みました。

いきなり環境を変えると、蕾が落ちるかもしれないので、

日中は、戸外に、夜間は玄関の窓辺に置きます。

 

普通、肥料は生育期の5~7月に置き肥、液肥をあげます。

夏以降は、花芽の無い新芽が出ない様に肥料を切り、水を控えます。

バランスを良くする為に、春と秋に葉摘みをして整えます。

 

何もしませんでした。春暖かくなったら庭の木陰に放置。

花が咲き始めたので、玄関に置いただけです。

過去、肥料の与えすぎ、水のやり過ぎで、根腐れさせてダメにし、

寒くなったから、温かい部屋に置いたら蕾がボトボト落ちたり、

花が咲き続ける様にと肥料をあげたら、

新芽がたくさん出て、せっかくの花芽の邪魔をしてしまったり、

余計な世話はしない方が良いと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビワの花

2014-11-12 | 果物

ビワの花が咲いています。

ビワの花は冬に咲きます。

庭に花が少ない時期に、交配してくれる虫に来てもらう為にです。

お世辞にも綺麗でも可愛くもありませんから、

花がたくさん咲いてる時期なら、虫達は他の花に行ってしまうでしょう。

たくさん花が咲きますが、結実して実になったら、

実と実がくっつかない様に摘花して行きます。

ビワの実は痛み易いからです。

商売用なら、育てる実に袋を掛けるでしょうが、

家庭菜園なので、ちょっと摘花する位です。

摘花しなくても、大きな実につぶされた実は腐ってました。

木で熟した実はとっても甘くて美味しいかったです。

昨年までは鳥に食べられたけど、今年は猿にも食べられてしまうかも。

新聞紙でくるんで守ろうと思います。

背後にあった大きなマキの木が雪と台風で倒木した為に、

今まで日陰だったビワの木が、日当たりが良くなりました。

花数も増え、木も大きくなったので、収穫が楽しみになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風の後片ずけ

2014-10-28 | 庭作り

 

 

雪の倒木が片ずかない庭に、台風で更に倒木が増えました。

 

 

倒木で入り込めない庭は雑草も生茂り、更に入り込めなくなりました。

 

荒れはてた庭のその中でも咲いてる花を見つけました。

 

ガウラ

 

メキシカンブッシュセージ

 

ムクゲ    夏の花ですが、台風の気候の変化で、又咲きました、

 

 

酔芙蓉

 

メド―セージ

 

チェリーセージ

 

多年生バーベナとアップルミント

 

咲いてる花を見つけたので、草刈りをしました。

 

倒木や刈った草を燃やして草木灰を作っています。

 

 

11月になったら、夜間温度は10度以下になります。

霜が降りる前に、防寒対策をしなければなりません。

牛糞と草木灰を庭に播いて行きます。

 

荒れた庭に、キョン、雉、猪、猿も来ました。

倒産した行川アイランドに放置された動物達も

山伝いに進出して来ています。

野生化したアライグマやクジャクも増えている様です。

我が家には、強力な番犬が居るので、

近所の家の様に鹿やハクビシンは来ません。

今年になって、いろんな動物達が庭に現れたのは、

雪の倒木で山に木が減り、動物達の食糧が不足した為に

山から町に動物達が食料を求めて降りて来たのでした。

 

ドングリやシイ、マキの実が庭に落ちているのに、今年はありません。

動物達の食糧になっていたのでした。

番犬に吠えまくられても庭に侵出していたのかと思うと

庭の草物達が可哀想になりました。

退治をする為に、電線を張ったり罠を仕掛けている家が増え為に

無防備な我が家に増えた訳でした。

自然と言う物に逆らわない私の庭は、

育つ植物が育ち、来る動物が来ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加