JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

異なる言語 LIVE IN GERMANY / GIOVANNI MIRABASSI

2017-03-14 20:09:43 | 聞いてますCDいいと思う


ジョバンニ・ミラバッシの才能は疑いようもないのだけれど、すべてのアルバムが好みにぴったりと言う事にはなっていない。いろいろなことをやって、そこは私は特に求めません何てのにも出会ってしまったので最近ではなんでも購入ということでもなくなった。しかし長いお付き合いになっているから和はだいぶあるし、上手いところは変わらない。
そういう感じヤン・ラングレンと同じエリアに入ってきた感じです。

今回のアルバムが悪いわけではないけれど、演奏に特に心を奪われたということもない。ライヴなのでリラックスした楽しい雰囲気というほうでしょうか。
エラ・フィッツジェラルド、メルセデス・ソーサ、そして、エディット・ピアフに捧げられたアルバムで、3人を描いたオリジナル3曲と3人にちなんだ曲が演奏されている。
1曲目がピアフの”パリの空の下”で最初からリラックスされてしまいます。3人の歌姫を題材にしていて、ある意味歌なしの歌アルバムという感じです。
メルセデス・ソーサと言う人はほとんどしりませんが、この3人は異なる言語で歌っていたわけで、ピアノもその言葉で弾かれているのが面白い。文化人類学なんてところにはいきませんが、メロディというよりかアクセントとか、スラーだとかその違いをあえて選んだのだろう思う。
それぞれ違う言語の歌姫へのリスペクトなのでしょうね。

ソーサ関連の哀愁曲が良いけれど、愛の賛歌もこれはこれで楽しい。



LIVE IN GERMANY / GIOVANNI MIRABASSI

1. Sous Le Ciel De Paris (J. Dréjac – H. Giraud)
2. Canción Con Todos (A. Tejada Gomez – J. C. Isella)
3. The Man I Love (I. Gershwin – G. Gershwin)
4. Hymne À L’Amour (E. Piaf – M. Monnot)
5. Sólo Le Pido A Dios (L. Gieco)
6. Mercedes (G. Mirabassi)
7. My Old Flame (S. Coslow – A. Johnson)
8. J’ M’en Fous Pas Mal (M. Emer)
9. Ella (G. Mirabassi)
10. Duerme Mi Tripón (O. Galíndez)
11. Bewitched (L. Hart – R. Rodgers)
12. Edith (G. Mirabassi)
13. I’ve Grown Accustomed To Her Face (A. J. Lerner – F. Loewe)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 騎士団長殺し  村上春樹 著 | トップ | 超お買い得 Musica Barocca ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風呂井戸(photofloyd))
2017-03-14 22:15:44
そうなんですね、久々のミラバッシのリラックスしたピアノ・プレイにお目にかかった気分です。したがってキースのような唸り声も聞かれませんし、非常に気分よくこちらもリラックスして聴くことが出来ました。
 ただ、拍手が邪魔ですね。
ぎりぎり (monaka)
2017-03-15 11:43:44
風呂井戸さん、こんにちはmonakaです。
いろんなミラバッシで良いかもしれませんね。
拍手、唸る人は同じ人みたいですね。でもドイツの聴衆まだいい。日本で規制を上げる人の方が多いような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジョヴァンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassiのピアノ・ソロ・ライブ 「LIVE IN GERMANY」 (灰とダイアモンドと月の裏側の世界)
これはミラバッシらしい音の洪水に溢れたアルバムだ <Jazz>Giovanni