JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

扇動者 ジェフリー・ディーヴァー 著 池田真紀子 訳

2016-12-28 17:14:43 | 


ジェフリー・ディーヴァーのキャサリン・ダンス・シリーズの新しいのがでたので図書館に予約したら、野田友佑の本と一緒に順番が来てしまった。2週間では読み切れないと思いながら取りに行ったら正月のお休みなどで4週間貸出だった。ゆっくり読むことができるけれど、ディーヴァーなので、どんどん読んでしまう。
今回もどこに仕掛けがあるのかなどと考えながら読んでいくけれど、どうもシャキッとしないような話がある。なんだろうとおもっているとこれが最後きっちり仰天させてくれるのだからさすがのディーヴァーでした。

抜き出しは一言では筋が解らないけれど一番最後のところ。

「イエスよ」

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年記事にしたフェバリット... | トップ | ファンだから 6  Smile ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-12-30 18:55:51
こんばんは。

自分も「扇動者」読みましたよ。
面白かったです。
終始ヒヤヒヤさせられましたが実に爽快でした。
その上いくつもの事件とキャサリンの日常がうまく絡み合っているところも良かったと思いましたよ。

確かに仰天させられますよね。
よくいらっしゃいました (moaka)
2016-12-31 19:06:10
神崎和幸さん、こんにちは、よくいらっしゃいました。

リンカーンのパターンがあるからダンスに方は考えながら読むけどやっぱり仰天しましたね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事