JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

大、中、小の驚き

2016-11-06 21:26:01 | その他
この前のお休みはオクサンが演っているバイオリンの発表会だった。最初はくるなといっていたけれど、だいぶ自信をつけたのか来ても良いになった。
オクサンのバイオリンをかかえて行ったのは手の痛いオクサンの荷物持ちだったかもしれない。リハ時間にはいったので、演奏までは時間がある。
この街のユニは結構良いのでそこで1時間半をかけて中古6枚の新品1枚を拾って会場に。
会場にも戻る途中この街にあったジャズ・スポットが移動しているのをしった。それが「Kamome」だからここが横浜だとばれる。



演奏前のオクサンにあって励まして、でもないか、小さい会場に人も一杯、小さな子の演奏もあって、オジイサンやオバアサンも来ている。
オクサンも2曲を演奏して、マアなんとか、大きなトチリもなく、さすが私よりは永く楽器をさわっている。
私よりずっとおちついていて、ちょっとだけ驚いた。
花を分けてもらったりして打ち上げはなしで解散。後は横浜ジャズの時に行ったイタリアンを予約してある。関内ホールをとおりこした角にあるお店はなんと8年ぶりだった。




8年ぶりと解ったのは、そこのフロアの人は開店数日目だというお店にいた感じのいいお兄さんでそれでわかった。トスカーナ地方の料理をメインにするイタリアン。



本日は永い練習期間のあとの発表会が終わってのご褒美、これで次は2年後だそうで解放感と疲労感で一寸贅沢な選択です。



これはパスタの説明で上の二つのパスタをいただきました。



まずサプライズ



前菜お盛り合わせ、チーズをたっぷり使ったキッシュみたいに見えるパイがとてもおいしかった。



丸いパスタを使ったのがこれ。

コルリエッティ
本日のイカとセミドライトマトとブラックオリーブのバジルソース 松の実のアクセント



こちらが腰のあるふとうち面

ピーチ
トスカーナ産ピッチョーネとヴィンサントで煮た和栗ソース 栗粉のカントッチと共に
鳩のお肉とヴィンサントがまぶされた栗が何とも面白い触感と初めてのお味、結構驚きました。 




ハートブリックで包んだほか移動さん秋鮭のアッポルート ディルとチェリートマトのバターソース さつまいものピューレを添えて



スペイン産乳飲み仔豚の印パてぃら カチャトーラソース



デザート

大変満足しました。

さてかなり驚いたけど、一番驚いたのは、このイタリアンに向う途中、「Kamome」もそろそろ開店でだれが出るのだろうと道を渡ってお店の前に。
お店な中から青年が出てきて看板なんかを見ている。
横顔をみると、これは知っている、なんとミッチェル・ライズ、自分のトリオで来るのはしっていたけれど、あきらめていた。
こちらとしては、何路ばたでばったりと言う感じ。
しゃべれはしないけれど、驚きを伝えて握手、新しいアルバムを買ったよと言うことはつたえて、食事は予約しているのでそれでわかれたけれど、
ジャズ神のサービスには大いに驚いた。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにげにチェロ音 The Poet ... | トップ | 新シリーズ、スタートなるか... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Kamome って、ひょっとして? (ローズマリー)
2016-11-08 23:44:40
先日はJesper Lundgaard のコメントにレスまでいただき、ありがとうございました。

すごい偶然ですね。
しかも店の名前がライスの新作CDに入っている曲、「kamome」と同じとは!
でも一番驚いたのはmonakaさんに声を掛けられたライス自身かもしれませんね。

実は先週末、Reis-Demuth-Wiltgen のライブに行ってきました。お寺の本堂での無料ライブでした。近所のおっちゃん、おばちゃんに子供が少々と、100人くらいのアットホームな雰囲気でした。
電化したe.s.t.をアコースティックで演奏している感じで、個人的には「ウーン」というところもあったのですが、同行した奥さんは、私が普段流しているジャズより聴きやすい、と好評でした。エスビョーン・スベンソンみたいに、ここぞというところで「グググッ」と駆け上がるところがあると申し分ないのですが。でもウィルトゲンのドラムは凄かったです。
最後にお寺の住職さんのリクエストで演奏した「恩徳讃」(浄土真宗の唱歌)を檀家さんが口ずさむ姿にジーンと来ました。

それではまた遊びに来ます。長文失礼しました。
記憶を残して (monaka)
2016-11-09 21:38:21
ローズマリーさん、こんにちはmonakaです。
良いと思っていることで、驚くことがあるろとても楽しい思いがのこります。
それって結局忘れてしまったりりしますが、良い演奏の出会いも同じでなんとか記憶にとどめたいと思うのです。
そんなんで記事を書いているわけですが、「恩徳讃」の場面ぜひ見てみたかったですね。
記録すべき一面だったと思います。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事