JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

居眠りのチェロ

2017-04-20 18:13:34 | チェロ無難


オクサンが一度見てみろというバイオリンの山根一仁君がチェロの堤氏と共演するというので、お休みの横浜に行きました。コンサートは2時からなので、ランチは横浜で贔屓にしているイタリアンです。



11時半にはいって、フルでなく軽くということでパスタは2種類をシェアしてもらいました。

前菜盛り合わせ 



イカ墨を練り込んだタリオリーニ いろいろな魚介をチェリトマトのガーリックソース サルディーニャ産カラスミがけ



パッパルディ (幅広のロングパスタ) ボローニャ風ミートソース スカモルツァチーズ添え



鶏もも肉とパプリカのローマ風トマト煮込みを1人前



後はデザートをこれで1人前を二人で



時間があるので10分ぐらいと表示された会場に徒歩で、でも30分はかかった。
途中、日本丸が全帆しているというので、これは珍しいらしい。





会場はみなとみらいホール。



演奏の方はモーツアルトの交響曲32番を神奈川フィルで初めて、その後が堤さんが出てハイドンのチェロ協奏曲2番、でも堤さんはそれほど好みではないので、いやワインのせいで、こちらは居眠り状態。

休憩を挟んで山根君が合流してブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調

繊細な山根君のバイオリンには聞き入るのだけれど、やっぱり居眠り。
ヘンデルのアンコールまでもねてしまったので、オクサンにえらく怒られてしまいました。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1,000日のチェロ | トップ | 帝王はそこにいる FUSION FO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL